「ほっ」と。キャンペーン

アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

康裕(といってもその時は誰のゴールかわからなかったけれども)のシュートがゴールマウスの隅に吸い込まれた瞬間、目の前だったこともありゴール裏は狂喜乱舞。
ただね、私は康裕がサポーターの元に看板を飛び越えてダッシュで駆け寄ってきたから(この時に決めたのが康裕だとわかったのだけど)、そして久しぶりの後半の得点(つまり新潟サイドでの得点)だったから、とにかく、選手来たよ!選手来たよ!康裕だよ!康裕!と叫んでいたために、前後左右で繰り広げられる、前後不覚のハイタッチ祭りに乗り遅れましたw
でもね、いつも思うのだけれども、まずは選手と喜ぼうよ。
今回などは、選手自らがサポーターと喜びを分かち合おうと駆け寄ってきたのだから。



と勝利の喜びに水を差しておいて試合の回顧です。
絶対勝たなければならない試合。私は、絶対勝つと思いましたよw
事実ハーフタイムにサポ仲間に伝えていました。
仙台の方が試合を支配している感じだけど、こういう時って劣勢の方がワンチャンスで決めちゃったりするんだよね、なんて。
だってアルビの試合はいつもそんなふうに評価されてるじゃない。ボールは支配していたんだけど、みたいな。
前回の広島戦もしかり。

確かに仙台はボールへの寄せが厳しく、新潟はセカンドボールも拾えない状況の前半でしたが、決してアルビの選手が悪かったわけではないように見えました。
言い訳をするならば、ピッチ状態が悪く、滑る選手やボールを運び損ねる選手が多く、慣れるまでに時間かかりそうだな、と思っていました(というか、プロならすみやかに順応しろって話ではあるが、ここでは不問に)。


そして、そのワンチャンスがやってきましたよ!
後方から放り込まれたボールに対して、裏に抜けた山崎ギュンが追いついて、キーパーと1対1に!
もらった!と思った瞬間に、後追いしてた仙台の選手がギュンを引き摺り倒しファール。
得点機会阻止でレッドだろ!レッド!という叫びが通じて、上本は一発退場に。
結果論になるかもしれないけれど、欲を言えばあのまま倒されずに1対1の勝負を見てみたかった気もします(その後がその後だっただけに)


これで数的優位なんだけど、何が良かったかというと、CB上本の退場によって、菅井がイン。FWが一枚削られるということで奥埜がアウト。
奥埜は前半にも、何度かエリア内に侵入してはシュートを放っていたし、ボールを運んでは効果的なパスも出していて、嫌だなぁと思っていたのでラッキーでした。
何しろ、ホームでは決定的な2得点をされていたからね。

アルビとしては、ボールを圧倒的に支配してじりじりと追い詰めていく。
仙台は前にFW一人を残してカウンター狙い。作戦ハモンロペスなわけだ。
アルビ3、ベガルタ1くらいのボール保持だったから、いくつかのチャンスが訪れて、拍手と溜息が交互まるで呼吸のようになって、得点は時間の問題、当たり前のような雰囲気がアルビサポーターに漂っていたのも事実。
だって、カウンターに注意して、ハモンロペスをケアして、低い位置でボール奪われなきゃいいのだからわけないのだよ。
しかし、低い位置でボール奪われてピンチになるんだなこれが。

そんなこんなで、ついに終盤に。
楽勝ムードから一転、焦りと悲鳴と怒号の結末が予測される事態に。一人多いからね。
だがしかし、私は残り10分が勝負とみましたよ。
というのは例えば、その前にゴールを決めてしまったら、緊張の糸が切れてきっと同点にされるだろう。同点にされてしまったらホームの利もあってあの鹿島戦みたいなことになるのでは、という嫌な思いが頭を過ったからです。

なんて。
勝ったから言えるのですがw

ゴールは決められなかったけど、ギュンの倒れ込みながらも放ってポストを叩いたシュートとか、ゴールを背にした位置から素早く反転してのシュートとか、尚紀が深く侵入してからの低いクロスに合わせたイブのシュートとか。
あのシュートが決まっていれば、なんてタラレバの話になるけれども、次に繋がるプレーも多かったのではないでしょうかw
ああ。
勝つって素晴らしいw




試合後はアルビサポ仲間のお友達であるベガサポ仲間にご手配いただいた宴会場にて、久しぶりの祝勝会!
飲んだよ!東北の酒!
食べたよ!東北の魚!

会場を出た時は日付が変わっていたけれども、カラオケに突入!
もちろん歌いましたよ荻野目ちゃん!
あれ!?
歌ったっけ?
♪ゴールドフィンガー♪を歌ったことは記憶しているんだけどw


ところでオフィシャルHPの画像とコメント。
我らのダンシングヒーローが、サポーターのチャントに対して、「熱くさせたぞ」の言葉で応えてます。
広報さんGJです。
うん、勝つって素晴らしい。
[PR]
by joehenderzone | 2015-08-31 21:24 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
試合を観ている時は楽しくて、胸が躍って、気持が高揚して、今日はこの試合からどの部分を切り取って記憶に残そうか、なんて思っているのだけれども。
歓声が溜息に変わり、選手が場内を一周して、スタジアムの空気が重苦しくなって、何なんだろ?どうしてなんだろ?と思ってしまう今日この頃。

特に広島戦。
引いて守る相手を崩すために、戦術や選手までを入れ替えて臨んだ2年間。
何なんだろ。


挑戦に対して、手放さなければならない物があることは仕方がないと思っていてもその代償への喪失感は大きい。
マンツーマンなのに、1対1で負けるなんて。
例え抜かれてしまっても、他の選手がカバーしてくれれば良いのだが、その選手も自分のマークを外してでもカバーに行くべきか迷いがある。
走ってなんぼの新潟なのに、スタミナで負けるなんて。
かつては走って走って、追い掛けて、例えボールを奪えなくても走ることで仲間を鼓舞した選手がいたけれど、昨今ではここぞという時間には走ってますよ、というアリバイプレー的なスタミナしか残っていない選手もいる。


バス乗り場までの帰り道に愚痴だか毒だかわからないものを吐いてるだけでは物足りず、飲んでは愚痴。寝ても愚痴。覚めても愚痴が続いて重い気分で出社する。
黒い言葉と青い気分。
混ぜ合わせたら明るいオレンジ色になればよいのだけれども。
サンフレッチェな紫色になってしまうのであるよ。
[PR]
by joehenderzone | 2015-08-24 19:41 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
タイトルに別段意味はないのですが、もしかして来シーズンはこのネタ使えないかな、なんて思ったりしたものでw
それにしても、この3つを並べると清水が「しみず」ではなく、「きよみず」に見えてくるから不思議なものですね。
(いやいや、見えてこない)


さてお盆休み連戦の清水戦。
この日は久しぶりに新潟は古町にて、長年スタジアムでご一緒しているサポ仲間親子と観戦。


序盤から一進一退。やや清水押し気味。
アルビはエリア付近までボールを運べるもののここまでシュートは0本。

そんな中、最初のコーナーキックを得た時に、「これ、ファーストシュートがゴールだな」と私は予言。
「いつも守備に残って参加していないコルテースが、エリアの中にいる」と少年。

反対サイドからの蹴り直しはあったものの、マサルのキックは指宿の前でジャンプしたコルテースが潰れたことで、見事指宿の後頭部を掠ってゴールマウスへ!
ほらね。
言ったでしょ。
ふたりともしたり顔。
これでこのまま勝っていたら文句なしだったんだけれども、結果はご存じの通りのドロー。


ちなみに清水サポのサイトを覗いてみると。
今季セットプレーから何回やられているんだよ!
これでセットプレーからの失点は19点目。
いいかげんセットプレーの練習をして欲しい。
とここは新潟のサイトかと見紛うばかりのコメントがズラリ。

セットプレーからの失点が多い(両チームとも)。
決定機に決められない(両チームとも)。
云々。
ぶーぶー(両チームとも)
そりゃあ、ドローが妥当な結果ですかね。
むしろ、追いかける清水としては勝点3は必須であって、攻めながらも1しか取れなかったことはホームでの試合ということもあいまって、アルビよりも痛手が大きかったように思えました。

いずれにせよ、目くしぃ鼻くしぃ。
目くさす鼻くさす。
残留争いをしているのが、よおく理解できる1戦でした。


ところで田坂監督に交代した清水。
先のエスパルスサイトによると、まずは守備の再構築から取り組んでいるという。
片やとにかく相手より点を取れば良しの新潟。

あぁ、考えるだけで怖い怖い。
雲洞庵の石畳を歩いて行くピーターウタカを想像すると。
あぁ、考えるだけで怖い怖い。
関興寺の味噌を嘗めているピーターウタカを思い浮かべると。

あぁ、考えるだけで怖い怖い。
残り10試合でこの差がどうなっているのか?を考えると。
結果がどうなっているのか?を思い浮かべると。
[PR]
by joehenderzone | 2015-08-20 07:00 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
夏風邪をひいてしまいました。
お盆は何かと忙しくてゆっくりと休めなかったのと、朝晩涼しくなったのにもかかわらず窓全開で寝ていたことが原因でしょうかね。
ま、そもそも12日に早めの夏休みをとって、お昼から新潟駅前でワインを飲み始めてからの、シャトルバスに乗る前にクラフトビールを飲みつつの、スタジアムに着いてから夕涼みをしつつもう一杯。
こんな暴飲がたたっての結果かもしれませんが。
さてさて、そんなことを言い訳にして今更な浦和戦。

正直、2-5で敗れたアウェイの浦和戦より悔しかったですね。
あの時も、この日のゲームと同様に前半の20分ぐらいまでは新潟ペースで、浦和の攻撃を凌駕していた部分もありました。
ところが、え?それPK?てな判定をされて(お返しもありましたが)、試合を壊されちゃったよなんていうのを言い訳にして、次こそはなんて思っていたのですが。
この日の試合を見ると埼スタでの前回の対戦で、たとえあのPK判定が無く、先制されなかったとしても、勝てなかっただろうなという思いを強くしました。
こりゃ、なかなか差は縮まらないな、と。


もうご承知の通り、アルビのハイプレス・ハードワークによって当初は浦和を押し込めていました。
予想以上にそれは上手く機能して、喉から手が出るほど欲しかった先制点を得ました。
前回浦和に勝利した2006年の試合は、アルビが先制したことを知っていたからこそ、期待に胸が膨らんだのですが・・・。

先制されても浦和の選手達は焦っていませんでした。
新潟が勢いに任せて追加点を狙い、前へ前へと出てくるところを寧ろいなされてしまいました。
ハイプレスの網にかかる前に、早めに前方にフィード、あるいは速いボールでサイドに展開。
新潟の両サイドバックが上がっているスペース目掛けてボールを放り込んでは勝負。
下位チームの選手に対しては負けない、コルテース、尚紀も何度か持ち堪えてはいたのですが、突破されクロスを許してしまっていました。


確かに先制はしました。
前回の5失点に比べれば、惨敗という印象は薄いかもしれません。
しかしながら1-2というスコア以上に、力の差をまざまざと感じてしまった浦和戦でありました。

それでも例年であれば、来シーズンはこの差を詰めることはできるのだろうか!?
いやいや、今年でこの差なんだから、来年はもっともっと差が開いてしまうのではないだろうか!?
とにかく今年も勝てなかった。ちくしょー。

となるところですが、今年はご存じのようにナビスコカップですぐさま再戦。
今年のうちに、両チームのこの差は埋まっていくのでしょうか?
ゲームを通して、うまくいなすことができるようになるのでしょうか?
実はそれほど悲観的ではなく、密かに楽しみにもしています。

ただし、このままじゃだめですよ。
閉める扉は閉めて。
締まる鍵は締めて。
こじらせないように秋を迎えましょう、な浦和戦でした。
[PR]
by joehenderzone | 2015-08-19 18:49 | アルビレックス新潟 | Comments(0)