アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年 03月 08日 ( 1 )

相手の交替に対して、こちらの交替は新太アウト達也イン、優汰アウト至恩君イン。
この後相手に流れを明け渡した感じがあって、その中で失点もしてしまっていたので、先日のホーム開幕戦同様に今回も相手の交替に対して対応しきれていないのかなとも思ったのでした。
しかしながら、得点によりギアを上げてきた仙台に対して劣勢になりかけたものの、最後まで諦めずに、というか自分達を信じて、しっかりと今のアルビのサッカーをやりきって追いついた。
そんな印象が残ったゲームでした。

先週末の松本戦の時に、松本はボールを支配し、ことごとくセカンドボールを拾っていましたが、この試合のアルビはちょうどその時の松本の様でした。
セカンドボールは拾えていて、ボールを保持する時間が長く、それなのに先に失点してしまったところまでも。

そんなに前からガツガツとプレスを掛けているようには見えなかったのですが、パスコースを限定したり、先読みをして相手が触れる前にボールを奪取したりで、チームとして上手くボールが回収できていたのではないでしょうか。
カウンター気味に何度かボールを運ばれることもありましたが、ボールホルダーに寄せて遅らせて、守備陣形が整う時間を作った上で中で弾き返すなどチームとして取り組んでいることが具現化できていたように見えました。

ただし守備面に比べて、攻撃面はまだまだという感じ。
それでもエリア付近に何度も人数を掛けて攻め入るシーンは、ここ2戦よりも多かったような気がします。
ただね。シュートを撃たない。いや撃てないのか?
相手キーパーはゴローちゃんなので、シュートを撃てばもにょもにょwと思ったのですが。
伊藤優汰もロングボールに抜け出して、最後はキーパーと1対1の決定機を迎えたのですが、ゴールマウスには吸い込まれず。


それに対して達也は、少ない時間でもシュートの意識が高かったように感じました。
人数が多くいる中ではありましたが、ターレスがポストになって落としたボールをダイレクトボレー。
気持ち、と表現すると気持ち悪いですが、結局は達也が一番ゴールに対する気持ちが強かった。最後にその強い気持ちの達也のところにボールが来た。そんな気さえしました。


さてルヴァンカップ。
ただでさえ試合数が多いJ2にあって、さらに過密日程となるこのカップ戦を否定する人もいますが、個人的には質の高い練習試合だと思っております。
正直、関東近郊のチームに比べると、トレーニングマッチの相手が弱すぎると感じていました。
隣県のチームは同じカテゴリーか、あるいはその下のカテゴリー。昨今はそんな状況が多かったように思います。
この試合のメンバーを見ると、完全なターンオーバーにも見えましたが、それでもブラジル人選手や達也などはリーグに向かってゲーム感を呼び起こす場でもあり、若手にとってはリーグ戦のスタメンに名前を連ねるための格好のアピールの場となっていることと思います。
試合数の多いリーグ戦だけに、どの選手もチームの約束事や戦術を理解していき、そしてリーグ戦に出場した場合でも同じポテンシャルでゲームに臨むためにもルヴァンカップは絶好の機会だと捉えるべきではないでしょうか。


ひとまずは、アラタとサチロー。
ニューヒーローの相応しさを垣間見たような気がしました。


[PR]
by joehenderzone | 2018-03-08 21:30 | アルビレックス新潟 | Comments(0)