「ほっ」と。キャンペーン

アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2015年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

田村社長には、例えばアウェイのスタジアムなどで度々お見かけしましたが、個人的に最接近したのは、2013年皇后杯決勝のために大宮へ向かう新幹線でした。
急遽参戦を決めたために長岡から飛び乗った新幹線の自由席の中。
通路を挟んでお隣でした。

そういう状況だったので、「田村社長ですよね?今日は優勝できるといいですね」と大宮駅で降車する際にお声掛けをさせていただきました。

その時の社長のお返事は「あ、そうですが。はい」
そんな感じでした。

そりゃそうですよね。
不意に新幹線の中で、綺麗なお姉さんならともかく、見知らぬおっさんから声を掛けられれば。


これが前社長であったら、いやいやどもども、と低姿勢で名刺の一つでもすっと出すのでしょうが。


確かにひとつのイメージとして、田村社長は無愛想で、消極的なのは否めません。

しかし無愛想で営業トークが苦手?な社長だから?
消極的?な社長だから?
それが田村社長に対して、話の内容も聞かずにブーイングをする理由なんでしょうかね?


ビッグクラブと比べれば財政的に苦しいアルビを、田村社長は毎年毎年よく遣り繰りしてきたと思いますよ。
(自由席ですよ! ←そこ⁉)
その財政を支えてくれているスポンサーへの感謝の挨拶を述べている最中に、その内容も聞かずにブーイングをするなんて、幻滅してしまいました。

万が一、このブーイングを聞いていたスポンサーが離れてしまったら、責任を取れるのですかね?
減収分を担保できますか?
そうなってしまっても、やっぱり社長の責任ですか?


おそらく、今シーズンの結果を受けて、社長がマイクの前に立ったらハナからブーイングをしてやろうという節があったかと思います。

しかしながら、少なくても今シーズンは社長も、クラブも勝負を懸けていたのが、開幕前から伝わってきました。
私には。

核となる選手達はほぼ残留。
山崎や前野の加入。
セレソンのコルテースとの契約。
タイトルを狙って、魅せる試合で集客をはかるために招待券も控えて勝負を懸けていましたよね。
お膳立ては整えたはずです。


だから今年に関しては、怪我人が多かったという言い訳はあるにせよ、むしろブーイングされてしかるべきなのは、社長ではなく監督ではなかったのではないでしょうか?



監督の契約満了のニュースの中で、このブーイングの件が忘れられそうなので。
そしてあのブーイングが、ゴール裏の総意ではないことを添えて。
[PR]
by joehenderzone | 2015-11-11 13:25 | アルビレックス新潟 | Comments(4)
平松宗が開幕から暫く先発で使われた時期に、平松宗ってどっかの宗派みたいだよねなんて話が出て、その時に私が他力本願時派だねなんて軽口を叩いていて、それ以来、平松宗他力本願時派ってのは自分の中では流行していたのだけれども。
本当に最後まで他力本願で残留という目標が成就するとは、とほほです。
ちなみに、戦犯として平松宗の名前が頻繁に上げられているのを目にしますが、私は平松宗は嫌いではありません。
むしろ好きです。
この日も宗なら湘南に対して走り負けないのではないか、と思っていました。
戦前は。


さてそのホーム最終戦。
今季最低の試合だったと言っても過言ではありませんよね。

勝った試合に関しては、新潟はこの順位にいるチームではない、なんて評価をよく耳にしました。
しかしながら負け試合、特にこの日をみる限り、残留争いをしているチームであることに納得する内容だったのでなないでしょうか。

前半から飛ばしに飛ばす湘南に対して、後半になれば何か糸口が見つかるかな?と思ったものの、後半開始直後の攻勢だった時間に同点に追いつけなかったのが痛かったですね。
セカンドボールは拾えない、ボールを保持してもすぐさま、人数を掛けて奪いに来る湘南に対して、後手後手にまわるアルビ。
湘南がやっていたあのプレスと、縦に速い攻撃は本来新潟が目指していたものではないのか?
いやかつて新潟が行っていた、あの2013年のサッカーではないのか?
なんだか遠い目になってピッチを、選手達を見ていると、無性に涙が出てくる試合でした。


どうしても悪いところばかりが口を突いて出てくるゲームの中で、何とか良いとこ探しをしてみると・・・。
うーん。
よくぞ、守田のケガも、山崎ギュンのケガも、そして指宿のケガも試合当日の朝まで隠し通しましたね。
というところでしょうかw
非公開練習と緘口令の理由はこれね、と納得しました。

まあ、指宿に関しても、試合開始前のアップからピッチに出ていなかったことに気付いていた人は気付いていたけれども、私は気付いていなかったから鈍感なのかもしれないけどねw


他力本願であるけれども、内容には非常に不満ではあるけれども、残留には安堵しています。
1年通しての結果ですしね。
そして1年通しての実力が、やっぱり下から4番目位だったということでよね。



さあて、残留が決まったから、毒を吐こうかな。
[PR]
by joehenderzone | 2015-11-09 17:54 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

皮算用

何とか忙しさのピークは越えました。
名古屋行かなくて良かったなぁ。
ナビスコ決勝行けなくて良かったなぁ。
なんて、これっぽっちも思っちゃあいませんでした。
テレビの前で、昼間っから酒をかっ喰らって、管を巻いていましたw

それでもどうにも納まりが付かずに、五十公野まで行ってきちゃいました。
そのレディースホーム最終戦、前半終了間際の失点には落ち込んだものの、後半ラファエル大作戦ならぬ、円美大作戦で追いついた時間帯から暫くは、ひょっとして逆転で首位!?
何とか凌いで凌いで引き分けに持ち込んでも残り試合に優勝の望みが繋がるなんて思ったものの、アディショナルタイムラストワンプレーで失点で試合終了。
そうしてご存じのように先週末には、試合をする前にベレーザの優勝が決まってしまいました。
しょぼーん。


振り返ってトップチーム。
ホーム松本戦の後の前エントリーでは、
「できれば冒頭の二人がゴールを決めて、また酒を飲みまくりたい」なんて言ってしまって、しかもその二人、山崎ギュンと指宿が見事にゴールを決めたにもかかわらず、残留はお預け。
レディースとは反対に、前半の終了間際の絶好の時間に、山崎がギュンギュン決めてくれた時には、他会場の経過も相まって、残留どころか一気にジャンプアップを頭に思い浮かべていたのですが。
しょぼーん。

それどころかまたしても残留争いの渦中に。


残り2試合。
勝点差は6。
得失点差は8。
最悪アルビ2連敗、山雅2連勝で得失点差勝負。

まぁこっちは1分けでも十分なのに対し、向こうは1敗も許されない状況なのだから絶対的有利の皮算用。
とにかくホーム最終戦を勝って残留を決めれば良いのだよ。
とこちらも皮算用。


どんなに計算しても目の前の一戦を闘い抜くのみ。
選手達は練習を非公開にしてこの一戦に臨むのだから、我々も我々にできることを全力でやりきるだけです。



えーと。
まずは選手へのラブコールを書いて、
それから坂井商事のスーツの採寸予約をして。
そんでもって祝勝会でしこたま飲むためにドリンク買って、
その後のお泊りの準備と、あと2次会のカラオケの予約かなw
[PR]
by joehenderzone | 2015-11-05 19:58 | アルビレックス新潟 | Comments(0)