アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

攻め込んでいても決め切れず、大宮最初のシュートは不用意な(そして少々厳しい)ファールを与えた所からの、壁は3枚でいいのか?(最初は2枚だったw)という位置からのフリーキックずどんでした。
後半早々の2失点目も、今シーズン何度も目にしたシーン。
サイドに展開されて、クロスを上げる選手に寄せが甘く、簡単に中に放り込まれると、そんなに難解なボールではないのだが、相手選手にマークしきれずにフリーで決められる。


攻め込んでいるようでも怖さはなく、守りは緩い新潟は、相手にとってはチョロイもん。
スタジアムではなく、画面を通して観戦したゲームは、そんな風に見えました。



圧倒的な弱さの、圧倒的な下位チーム。
もうこれは、まぎれもない事実でしょう。



それでも選手コメントを拾うと、梶山を中心に弱点を見つけてやれる手応えは感じているよう(遅いけど)。
この局面に闘える選手、やり切れる選手を核に、闘い抜くしか道は無いと思うのです。
一試合一試合、必勝の気持ちで闘うしかないですね。
選手もサポーターも。





片淵さんに替わって選手の取捨選択がされ淘汰されたのだけど。
新しい監督がやって来たら、また一からやり直しになる。
問題はそこかな?

早く引継ぐ。
上手く引き継ぐ。
まだ間に合う。
そう思いたい。



[PR]
by joehenderzone | 2018-08-21 18:03 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

親戚に会うたびに、アルビどうなってるが?大丈夫んがぁ?
という日々でございました。
切なくて、辛いです。


3年連続3回目(甲子園であれば立派な強豪校)の片淵さんが代行したこのゲーム。
勝負できない10番をようやく外して、ボランチはズミさんと原輝綺の組み合わせ。
センターバックはジュンフンと広瀬。
サイドハーフは、サチロー・高木からサチロー・河田へ。
FWは達也・貴章の組み合わせから、達也・ターレスへ。


この日のゲームも失点までは悪くは無かったような気がしたのですが。。。
その失点シーンのコーナーキック。相手のショートコーナー要員に対して誰もチェックに行かず嫌な予感がしたのですが、簡単にクロスを上げられて、一旦は跳ね返したものの、クリアボールはパウロンの足元へ。でもって万事休す。


サチローがPKをもらって、そのPKを得るまでの攻撃も勢いがあって相手も慌て始めていたで、1点返せばなんとか反撃の糸口が見つかるのではないかと思えた時間帯だっただけに。
PK失敗とその後のPK献上は試合を決めてしまった、という意味では安田は最低評価を与えざるをえません。悲しいけど。
(余談ですが、安田はここまで3回のPKを全て左、キーパーから見て右に蹴って決めていましたから、分析されているかな?と頭を過りました。結果これまでとは反対に右に蹴って失敗。大黒が正面の上に蹴って成功したのと対照的でしたね)


個人的には、達也・貴章の方がプレスがきつくて相手は嫌がるだろうなと思う。
ターレスよりは河田の方が収まるのでは?というより裏に抜けられるのでは?
梶山は最初から使えないの?というのが感想です。
じゃあ、だれをどう配置したらベストなのか?と言われると正解はわからないのだけれどもw
手駒はそろっているのに、上手くいかずに歯痒いばかりですね。


そして端山豪とメゲネウのレンタル移籍。
上手い選手を活かせないのか?はたまた選手自身の問題なのか?
個人的には、メネゲウをリーグ戦で使っていればこんな状況には陥らなかったと思うくらい評価していましたが。


いずれにせよ劇薬効かず、症状変わらず、熱高し。
どこへ向かうのか?
どうすれば良いのか?


こうして熱が下がらないまま、もう次の試合がやってくるわけですが、サポートする熱量だけは下がらないでほしいですね。
大宮へは行かないけどwww


[PR]
by joehenderzone | 2018-08-17 13:38 | Comments(0)

前節の千葉戦、前々節のヴェルディ戦と敗れはしたものの、やっぱり前からしっかりと守備をする、ボールを追いかける、走り切ることで活路を見出して、これが新潟のスタイルだというものが見え始めた矢先。
あっさりとそれを放棄。

イメージは、6月16日第19節のアウェイ福岡戦でしょうか。
まずは引いて、慎重に守備から入る作戦。

確かにね。わかるよ。わかるんだけどね。
確かに熱くて、年配者が多くて、タフな戦いが続くのはわかるけれども。

それでも、前半は何度か奪ってカウンターを仕掛けるような展開があったものの、アタッキングサード辺りでいつも急ブレーキ。
仕掛けるわけでもなく、勝負のパスを通すわけでもなく。
特に舵取り役は、その進むべき道に舵を切ることを怖がり、いつも逃げのバックパスばかり。
前半は攻撃すらも自重して温存しろという指示なんでしょうかね?

結局は、ハードワークをして、追いかけ、走りきった大分の方が後半になっても止まることなく、受けに回ってしまった新潟の方が止まってしまう試合。
そういうことなんだよ。


開幕前は、リアクションサッカーはしないと言っていた監督ですが、相手への対策に溺れ過ぎて裏目に出ることが多々あります。
良くなってきたなと思うところで、振り出しに戻る。
7節突然に3バックに変更した熊本戦しかり、このゲームしかり。


やっとのことで進んだと思っても、次の駒に入ると振り出しに戻る。
しかもサイコロの目は1しか出ないから、1、1、1と進むしかないんだけれども、次のマス目には振り出しに戻るの文字がある。
その度に無き崩れ落ちる我々。

というか1も出ないじゃないかぁぁぁ!!!

この先1の目も出ない状況が続くならば、振り出しから進む気配が見えないならば、いっそサイコロを振る人を替えるというのも、ルール上は有りだと思うのですが。


[PR]
by joehenderzone | 2018-08-06 20:06 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
猛暑と月末月初と、そして長岡祭と花火とで、あっという間に1週間が過ぎてしまいました。
もう8月です。
もう次の試合が迫ってます。


さて先週の千葉戦。
千葉はハイプレス、ハイラインを貫いているチームなので、引かれて守られるチームを苦手とする新潟にとっては組み易いのではないだろうか?オープンな展開になれば撃ち勝てるのではないだろうか?
というのが、戦前の私の予想でした。

試合はやっぱりアルビがボールを奪い、ボールを前に運び、何度もチャンスを作り出す展開。
しかしながら、新潟は数十回のチャンスがあったものの得点は1。
一方で千葉は新潟の2回のミスからのチャンスを確実に決めて2得点。


ただ相手をチンチンに揺さぶって、ヘトヘトにさせて、ヘロヘロにさせて多くの選手の足を攣らせるまで攻め続けたのが新潟だったことも事実です。

これで良い。
これを続けて行くしかない。
これを継続するしか道は拓けない。
そうなんだよ。
そうなんだけど。

せめてこれが3月であったなら。
と思ってしまった千葉戦。
7月最後のホームでした。
[PR]
by joehenderzone | 2018-08-04 22:42 | アルビレックス新潟 | Comments(0)