アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

柾谷小路で捕まえて

年末年始は鬼籍に入られた人が多く、お別れの季節でもあった。
サリンジャーもそのひとり。
とは言っても別段強い思い入れがあるわけではないのだが、学生時代に広島出身の友人が入れ込んでいて、『ナインストーリーズ』や『フラニーとゾーイ』は手に取ってみたものの、天邪鬼なのでついぞ『ライ麦畑…』は読むことがなかった。
それでも隠遁した文豪ということに興味がそそられて、彼をモデルにした『FINDING FORRESTER (邦題:小説家を見つけたら)』なる映画も観に出かけたものだった。
若き頃に北光社で『ライ麦畑で捕まえて』を購入した人達にとっては、さぞや寂しい1月末であっただろう。

さてその北光社の閉店に始まって、夏には大和の閉店、西堀ローサのテナント減少など古町は問題が山積みだ。
悪いことは重なるもので、古町活性化を援護するはずだった「奈良の古寺と仏像展」は、新潟市美術館から長岡の県立近代美術館へ変更されそうだ。
古町の問題に関しては、まだまだ厳しい寒さが続いている。

東京で働いていた頃、出張や観光で新潟市を訪れたことのある人を捕まえて話を聞くと、駅前が新潟で一番の繁華街で、よもや萬代橋の向こう側に古町という繁華街があるということを知っている人は少なかった。
そういう意味では、一時難色を示していたものの、駅前から古町まで100円バスの運行が実施されることになったのは喜ばしい。
そもそも200円も払って古町まで行って、200円も払って新潟駅まで戻って来ようとは思わない・・・よね。
歩こうと思えば歩けるし。

そこで市民では私が、あえて無責任にも古町再生案を考えてみた。

その1
『バスには古町を経由しますという表記を』
市民以外の人は、意外と悩むんだよね。
駅前のバスターミナルで。
ほとんど通るんだけど、どれに乗ったらいいの?って。

その2
『西堀ローサにアウトレットモールを誘致して、名称を加藤ローサにする』
御殿場、軽井沢、仙台。
観光地にアウトレットモール、というか観光のついでにお買物は今や定番になりつつあるのでは?

その3
『古町―ビッグスワンのシャトルバスを運行』
もちろん試合開催時。
万代シティ行きは結局南口行きと同じルートで運行されている点を改善しつつ、そしてなるべく渋滞しないルート(そんなのあるのか?)を選択する。
試合のチケット提示で、駐車場の割引も効くようにすれば、パーク&ライドも可能では?
ママは買い物、パパはアルビで、試合終了後、古町でお食事はどうでしょう?

その4
『ナビスコカップを市陸開催にする』
水曜日、19時キックオフ。
こんな試合は市陸でOK。
というか、市陸がベスト。
もちろん試合終了後の祝勝会は古町へなだれ込め!
J2時代の感謝もこめて、古町サンクスデイとして還元してはどうだろうか?

古町もビッグスワンも、客の減少という問題に直面して集客に躍起になっている現在。
マイナスとマイナス同士だけれども、こんな時だからこそ手を取り合って協力してはどうだろうか。
固定客がお家に籠ってしまうその前に。
お得意さんがお別れするその前に。
[PR]
by joehenderzone | 2010-03-18 22:37 | 新潟あれこれ | Comments(0)