アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

♪ セブンイレブンやな気分(7月11日 天皇杯3回戦 ●1-3FC東京【スタジアム観戦】)

何をしたいのか?
どんなサッカーを目指しているのか?
この数試合を通して、相手がJ2の上位チームであろうと、J2の下位チームであろうとも、そしてJ1であろうとも、何も変わらなかった。
試合終了までの時間は、ここ数戦同様に、何も起こらないんだろうな、という焦りと諦めと。やり場のない怒りと悲しみと。

失点シーンをはじめ、新潟攻略は相手にとってはちょろいもんでしょう。
縦に一本入れて、寄せられてめサイドに展開すれば厳しく寄せてくる選手もいないので、容易にクロスを上げることができる。
そのクロスに対しても簡単にマークを外して中に入れるもんだから、あとはシュートを決めるだけ。
例え新潟のターンになったとしても、流れの中からのサイドチェンジは皆無だし、スペースにボールは出ず、点と点を結ぶだけだから奪い返すことも簡単だ。

ピッチ内で修正を試みる選手達もいなければ、ピッチ外で策を練るスタッフも無し。

我々はどこを目指しているのか?
もちろんJ 1復帰を掲げてはいるものの、シーズンは折り返しなのに、進化どころか劣化しているのではないかと思えるくらいの現状。
そしてこの試合、例えJ 1に復帰をしたとしても、J 1チームとの力の差は歴然で、すぐに逆戻りをしてしまうことは目に見えたはず。

だったらいっそのこと、J 1に定着し、J 1で優勝争いをするチームを作るので、3年計画にしますと宣言してくれた方が潔い。

福岡戦の勝利以来、公式戦4戦して2分2敗。ご存知の通りリーグ戦でのホーム勝利は1勝のみ。
試合終了後にブーイングではなく、アルビレックスコールで選手達を鼓舞したゴール裏。
これはサポーターもキツイが、選手達もキツイ。
次のホーム横浜戦は、間違いなくアルビの未来を左右する非常に重要な試合になるでしょう。
[PR]
by joehenderzone | 2018-07-12 06:48 | アルビレックス新潟 | Comments(0)