アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

3バック?4バック?6ポイントバック!プリーズ(4月8日 第8節 ●0-1岡山 【スタジアム観戦】)

失点がPKの1点だけならば不運だったなと嘆くこともできるが、今回ばかりは必然のPKといえるでしょう。
前半の最終盤にかなり押し込められ、何とか凌ぎきってハーフタイムを迎えられたから、修正をして挽回してくれよとの思いも虚しく、後半の入りもほぼ変わらず。それどころか、セカンドボールをほとんど握られて、何度もサイドから攻められて、防戦ラインがだんだんと下がって、ピンチやシュートをコーナーで逃れる回数は増えていく。
何とか・・・何とか・・・守り切ってはいたものの、ペナルティエリアに侵入されて、何回もゴールを脅かされるシーンが増えていたから、これは時間の問題かなと思ったところのPKでした。


サイドに侵入してきたボールホルダーに対して、マークの選手がディフェンスに行って、クロスを上げられても中で弾き返す。残念そこにはジュフンやカンペーさんがいます!といった守りであったけれども、ここ数戦はディフェンスに行く前に早いクロスをあげられたり、行ってもあっさり抜かれてしまったり。
対人の空中戦には強いジュフンではあるが、1対1の足元には弱いジュフンが露呈してしまった感じでした。

攻撃のための3バックなはずなのに、結局はウイングバックの2人が押し込めずに、反対に押し込めれれているものだから、逆に攻撃に掛ける枚数が少なくなって、縦への攻めや、迫力が全くなくなったように感じているのは私だけでしょうか?
3バックだと、マサルとズミさんどちらかを削らないといけないしね。


前からの守備。
連動した守備。
オンとオフ、攻守にわたってそれを意識すること。
ポゼッションだけにはこだわらない。
シュートを撃てる時はシュートを打っても良い。

開幕前からそんな言葉が並んでしましたが、現状をみると窮屈にプレーしているように見えて、全然面白くない。
全然攻撃に厚みがないから、ゴールへの迫力もないし、そもそもゴール前でのチャンスが少ないから、全くもって面白くもなんともない。


J2定着や、残留が目標だったら我慢もするけれど、J1昇格が目標であれば絶対やってはいけない連敗と、準備不足の練習に付き合っているわけにはいかないと思うのですが。どうでしょう?ネガティブですかね?
ここで失った勝点6を。
6ポイントマッチで失った勝負を。
近いうちに取り戻す決意を、ピッチに表現してもらいたいものです。
[PR]
by joehenderzone | 2018-04-09 20:00 | Comments(0)