アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

サヨナラPK。明暗を分けた最後のワンプレー(4月28日 第11節 ○2-1 山口【ごろえん観戦】)

甲府の達磨監督が解任されましたね。
アルビの試合の後に、腹黒く甲府 対 千葉の試合を観ていたのですが、アディショナルタイムに甲府の選手達が、逃げ切るチャンスがあったにも関わらずしっかりとキープできなかったことが痛かったですね。

それに対してアルビの選手達は最後まで、ゴールを目指して、貴章目掛けて放り込むことを諦めずにいた結果、勝利が転がり込んできましたね。貴章、そして貴章にクロスを送った高木はもちろんなのですが、そのひとつ前のプレーで達也が坪井とのボール争いに勝ったところから始まっていますので、この達也のプレーが殊勲だとも言えますね。


この日の試合は達也、貴章の途中出場選手をはじめ、スタメン組の新太や河田が前からしっかり追えていました。
が、後半は足が止まったのと、ひとりがプレスに行った時に、他の選手が連動していなくて無駄足になる場面も散見され、前からの守備に関してはまだまだ時間が掛かるような気もして、個人的には希望よりも不安の方が優っていました。

失点したシーンは、何人も人がいるのに誰ひとりとして寄せられず、数度の切り返しについていけず、チンチンにやられてしまってしまいました。
後半のアレやアレが決まっていれば、結果は全く違っていたでしょう。得点の匂いがしたのはずっと山口でしたから。

とは言え、新太が裏に抜け出して最後のDFを交わせばGKと1対1となった場面で、明らかに引っ張って倒したにもかかわらず、カードどころかノーファールだったジャッジもありましたので、引き分け妥当な感じで最後のワンプレーまで進んだところ言っていいでしょうかね。

監督の去就を含めて、決してひとごととは思えなかった最後のワンプレー。
これをきっかけに明転してくれることを願います。
[PR]
by joehenderzone | 2018-04-30 19:26 | アルビレックス新潟 | Comments(0)