アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

方位磁針(11月26日 第33節 ○3-2清水【スタジアム観戦】)

こら!こら!こら!こら!
降格が決まった途端、早くもやる気なしかよ!
と思いませんでしたか?
口にこそ出さなかったものの、心の中で様々な暴言を吐いていました。

前半のアルビは、それほどまでに悪い出来でした。
というよりも、相手の清水が前からの素早く、いつぞやの新潟を彷彿させるような鬼のようなプレスを掛けて来ます。
新潟のボールホルダーに対しては、数名で囲んでボールを奪っていましたし、寄せが速いために、新潟の選手の何人かは焦ってパスミスをしたり、ボールロストが多く見受けられました。
何度か訪れたこちらのチャンスの際も、前線からの守備をしていた選手達が素早い戻りをして対応しているんです。

清水の攻撃も素晴らしく、奪ってからのサイドチェンジや、裏へのパスが速く、何度も新潟ゴールを脅かします。
案の定、綺麗なパス交換から、綺麗にゴールを決められて前半のうちに2失点。

直近5戦で無得点であったはずの清水に2失点。
対する新潟は、ほぼノーチャンス。
シーズン終盤に、降格が決まってしまったとはいえ、行く先が明るく見えてきたというのに、また深ぁーい暗闇に迷い込んでしまった感じ。
富士山を仰ぎ見ながら、樹海に迷い込んだような気持にもなって、冒頭の言葉を心の中で吐いたのでした。


ところが後半、といっても後半開始直後からではないのですが、針が振れ始めたのはアルビが小川に替わって宣福を投入した後。
エスパルスは1枚目の交替カードで入った選手が傷んで、治療、再度ピッチに戻った頃でしょうか?
ちょっと記憶が曖昧なのですが、もしかしたらピッチを離れている時間帯だったかもしれません。
そんな中で、交替した宣福からのフィードがギュンギュンに通り、そこからホニへの裏へのパス。
それが反撃の狼煙を上げるゴールでした。

この1点目からアルビの勢いが増し、エスパルスの鬼のようなプレスは鳴りを潜め、我々にもわかるほど目に見えて足が止まってしまっていました。
あらぬ方向を指していた磁石は、きちんと新潟のNを指し示しはじめました。
結局、交替で入った清水の鎌田選手は続行できず、さらなる交替枠を使わざるを得ない状況になったのも、アルビにとってはプラス、エスパルスにとってはマイナスだったのでしょう。

そして、マサルのフリーキック。
ホニが横に立ち、若干嫌な予感が。
ホニが蹴って、吹かしてしまう予感。
マサル蹴れ!マサル蹴れ!
決めろ!
ココ!ココ!
ココしかない!
だぁぁぁぁー!!!
決めたぁぁぁぁぁぁぁぁ


とここまででも十分劇的だったのですが、最後の最後に右サイドを抉って勝負に行く!
私はてっきりホニだと思っていたので、勝負勝負!
クロス上げろ!クロス上げろ!
何か起きるから、クロス上げろ!
と叫んでまして、その瞬間に上げたクロスが中にいた宣福にピタリと合ってヘディングゴール!!!
と終了後2時間ぐらいは思ってましたw

ご存じのように、クロスを上げたのが宣福で、真ん中に飛び込んだのが貴章で、貴章には触れずにクロスがそのままゴールに転がり込んだのですね。
まさに樹海を抜けた気分!


新潟は前半の早々にカズが負傷で交替。
失点も直後だっただけに、不運を嘆いたものでした。
対する清水も終盤を迎える時間に、交替で入った選手の負傷交替。

1失点目はキーパー大谷と、チョンテセ(かな?)が交錯して、ファールじゃないかと憤ったものでした。
ところが2得点目に繋がった、ギュンギュンがもらったファールは、ちょっと飛び過ぎでシミュレーションもらいかねないんじゃない?と思えたくらい。

さてさてこのゲーム。
こんなに前後半で激しく内容が替わってしまう試合は久しぶりでした。
前半は清水のS。後半は新潟のN。
お互い不運も、幸運もあった試合を制したのはN。
このゲームだけではなく未来を指し示す方位磁針は、皮肉なことに降格が先に決まってしまった新潟の行く先をしっかりと示したような気がしたのでした。


[PR]
by joehenderzone | 2017-11-28 20:29 | アルビレックス新潟 | Comments(0)