アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年 04月 07日 ( 1 )

 すっかり春の日差しに包まれた日曜日。
十数年ぶりに弥彦に登った(車でw)。
スカイラインのカーブを右左折するにつれ、「長岡市」とか「新潟市」とかの標識が現れ、山腹の一部分も長岡や新潟になってしまっているとは・・・と、山に登っているのに、しばし浦島太郎な気分に浸る。
山頂付近は、煙ならぬ白い雲に覆われていた。


 最後のワンチャンスで、まさにマリノスを煙に巻くような速攻で陥れたマイチーム。
駅前での祝勝会会場から外へ出た時に、絡んできたマリサポ女子。
お気持察します。
慰めの意味も込めて歌った、
♪ダメダメダメよ~ ダメダメダメよ~ ダメマリノ~ス♪
のチャントにノリノリで合唱してくれてありがとう!
お気持察します。
だってオレラはずっとそんな自虐的にJ1生活を過してきたんだから。

 さて勝利の立役者。
見事バースデイ(イヴ)ゴールを決めた貴章のコメント。
「選手もサポーターもあきらめなかったから入ったゴールだと思う」
ごめんなさい。
オレ、貴章のオフサイドで、オオシのゴールが取り消された時、諦めかけました・・・。
だって、このまま引き分けても伝説は継続しそうだったし、半ドンで切り上げて来た日は勝ち切れないってのもネタ的に面白いかな、と(殴)。


 そんなことを思い出しつつ、午後3時過ぎに登った弥彦山。
(サテには行かなかったのかー!?言うな)
山頂の駐車場には消防・救急・警察車両が多数。
雲上にはヘリのプロペラ音だけが響くものの、姿は見えず。
行楽シーズンを前にして、何か訓練でもやってるのか?
なんて思っていたら、こんな大変なことが起きていたんだね。

 実際この日の弥彦は、下界のぽかぽか陽気が嘘のように、頂付近は雲に覆われて時折突風が吹く厳しい天候。
登ってみて初めてわかった弥彦山。
麓の越後平野へは手が届きそうな位に近く輝いて見えているのに、頭上を見上げると白い雲が視界を遮り、隙間からは一条の光すら漏れて来やしない。
引き返して下に降りるのは簡単なんだろう。
でもまだまだ4節弥彦山。
改めて淳ちゃんのコメントを噛み締める。
首位も順位もあまり関係ないと思います。そこにフォーカスするより、自分たちのゲームがどれだけできているのか、コンディションの面でどれだけ戦えているかということをしっかりと見ていかなければならないと思います。結果に一喜一憂していてはいけないので、その辺は冷静に分析していきたいと思います

そう、オレラはもっと高い頂を目指さなくちゃいけないんだよ。
[PR]
by joehenderzone | 2009-04-07 20:22 | アルビレックス新潟 | Comments(9)