アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

タイムカードでお馴染みのAMANO(アマノ)ってマリノスのスポンサーじゃないのかな?
日産スタジアムの広告看板で見たような気がしたのだけれども。
横浜に本社があって、しかもスタジアムから近いからきっとそうだよね。

ということで、人間タームレコーダー天野君に見事タイムカードをガシャンと押されてしまいました。
天皇杯4回戦。

あれから1週間。
ラファがさよなら。
コルテースがさよなら。
森君ようこそ。
ケンゴはどうする?
とそれなりにやきもき、もやもやしましたが、横浜の、東京の、関東の、あの真っ青な空を思い浮かべての天皇杯4回戦を備忘録的に。


観戦した試合の中では、ホームで引分けたガンバ戦とか、ホーム鳥栖戦とか、アウェイ磐田戦とかは現地観戦していないので、シーズンベストでした。
それだけに、終了直後は良くやったという思いが強かったのですが、悔しさが日に日に込み上げて来ています。
悔しい、悔しい敗戦でした。
ラファをもう一度見てみたかったしね。
片淵さんと、ウッチーにももっとブラッシュアップして欲しかったしね。
何よりガンバにリベンジしたかったしね。

前半はキックオフ直後からハイプレス。
達也と武蔵、行けるところまで行けという感じ。
功を奏して、前からボールを奪うことができてのショートカウンター。
ボールを奪う意識が強く、セカンドボールも拾えていて、楽しいくらいにボールを支配していました。
ただボールをまわしているだけではなく、シュートへの意識も高く本当に楽しい時間でした。
惜しむらくは、向こう側での時間が長かったので、ゴール裏から見えない見えないw
ま、後半ばてなければいいけどな・・・てな感じで折り返したのであります。

ハーフタイムにトイレに行って、お久しぶりの人と出会っての会話が、
「なかなかいい感じだね!」
「そうですね! でも、これ一発でやられるパターンじゃないですか?」
と、一発でやられる予言をしてしまった私。
ごめんなさい。
言霊こわい。
ごめんなさい。

でもって後半は、さすがのマリノスも手を打ってきて、というか引いてるでしょ?引いて守ってるでしょ?な感じで守備からのカウンター狙いみたいになっています。
そのせいもあって、アルビは勢いも削がれ、前からのプレスがはまらなくなってきた。
セカンドボールも拾えなくなってきたけれども、それでもリーグ後半戦のような手も足も出ないような酷さは無く、チャンスを虎視眈々と狙ってあわよくばという感じでした。
交替も達也、マサルOUT、成岡先生、カリウINしたものの、カードは1枚残して延長戦の準備も万全だったのですが・・・。


さて問題のFK。
ちょっと壁に問題ありませんでしたか?
ファーがまずい気がしたのは、私だけでしょうか?
ま、結果論ですが。
マリサポ側のブログとかのぞくと、「コース見えた」「壁が甘いような気がした」なんてコメントがありましたから、向こう側からは良く分かったようですね。
そんな壁の位置や、GKの指示、もっと言っちゃえばセットプレー時のゾーンディフェンス。
このあたりの守備の課題がやっぱり最後の最後で出てしまったような気がします。
あぁ、シーズンベストとか言っておきながら、愚痴ってしまった・・・。


とにもかくにも、ガチャンと、今シーズンは突然に幕を降ろしたのでありました。
もう会えない選手もいると思うと悲しいけれども、サポーター仲間達は移籍しないでしょう。
また来シーズンも会いましょう!
開幕戦でパスをピッと鳴らしましょう。
タイムカードを押すように。
[PR]
by joehenderzone | 2016-11-18 18:22 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
さあ切り替えて天皇杯!
もやもやした残留劇を振り切るためにも、久しぶりのJ1勢との対戦(天皇杯としては)を快勝して欲しいですね。(いや、辛勝でも良いのだけれどもw)

対戦相手のマリノスは、数年前にも実施した若返りの一環でしょうかね、ベテラン選手の年棒大幅ダウンが話題に上がり、ごたごたしています。
半額の年棒しか提示されなかった中澤選手なんて、いっそのことアルビに来ればいいじゃないですか?
5,000万の半額でしょ?
え?
半額で5,000万?
そりゃ、アルビに来たら稼ぎ頭だわ。

我らアルビは、最終節に出場叶わなかった選手たちが戻ってきます。
レオ、ラファ、マイケル、野津田。
プレッシャーから解放された選手たちに、前述の選手も加わって、新潟の底力をみせつけましょう!
え?
ラファはここでも累積なの?
天皇杯2回戦 41分 ラファエル シルバ
天皇杯3回戦 74分 ラファエル シルバ
うーん。

などとまたしてもやきもきしながら、次はどこと対戦することになるんだろうと思ったら、ガンバVS清水の勝者。
しかも水曜日に試合が終わってるじゃないですか!?
で、試合結果は延長の末1-0でガンバ。

むむむ。
これは、何が何でもラファエルと共に、ガンバにリベンジを果たさなくてはいけなくなりましたね!!!
ラファと共にリベンジを果たすために、明日は何が何でも勝ちあがりましょう!!!

え?
今日は、世間的には代表選なの?
[PR]
by joehenderzone | 2016-11-11 19:25 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
勝てばいいんだよ!
って言っていて、勝ちもしなかったけど。
幸運にも残留。

残留すればいいんだよ。
残留すれば。

結果的に失点はしてしまったけど、前半は比較的安心して見ていることができました。
小泉慶が危ない場面や要所要所で顔を出していましたね。
レオのように。

チームの残留が決まったので、次は来シーズンに向けて、彼のような才能のある、そして闘う気持ちを持った選手が残留してほしいですね。
クラブは力を尽くして、引き留めてほしいです。
[PR]
by joehenderzone | 2016-11-03 16:48 | アルビレックス新潟 | Comments(2)
年に一度会う、家族ぐるみでガンバサポのお友達とスタジアム内で待ち合わせて、お土産の交換。
お互いの健闘を、そして勝利を譲ってくれとお願いをして別れた約4時間後。
LINEでメッセージを交換しました。

【ガ】
なんとも言えない後味の悪い試合になりましたね。
次の広島戦は応援してます。
来年も必ず会いましょう!

【私】
守備とメンタルと。弱い所が全部出ましたね。
奇跡的に他も全部負けたので、何とか首の皮はつながりました。
来年も来れるように、次がんばります!


判定に関して書き出したら際限がないのでおいといて、最終戦はラファが出られない分、得点源が減ることは確実なはずです。
そうすると必然的に守備に回る時間が多くなるわけで、今シーズン多々見られた、そしてこの試合でもやってしまったような「あり得ないミス」からの失点は絶対に防がなければならないですよね。
おそらく耐える時間も多くなるし、ゴール前を固められた場合に、穴を探してのボール回しも多くなってしまうかもしれません。
例え1-0で勝っている展開でも、1-1に追いつかれた瞬間に降格の危機が迫って来るわけで、焦れずに、なおかつ決定機を逃さずにゲームを進めていかなければならないでしょう。
そうした状況下では、概して冷静さを失ってしまうかもしれません。
選手も、そしてサポーターも。

とは言え、悲観的にはなってはいません。
試合に出られなくなった選手達、ラファ、レオ、マイケル、野津田は怪我で欠場するわけではないのです。
怪我で無いならば、格好の練習パートナーに成り得るわけです。
トレーニングゲームの相手にラファがいれば、相当な守備の練習になるでしょう。
レオが相手ならば、ボール奪取の練習や、ボールを失わないような練習をするにはうってつけではないでしょうか。
攻撃陣に対するマイケルしかり。
守備陣やセットプレーの守備に対する野津田しかり。

チーム全員で死力を尽くして準備して、そうして目の前の試合に勝つだけです。
最終戦に勝てばいいのです。


ピッチが近く、傾斜もほど良く、非常に観戦しやすい吹田スタジアム。
(アクセスがあれだけどw)
風雨を凌げ、ぐるり1周することのできるコンコースに、充実の売店。
(屋根が覆いかぶさり、風も通らないのでピッチを整えるの大変だろうけどw)
不快な敗戦ではあったけれども、ライバル全敗の強運も相まって、来シーズンも必ず戻ってくるぞと決意を漲らせた観戦後感でありました。
(天皇杯決勝で戻って来るというのもありだけど、大事なのは来シーズンも)
[PR]
by joehenderzone | 2016-11-01 19:11 | アルビレックス新潟 | Comments(0)