アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2018年 09月 25日 ( 1 )

いやぁぁ。痺れるゲームでした。

肝を冷やしたのは4回くらいあったでしょうか。
鮮烈に記憶に残っているのは次の3つのシーン。
最初は前半の終盤。遠目からのシュートはポストに弾かれてセーフ。良く見るとアルビDFに当たってました(当たってむしろ枠に向かった?)
次に、スルーパスに綺麗に抜け出されての1対1。この決定的なピンチはムラーリャが残した右足で弾きクリア。
そしてクロスに(CKだったっけ?)ドンピシャ飛び込んだ相手9番のヘディングを至近距離で防ぎ、まままたセーブ。
この試合のMVPは間違いなくムラーリャではないでしょうか?
引き分けでも、そうだったのでは思わせるほど、ゴールライン上を守っていたのは間違いありません。


こういう試合。反対の立場を今シーズンは多く目にしました。
いや、ここ何シーズンかな?

1対1を外す。
決定的なチャンスを決められない。
あの嵩に掛かって攻め立てた時に得点していれば。

この試合も、もしかしたらそうなっていたかもしれなかったですね。
先述の前半終盤、ポスト直撃からのアルビのカウンター。
最後はマサルが狙い澄ましたようなコントロールショットで、ゴール右隅を狙いましたが、惜しくもバーに弾かれた場面。
キーパーは完全に手が届いていませんでしたから、もう少し低ければ完璧な先制点でしたね。


話が脱線しましたが、あの時決めていれば勝ったのにという敗戦を何度も経験したここ数年ですが、この試合では反対に相手の水戸が臍を噛む思いとなりました。
ムリャーリャが2回ビッグセーブを決めた時、つまりそれは大ピンチの場面だったのですが、このようなシーンが後半開始5分くらいから10分間くらい続いていましたから。


ここで効いたのが貴章の投入。
正直、個人的には貴章は特別ポストが上手いとは思っていないのですがw、この日は上手く相手を背負って、時にファールをもらうことによって、相手の流れになっていたのを一次寸断して、新潟が落ち着く時間を作り、前を向いてプレーするきっかけを作りました。
もちろんゴールも賞賛に値しますが、それは献身的にプレーをしたご褒美だったのではないかと思います(いろんな意味でw)
とにかく貴章の投入で試合の潮流が変わったのが、目に見えました。


当然冷や冷やの勝利ではありましたし、負けも覚悟した時間も長かったです。
しかしながら、こうしたゲームを何戦も何戦も落としてきたアルビにとっては、こうしたゲームをどんな形であろうとも勝ち切ったこと。
これが痺れました。
そこに、ここ数試合でチームがぐんぐんと良くなっている(運も味方につけて)姿が見てとれて、画面のこちらから拍手を送っていたのでした。


[PR]
by joehenderzone | 2018-09-25 21:09 | アルビレックス新潟 | Comments(0)