アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

壊してしまうのは、一瞬でできるから(11月17日 第42節 ●0-2山口【スタジアム観戦】

最終節が終わり、早くも1週間。
サッカーロス。
いや、代表戦もあったし、J1だってあるしJ2は昇格プレーオフもあるから、完全なるアルビロス。

あの9月、10月の連勝の勢いのまま終了したならば、こんなに気持ちは落ちなかったのだと思うのですが、最終的には何だか尻すぼみな結末で、結局は昨年J1で降格した時の順位、17位と順位的にはさほどかわらない16位という順位でのフィニッシュ、それもカテゴリーが下がってのJ2での順位ということに、現実を突きつけられたからであることは間違いありません。

達也がスタメンに戻ってきて、ゴール前まで迫るシーンは前後半共にありましたし、これが決まれば流れが変わったのにというシーンも何度かありましたが、得点には至らず。
反対に軽い失点で、相手の山口に取ってはそここそ狙い目で、してやったりだったのでしょうが、ゲームを難しくさせてしまいましたね。

前から嵌められず、ボールホルダーに対しても人数を掛けて追い込めず、セカンドボールも拾えない状況ではディフェンスの選手の責任ばかりとは言えないでしょうけれど。

それにしても最終節。
ホーム最後の試合。今シーズンの序盤はビッグスワンでの勝利がほとんどない状態であったわけで、それでも最後はスタジアムまで来てくれた人達に対して、そして来シーズンも来てもらうためには、相応しくないパフォーマンスでした。

そして最終節。
怪我で9月以降を棒に振って、さらに引退を決意した梶山が、最終節を前にして合流して、スタメンに名を連ねていたから、これは2点くらい引き離して、最後の最後にピッチに立たせる予定だなと、誰もが感じていたはずです。
ちょうど昨シーズン最終節の本間勲のように。
生え抜きのイサオだったから頑張れたの?
レンタルで半年間だったから頑張れなかったの?
FC東京の選手だから他人事なの?
もちろんそんなことは無いのだろうけれども、ついそんな穿った見方をしてしまいそうな、そんな低調さをピッチから感じてしまいました。


連勝して不敗で勢いがあって、夢は広がったけど、壊してしまうのは、一瞬でできるから。
是永さんが言うように、他人事ではなく自分事にしていかないと、一瞬で壊れてしまうよね。


他人事ではなく自分事に。
選手も、クラブも、サポーターも。
凋落の2018年を経て試練の2019年を迎えるために。
[PR]
by joehenderzone | 2018-11-23 16:14 | アルビレックス新潟 | Comments(0)