アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年 04月 16日 ( 1 )

仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、
心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、
たゞひとり、徒歩より詣でけり。


ふと思い立って京都へ行った。
京都駅で新潟から夜行でやって来た仲間を拾って、西京極へ行ったり、京都駅に戻ったり。
朝湯に入った後、同乗者が観光へ出掛けるのを見送って、暫し微睡んだ。
そうだ石清水八幡宮へ行こう。
闘いの神様だし。


極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。


とは言え、気が付けば開門まで2時間弱。
仕方なく道中の乗り換え駅で途中下車。
そこは京都の中心に当たり、その礎石は臍石と呼ばれている。
また華道発祥の地で、多くの生け花の名手を輩出した。
そうここは「池坊」で有名な六角堂。
どうりで妙齢の女性が多いこと。
まあ何のことはない、ウン十年前の修学旅行。
この傍らの旅館に宿泊したからだ。
そんな懐かしの場所を探そうと辺りを散策したものの姿は見えず。
記憶違いか、はたまた取り壊されたのか。
思い出は儚く散った。


さて、かたへの人にあひて、
年比思ひつること、果し侍りぬ。
聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。
そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、
何事かありけん、ゆかしかりしかど、
神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず
とぞ言ひける。


京都に行った行ったと言ってはみても、観たのは六角堂と西京極競技場。
サッカーが好きだ好きだと言ってはみても、まだまだ何も知らない洟垂れ坊主。


少しのことにも、先達はあらまほしき事なり。
[PR]
by joehenderzone | 2009-04-16 21:23 | アルビレックス新潟 | Comments(2)