アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ABBA(6月6日 天皇杯2回戦 【スタジアム観戦】)

PK戦が頭によぎった延長後半くらいから、ダンシングクイーン♪が頭の中でぐるぐる、ぐるぐる回っていたよ。

新潟ー高知ー高知ー新潟ー新潟ー高知の順で進むPK戦。
新潟5人目の坂井が決めれば勝利が決まるのだが、坂井が右側に蹴ったボールはキーパーに弾かれ振り出しに戻る。
まだ帰れないのかぁぁぁと思った瞬間に、キーパーが蹴る前に前方に動いた、ということで蹴り直し。
今度は左上に決めてようやく終了。
帰路につきました。

大谷は、いつも自分の出番が終わるとゴールマウスから立ち去ろうとしていたので、ABBA方式をイマイチ理解していなかった、と思われw


後半だったか、延長の後半だったか、河田がペナルティエリア内で相手を股抜きで交わして、エンドライン近くのゴール前で、キーパーと1対1になり、シュートを撃ったボールはキーパーの股も抜いて、あとはゴールマウスに転がるだけという場面があったのだけど、ボールは無情にもゴールマウスと平行に転がってた末に、ゴールマウスを通り過ぎてから外へ。
あれが決まってれば、もうちょっと早く帰れたのに。
いや、メネゲウが負傷交替しなければ、早々と勝利を決めていたかもしれない。


対戦相手の高知は5部相当とはいうものの、目に見えるような凡ミスはなく、カウンターからみせる攻撃も非常にオーガナイズされていました。
J2を戦っていても思ったのですが、我々の想像以上に下部リーグは底上げされていて、アルビが地域リーグにいた当時とは別物になり、その進化のスピードも増してきているのでしょうね。
こうした変化に対して、我々サポーターも意識を変化させないと、いけないのでしょうね。
天皇杯で苦戦して、勝ったにも関わらず文句。
相変わらずのアルビサポーターに、そう思うのでした。

勝ち上がったことで、もう一回チャンスをもらえた。それだけでも十分の成果だったと思いたい。
[PR]
by joehenderzone | 2018-06-09 15:06 | アルビレックス新潟 | Comments(0)