アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

安い失点を叱責するか?スーパーな同点ゴールを賞賛するか?答えはその胸に聞け(11月3日 第40節 ●2-3熊本【スタジアム観戦】)


Q不敗記録が続くアルビ。負けるとしたら?
(1)優勝も狙える位置にいる町田との一戦
(2)最下位で降格が濃厚な熊本との一戦

Q無失点が続いているが失点するとしたら?
(1)先制される
(2)追いつかれる
(3)体勢が決した時

Q失点してしまった場合、アルビの選手は?
(1)意気消沈して立て直せず
(2)取り返そうと攻撃のスイッチが入る

9月から始まった不敗の記録が続く時には負ける気がしないと思っていた反面、いつどんなタイミングで負け試合を迎えるんだろうか?なんていう考えも頭をよぎっていました。
上記は想定していた質問とその回答。

迎えた熊本戦。
10戦負け無しと、3連勝が掛かっていたこの試合。
結果と解答はご存じの通り。

Q不敗記録が続くアルビ。負けるとしたら?
(1)優勝も狙える位置にいる町田との一戦
(2)A最下位で降格が濃厚な熊本との一戦 ←解答はコチラ

Q無失点が続いているが失点するとしたら?
(1)先制される ←解答はコチラ
(2)追いつかれる
(3)体勢が決した時

Q失点してしまった場合、アルビの選手は?
(1)意気消沈して立て直せず
(2)取り返そうと攻撃のスイッチが入る ←解答はコチラ

こちらも必死で向かって行ったものの、あちらも必死。
熊本の方が必死さで勝っていたその結果がスコアに表れた、というのが大方の評価でしょうか。
久しぶりの敗戦に、試合終了直後からこれまでに自問自答を繰りかえしました。

Qこの試合をどう評価しますか?
(1)凡ミスからの失点で不敗記録が途切れたことを叱責したい
(2)スーパーなゴールから2度同点に追いついたことを称賛したい

Qアディショナルタイムでの試合運びをどう評価しますか?
(1)引き分け上等でリスク管理すべきだった
(2)ホームであるし、勝ちにいく姿勢をみせたことを誇りに思う

熊本は前線から追い掛け、早い寄せで新潟のボールホルダーを慌てさせました。3失点共に、早いプレスの結果によるミスでした。
新潟が誇るヤングガンであるサチローと新太が活き活きとプレーさせてもらえなかった、ここを押さえられたことも新潟にとっては痛かったですね。

その一方で、追いつくんだという選手達の自信がピッチから見て取れましたし、我々も追いつけるという信頼を共有できていました。
案の定新潟も自分たちの時間になれば、嵩にかかって責め立てて、河田とカウエのスーパーゴールで、追いつくことができました。
加えて、逆転のチャンスも何度も訪れたのですがね。

3失点後のワンプレーで、ターレスの放ったシュートが決まっていれば、評価は反転したことは間違いないでしょう。

負けてはしまったものの、同点に追いついたことと、最後までホームでの勝利にこだわって攻め続けた選手達を、私は称賛したいです。

また残念ながら、この敗戦によって今シーズンの負け越しが決まっていまいましたが、残り2試合、そして続く2019年シーズンをどう戦い抜くか?
選手のみならず、我々サポーターも問われ続けています。

Qこれからもアルビを応援しますか?
(1)不敗・連勝が途切れてしまったので、もう応援はしない
(2)負けてはしまったけれども、これからも応援する
[PR]
by joehenderzone | 2018-11-07 20:00 | アルビレックス新潟 | Comments(0)