アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2008年 04月 20日 ( 1 )

 前回訪れた鹿島戦の夜、カナールの桜はちょっとずつ、ちょっとずつ蕾が膨らみ始めたころだった。
あれから2週間。
花の盛りは短い。
淡い期待を抱いて乗り込んだけれども、やっぱり桜は、すっかり散っていた。



 ざっくりと試合の感想。
とにかく京都はroughだった。
カードをもらったプレーはもちろんなんだけど、カードが出ても何ら不思議ではなかった後半PA内での松下への肘打ちしかり。
それと襷のように斜め線が入っているアウェイユニから想起させられるのか、田原成貴と武豊を足して2で割ったような(というかそのままだ)ジョッキーを髣髴させるような名前のFWと、アンパンマンFWのフィニッシュの精度が低く何回か救われた。

 4-3-3の要となるアンカーのシジクレイの退場で大丈夫か?京都?と余計な心配をするものの、退場と選手交代で外国人選手が次々とピッチを去り、かえって押さえ所がなくなったうちの選手は右往左往。
代わりに森岡がイン。DFなのに清水で11番をつけていた男。開幕直前まで間違いなくトルシエジャパンの中核だった男森岡。
そりゃあ、人数減っても落ち着きますよ。落ち着かせますよ。

 後半開始直後から、なぜか京都の方が人数が多く見える。
さらに一人減り、二人減り、戦闘モードにスイッチオン。
こちらのCKの時も、二人を前線に残し、フィールドプレイヤー5人で守り切る。
でも、俺達のまっすーは、どこのチームに行こうとも俺達のまっすーだった。

 って完全に京都視点なんですが・・・
1点目はアルビがやりたいサッカー、目指したいゴールシーン。
先制点が早かったり、相手に退場者が出ると突然気合がダウンするのは、もはや仕様か?
後半の貴章、得点機二度も逃がす。欠場したQBKの呪いか?
マルシオ投入も、意思疎通に難有り。もう少し時間がかかりそう。
残り10分を切ってからは、完璧キープだよね?
前回の失敗から、キープの方針を明確に打ち出したのだよね?



 嗚呼この1週間、いやこの数週間、幾度となく初勝利の瞬間をイメージしたきたのに。
(以下妄想)
両手を高く天に向かって突き上げて、しばしサッカーの神様に感謝。
その後周りのサポとの抱擁。
優勝したわけではないのに、とめどなく溢れ出る涙。

 嗚呼そんな淡い思いも、すっかり散り去っていったよ。
色で例えるなら、限りなく黒に近い灰色。
擬態語では、ぐでんぐでん。
鉄道なら、蒲原鉄道。
高速道路では、関越道大和パーキングエリア。
酒なら、ワンカップの宝焼酎。



 だからと言って試合後選手にブーイングはちと酷い。
今季初勝利に間違いないのだし、1勝は1勝、勝ち点3は3だ。
結果が出たのに褒められなかったらへこむよ。
テストだって、仕事だって。
結果が出たのに、内容が良くない、過程が良くなかったって言われたら、オレは気持ちが萎えるよ。
そんことは自分が一番良く知ってるよ、って不貞腐れるよ。

 ちょっとずつ、ちょっとずつの第一歩。
早々に散り去ってしまわないように、大事にしなければいけない。
この日の1勝を。
[PR]
by joehenderzone | 2008-04-20 13:48 | アルビレックス新潟 | Comments(8)