「ほっ」と。キャンペーン

アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

文丈

2015年シーズン終了前、当時の柳下監督が辞めることが決まっていて、次の監督が噂されている頃に、福岡の三浦コーチの去就を気に掛けている人がいました。
「きっと新潟に来るよ、新潟に来るよ」

2016年シーズン終了後、片淵監督の続投か、はたまた新監督が就任するのかを巡って騒ついている時に、やっぱりその方は期待していました。
「絶対フミタケだって。フミタケ」
「あの2013年のメンバーの中で、達也が残ったんだし、フミタケだって」

そんな会話を交わした2日後の朝に、私はその方にメールを送りました。
12月8日のことです。

『三浦文丈の名前が出た翌日に、監督候補としてニュースになったのでびっくりしました!
さらに、まだ長野の監督辞めてないから微妙…みたいな話をしていましたが、今朝 長野パルセイロのオフィシャルに監督の契約満了のお知らせが載っていましたので、新潟の監督就任があるかもしれないです‼︎』

果たしてその日に、文丈さんは新潟の監督に就任しました。
そしてその人、そのお方。
居酒屋ごろえんのマスターの願いも成就したのでした。
すごい!


さて、そんな文丈監督。
先週末のNHK新潟のニュースでインタビューに答えていました(念のためですが、徳島戦の前です)。

それによると、キャンプで先ず取り組んだのが、組織的な守備の構築だったといいます。
ポジショニングを細かく指示し、多くの時間を割いたようです。
まずは守備から。
バランスの良い守備から、良い攻撃に繋がるはず、と力を込めていました。

次なるキーワードはスピーディーな攻撃。
縦に早いサッカーを取り戻す。
すなわち人数、手数を掛けずにゴールに向かう、とのこと。
昨年、または一昨年と異なる攻撃となることは明らかですね。

そこで思い出すのが、2013年のハイプレス、ショートカウンター。言わずもがな文丈さんかコーチ時代のことです。
新監督曰く、あの年のイメージが核となり、そこに肉付けをしていくような感じ、とのこと。
近年では、アルビサポの誰もが口にする、胸踊るサッカーへの回帰でしょうか。

しかしながら、その2013年から進化しようとして成功に至らなかったわけですから、私の個人的には、回帰すれば全てが上手く収まるわけではないと思っています。

徳島戦の大敗を受けて曰く。
ハイプレスを掛けに人数を割いてしまい、空いたスペースを上手く使われてしまった。
嵌らなかった時は、一度割り切って陣形を整えることも必要だ、と述べていました。

監督もそう甘くはないことを心得ていたのでしょう。
今シーズンの目標を訊かれ、色紙に一筆求められた際には『ひとつでも上へ』としたためていました。
所詮は2年連続で15位のチーム。
驕ることなく、一歩一歩這い上がって行きましょう。


ところで文丈さん。
私の本名と類似しているのは、知る人ぞ知る事実w

ぱっと見が似ているのみならず、画数も同じ。
その文字を見かけると、ハッとしたものでした。
最近は慣れたけど。

だから、ちょっとくらい結果が出なくても、文丈最悪とか、文丈いらねとか、文丈きもいとか、書き込まないでね。
マジお願い。

文丈最高!
文丈ナイス!
文丈△
こんな文字が並ぶことを期待せずにはいられません。


インタビューの最後は、サポーターに向けてのメッセージで締め括ってました。
「アルビレックスのクラブ一員として一緒に闘って欲しい」

さあ開幕。
文丈監督の元、我々も立ち向かいましょう!
2017年の新しい闘いに!




追記:新潟日報コラムでえのきどさんが記述していましたが、文丈監督は慶がマリノスユースの時の監督だったそうですね。
今シーズンのアルビが、慶を中心選手として位置付けているのならば納得の人選であり、慶を繋ぎとめておくためにもどうしても譲れない人選だったのかもしれませんね。
[PR]
by joehenderzone | 2017-02-24 07:43 | アルビレックス新潟 | Comments(1)
2017年開幕直前!
良いイメージで開幕を迎えよう!
ということで、2016年シーズンの個人的ベストゴールを備忘録で。
・・・いまさら感がたっぷりですがw

第7位 2nd第15節 ●1-2浦和 0-1からのラファエルのゴール

早々と先制されたけれども、前半のうちに取り返した。
ボールを奪ってから、ラファがぐんぐんゴール裏に迫って来た時には、残留も見えてきたんだけどね。
そういえば、このゲームは逆エンドでしたね。
試合後、ラファの移籍が表面化。
結果的に、ビッグスワンでのラストゴールに(今季以降決められなければw)


第6位 1st第15節 ○1-0大宮 0-0からの成岡のゴール

開始早々、成岡先生魂のゴール。
この日はスタジアムにも気合いが満ちていたし、選手もそれに呼応したと感じた試合でした。
しかしながら実情はその逆で、史哉の病状を知った選手達の気合いが、スタジアムに乗り移ったことが後で判明。
試合後に涙をこらえながらゴール裏に戻って来た成岡の姿はい、今思い出しても、いや今思い出すからなおのこと胸が熱くなります。


第5位 2nd第9節 ○3-0福岡 2-0からのレオのゴール

エリア内でボールを拾ったラファが冷静に、後方のレオに戻し、レオがズドン!
試合と残留(と、この時は思っていた)を決定づける3点目。
これまた結果的に、ビッグスワンでのラストゴールに(今季以降決められなければw)


第4位 1st第8節 ●1-2名古屋 0-2からの端山のゴール

後方から来たボールを左足でトラップ。
一度地面に落としつつ、ゴールキーパーの位置を見て、右足でちょん。
ゴールキーパーの頭を越えるループシュートでシーズン初得点。
スーパーなゴールと称賛されるも、惜しむらくは試合内容がしおしおで反撃の狼煙にもならず。
今季こそはスーパーで、ワールドクラスなシュートで試合を決定づけてほしいものです。


番外編 ナビスコGS第5節 ○2-1柏 1-1からの小塚のゴール

小林裕紀CB。吾郎先発。カリウ、平松の両FWが先発。
誰が出ても大丈夫というコメントがあったけれども、懐疑的な試合。
引き分けで精一杯かと思われた後半の終盤に、端山から遠いサイドの平松へクロス。
平松がヘディングできれいに折り返したそのボールを、そのままダイレクトボレーでネットに突き刺す。
天才小塚ついに!と思われた瞬間でした。


第3位 1st第1節 ○2-1湘南 1-0からの伊藤優汰のゴール

昨シーズンの開幕戦。1点リードの後半。
新加入の伊藤優汰INから数分。
マサルからのロングフィードに抜け出した優汰が、DFとGKの動きと位置を見て豪快ミドルシュート!
交替選手の、しかも新しい選手が、開幕戦で決めて、この先のシーズンはどんなに明るいものになるんだろうwと思わせてくれた一発でした。


第2位 2nd第14節 ○2-1磐田 1-1からの山崎のゴール

世間的にはこれが1位なんだろうけど、残念ながらテレビ観戦だったので。
しかしこのゴールがなければ、残留は無かったわけです。
残り時間も少ない中で、引き分けに終わっていても残留は無かったわけで。
文字通り残留を決めた一撃。
康裕との競り合いの中でクロスをあげた武蔵も素晴らしかったし、なんの躊躇もなく飛び込んだギュンも素晴らしく、新潟中が雄叫びをあげたゴールでしたね。


第1位 2nd第5節 ○2-1大宮 1-1からの野津田のゴール

後半戦に入って勝星なしの3連敗で迎えたアウェイ。
しかも先制されて、重たい空気が流れていた後半。
ラファのゴールで追いついた途端に、新潟の選手にスイッチが入りました。
ゴールは選手の、チームの一番の好物ではありませんが、この同点ゴールで俄然元気に。
そしてその直後、野津田がボールを持ってエリア外ゴール前を左から右に横切って、一度預けたボールをもう一度もらって、今度は右から切り込んでシュート。
サポの「撃て!」のタイミングで、撃って、「入れ!」の声でポストに跳ね返ってゴールマウスに吸い込まれた瞬間は、2016年シーズン最大のカタルシスでした。


・・・とまあ、振り返って思うことは、いなくなった選手多いね(笑)
まあ、でも去ってしまった選手を嘆くのはどうにもならないので、また今シーズンもドキドキ、ワクワクするようなゴールシーンが(去年よりも)多くみられるように期待しましょう。
というか、期待に胸膨らみますね。
どんなゴールが胸アツにさせてくれるのか?
どんなゴールで涙を落とすのか?
楽しみにして待ちましょう!
[PR]
by joehenderzone | 2017-02-23 19:11 | アルビレックス新潟 | Comments(0)