アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2015年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ナビスコカップ第2節に先立つ金曜日の代表戦。
川又堅碁が追加召集されたのは知っていたものの、先発したのにはびっくり。
応援したいんだけど、心からは応援できていないというか、決めろと思っていても、外してほっとするようなそんな複雑な気持ちで画面の向こうを眺めていました。
堅碁のヘディングがクロスバーを叩いた瞬間、その複雑さが頂点を極め、やがてなんともいえない懐かしさが新潟サポの周りには漂ったのではないでしょうか。

堅碁が必死になっても決め切れなくて、交替で入った選手が結果を出す。
そんな場面も、堅碁が岡山へ修行へ行く前に良く見た気がしましたが、堅碁の惜しいシュート以外に最も「うおぉぉぉぉ」と声が出たのが宇佐美が放ったシュート。
香川にボールが渡って、その外を駆け上がってくる宇佐美。
ここ!って所で敢えてボールを出さずに、もう一呼吸おく香川。
その溜めた間に、相手が香川に引き寄せられてできた背後のスペースへパスを出し、宇佐美は見事にキーパーと1対1に。
あとは、ファーにボールを流し込むだけでボールは3点目の美しいゴール目指して転がっていったのだが。

宇佐美自身もゴールを確信して、パフォーマンスどうしようみたいに考えてたはずだし、サポーターももう諸手をあげてバンザイ、ハイタッチ準備完了な感じ。
あぁ、しかしボールは無常にもポストの「内側」にあたったにもかかわらず、ご存知のようにゴールラインを割りませんでした。



さてナビスコカップ広島戦。
サポ仲間とそんな堅碁のバーや、宇佐美のポストのことを笑っていたら、アルビもそうじゃん!ってな試合。
ポストやバーに嫌われた場面が何度あったことか。

引いてがっちり守る相手に対して、崩せるかどうか真価が問われた一戦。
結局得点は記録されなかったのだから、悔しい結果でした。
しかしながら、守りを崩せずに、ペナルティエリアの外側をボールが左に行ったり、右に行ったりしていた昨年までよりは進化したのではないでしょうか。

サイドバックが左右ともに、果敢に攻め上がり、時にエリア内まで進入してパス交換して、シュートまで持ち込む。
この辺ではないですかね。面白かったのは。

基本的に広島はこちらが攻めあがる前に守備陣形を整えてがっちり守るのだけれども、その陣形が整う前に攻め込みたいのがアルビ。
その前掛かりになったところの裏を狙いたい広島は、寿人へボールを蹴りこんでくるか、サイドを使って中へ早いパスを折り返す感じだったかな。

敢えて餌を撒くというか、サイドバックも含めてスピードアップして、前掛かりになると見せかけて広島が蹴りこむボールを拾ってからの、もう一度縦に早い攻撃を仕掛ける。
攻守の切り替えが早く、アップダウンを繰り返す走りをしなければならざるを得ないような展開、いわば新潟のペースに持ち込んだ時に、とってもとっても得点の匂いがしたんだけどなあ。
後半の30分くらいだったかな。


両手を高く天に突き上げて、喜びを爆発させる寸前まで何度も何度も行ったんだけどなあ。
おもしろいサッカーがつまらないサッカーに勝つまで、我々はもう少し辛抱が必要なようです。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-30 18:36 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
最近のナビスコは水曜開催が多かったから、なんか今日はナビスコな気がしないのは、暖かな気候のせいだけではないでしょう。


休日開催のナビスコだから、早めにスタジアム入りをして、ビールでも飲んでなんて思っていたものの、午前中にやらねばならぬことが山積みだったので、今ようやく、新幹線の車中の人となりました。


1点を取られるのは仕方ないから、2点3点を取るサッカーをする。
ヤンツー監督はそんなコメントを残しておりましたが、果たして今日の広島には通じるか?

1点取られたら1点取り返すのが難しい相手だと思いますので、本日は先手必勝でお願いしたいところです。


では。
今日もバンザイしましょうね!
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-28 13:12 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

長岡に生まれて

今でしょ! の林先生がMCを務める深夜番組『林先生の痛快!生きざま大辞典』が昨晩(一昨晩か?)最終回を迎えた。


と言うと、毎回欠かさずに見ていたように思われるかもしれないけれども、毎週見ていたわけでもなく、0時台に放送開始なこともあって、目に留まった時にだけ見ていたというのが正直なところ。

ただし、見始めたら見始めたで途中で布団に潜りこむことなく最後まで見通してしまう面白さがあったことも事実でした。


内容は偉人伝なので、まあどの局でも手を変え品を変えて作る番組のひとつであると言えるのですが、現代文講師である林先生が、偉人の言葉や名言を取り上げ、彼らがどう生きたかはもちろんのこと、林先生がどのように自らの糧にし、血肉としていったかを語る番組でした。(言い過ぎ、褒め過ぎか⁉)


ちなみに、私が記憶している範囲では、赤塚不二夫、手塚治虫、桂枝雀。
スポーツ界からは、野村克也、松井秀喜。
最近では、スティーブジョブス、孫正義が取り上げられていました。


さて、そんな番組の最終回。
林先生が小学3年の時にその存在を知り、それ以来その生き方から多くを学んだという人物でした。

それが、私も敬愛して止まない故郷の偉人、長岡藩家老、最後のサムライ河井継之助でした。


継之助は、幕末に徳川幕府の終焉を予見し、来たるべき時代のために長岡藩の負債を解消し、加えて藩の資産を売却し欧米の最新兵器を購入して武装化します。
目指すところは、幕府側にも、討幕派にも与しない、スイスのような武装中立を目指しましたのでした。


結果は歴史が示す通り、その思惑通りには進みませんでした。
林先生曰く、彼が長岡に生まれなければ日本を背負って立つ人物になっていただろうと結んでいました。
司馬遼太郎も作品『峠』の中で、同様のことを述べていますので、異論はありません。


しかし、長岡を焦土にした継之助への賛否(番組中でも、長岡市民の中には嫌っている者も多いというくだりがありましたが)はありますが、長岡花火に繋がる平和を希求する市民の思いは、ここに原点があるはずだと、個人的には思っています。

※山本五十六が養子に行った山本家の先祖山本帯刀は、河井継之助と共に戊辰戦争で闘った長岡藩士。



番組では継之助の言葉ふたつを紹介していました。

『天下になくては成らぬ人になるか、有ってはならぬ人となれ』

『民者国之本 吏者民之雇(民は国の本 吏は民の雇い)』


うんうん。
そうだよ。
そうだよね。



しかし私はここで紹介されなかった継之助の言葉こそが、地方で、雪深く、田舎っぺな長岡市民である(加えてお金がないと嘆くアルビサポである)私の心に刻まれて指針となっているのです。


『不遇を憤るような、その程度の未熟さでは、とうてい人物とはいえぬ』




負ける度に、不遇を憤っている自分に反省。反省。

選手を引き抜かれる度に、不遇を憤っていることに反省。反省。

不遇を憤っている毎日に反省。
反省。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-26 01:20 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
リーグ柏戦に先立つナビスコカップを、長岡のごろえんでサポ仲間のサッカー少年Kと観戦しました。

試合開始までにラファエルの話になって、鳥栖戦の得点凄かったとか、次のシュートが決まっていたら結果はわからなかったとか、エジミウソン化まであと一歩だとか、エジミウソン化するよとか。


でもって柏戦。
3点目のゴール。
ラファがこちらに向かってくるシーンで大興奮。
ボールがゴールマウスに吸い込まれた瞬間、サッカー少年Kとハイタッチしつつ絶叫してしまいました!

エジ!エジ!エジ来たぁぁぁぁ‼
早く契約延長!複数年契約ぅぅぅ!
(エジではないが)



裏に抜けるスピード速し。
ゴリゴリと競り合うのも強し。
ドリブルも上手し。


そして康裕へアシストで魅せた、相手に囲まれた中から、アウトサイドでDFの背後に出したパスのアイデア。
このゲームの文句なしのMVPだと思います。



あれだけのものを見せられると期待してしまいます。
得点王!

ライバルはズバリ開幕以来同じくスーパーなゴールと、個人技で魅せているFC東京の武藤嘉紀とみています。


ラファエル シルバ 1992年4月4日生まれ。
武藤嘉紀 1992年7月15日生まれ。


23歳の若きストライカー同志が得点王争いをすると、Jリーグも盛り上がるんじゃないかな?
先ずは、次のリーグ戦でラファエルのバースデイゴールを期待します。



負けるなラファ。
そのためにも、まずはカードもらわないようにしなきゃね。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-24 23:59 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
柏戦はいつも劇的だ。
J1初勝利をあげた逆転の柏の葉。
PJがぶっちぎった日立台。
そして、終盤に追いついて勝ち越した2013年のビッグスワン。


一昨年の試合は、終盤に逆転を許した時に帰り始めた観客が大勢いましたが、最後まで声援を送った人達は勝ち組でした。

昨日の試合を観戦した人達も、やっぱり勝ち組でしたよね!
午後から天候が崩れる予報を覆しての好天。
決定力不足と嘆いていたけどアルビのゴールは3つ。
今シーズン公式戦負けなしで好調の柏相手に快勝。
そして今季初勝利!


中でも、田中達也選手のお子様誕生を祝う逆転ゴールには興奮しましたよね。
私も観戦仲間と、「今日は選手と一緒に揺り籠やるよ、揺り籠やるよ」と試合前に宣言をしていましたからなおさらです。
田中達也選手自身のゴールでなかったのが残念でしたが、それでも達也選手がまだピッチに立っている時間帯で、しかも我々Nスタンド側へのゴールでしたので、揺り籠パフォーマンスを目の前で見ることができました。
もちろんやりましたよ、揺り籠。
我々も選手達と共に。



ご存知のように、今年のスローガン(!?)はGOAL!
この日のように多くのゴールを産み出して、ビッグスワンを地鳴りのような歓声と拍手で揺らしてほしいものです。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-23 18:36 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
ホーム開幕戦の入場者数は1万9,000人(泣)
本日の新潟日報によると、酒の陣の入場者数は昨年と比べて2万1,000人増えたという。
もしも、増加分の2万1000人がスワンに来場していたらちょうど4万人のスタジアム。

ちぇ。
酒の陣にいっぱい喰わされた。
というか、酒だから呑まされた。



かつての満員のスタジアム時代、非日常でまるで祭りのような雰囲気を創り出していると自画自讃していたり、新潟は遊ぶ所がないからなんて揶揄されたりもしました。


確かに酒の陣は1年に1回の祭りです。
今年は、北陸新幹線の開通という一生に1回の祭り的イベントも重なったため、年に20回近くもあるビッグスワンでの祭りは割りを食ったことに間違いはありません。


しかしそこは割り切って、この歴史的イベントに乗っかるという手もあったのではないでしょうか?


もう一度、日報の記事から引くと、酒の陣には北陸新幹線から、新設された特急『しらゆき』を乗り継いでやって来た人もいたそうです。


これをヒントにすると、北陸新幹線の乗車券、特急『しらゆき』のチケット、3セク化され開業した越後トキメキ鉄道の切符を持っている人は、観戦チケット半額なども出来たのではないでしょうか。
ちょうどデンカサンクスデーだったのですから、糸魚川市民半額とかね。
いっそのこと、上越市、妙高市民まで範囲を広げてもいいしね。


さらに言えば、当日3月14日はホワイトデイだったじゃないですか‼
お返しに、メインスタンド『ペアシート LOVEチケ』とか、『VIPルームラブラブ チケ』とかね。

個人的には、義理チョコ返し用の『義理チケ』なんて笑えて良いと思う。
チケと交換で入場時に、守田や成岡、マイケルの生写真もらえるとかね。


あぁ。
考えればあれこれ出てくるのになぁ。
もう試合は終わってしまった。


あとの祭りですね。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-17 21:28 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
この試合ひと言で言えば、何かいい匂いに誘われて、漂ってくるその源を突き止めようと路地裏を彷徨って、角を曲がったその先のお店を突き止めたと思ったら、ガラガラガシャーン、と今まさに店主がシャッターを下ろしたところ、な感じ。
て、ひと言じゃないじゃん。



達也は裏へ抜け出すために、何度も何度も動き直して、そして何回かは絶妙なタイミングでパスを受けてゴール寸前まで迫った。

宗も裏に抜けて受けられれば、決定的という場面まであと少しだった。

山崎はエリア内で、「ぎゅん」ぐらいの音をさせていた。

ラファエルにはエジミウソンの姿を見たような気がした。遠慮なくゴリゴリ行けば。

レオのFKが相手GKの好守に阻まれなければ、ユウキのボレーが櫛引の指先とポストに触れなかったら。


匂いがするお店は突き止めた。
あとは、時間内に入店できるかどうかかな。



目的のお店に入れずに、挙げ句の果てに何軒かはしごをしてしまった上に、散財してしまった土曜日でした。
いや、ホントに。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-16 23:36 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

La FAMILIA

記憶を辿ると、きょねはコレオやってない気がします。
唯一参戦しなかった、セレッソ戦で実施したのかな?


さてLa FAMILIA。
コルテースを新潟の一員として歓迎するメッセージでしょうか。
10番を付けたラファエルへの激励でしょうか。
今季もチームに残ってくれたレオへの感謝でしょうか。

ブラジル人選手はもちろん、スタジアムへ観戦に来ている彼らの家族に向けても、素晴らしいメッセージだと思います。
それ以外の選手達に対しても、言わずもがなですが。


最近、私は、家族の一人を失ったのですが、それでもアルビサポの多くの仲間が支えてくれました。



La FAMILIA



私達のホームです。
一丸となって闘いましょう



ところでキックオフに間に合うのかな?
オレ。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-14 11:57 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
アウェイゲームも含め、年に何回か中継を行ってくれているFM PORTさん。
今シーズンから、ホームゲーム全てを実況生中継していただけるそうです。


明日の試合の実況は、激励会で2年連続で司会進行され、県内各地で行われるアルビレックス新潟の選手参加のトークショーでも司会を務められている立石勇生さん。
解説は、俺らと共に闘うウッチー、内田潤。


立石さんは、ご自身でも「佐渡ときマラソン」や、「佐渡ロングライド」にも参加されているほどのスポーツフリーク。
バスケBBも実況担当していますが、とにかく現場に自ら足を運んで、取材し、選手の声を伝えてくれています。
毎週土曜日午前9時からのアルビフリーク(バスケは8時台)は、キャンプ情報、移籍情報、選手のインタヴューも含めて、一番の情報源だと思っています。




さて明日のホーム開幕戦。
雪がちらつきそうだし、寒そうだし、ラジオ中継もあるし、地上波テレビ放映もあるし、現地観戦はやめようかなんて思ってる皆さん。
確かに昨日の聖籠は雪で覆われ、当初予定していたフルコートでの紅白戦を行えなかったほど、新潟は厳しい天候です。
結果、雪を除けてハーフコートでの公開練習に変更になったようです(アルビフリークのFacebookより)。



しかしながら、試合に向けての練習が行えたのも、スタッフはもちろんユースの選手達が必死に除雪してくれたおかげだと聞いています。
ホーム開幕戦に向けて、昨年の最終節が開催できなかったことも相まって、選手もスタッフも一丸になって頑張っています。
我々スタジアムに足を運んでサポーターも力を与えましょう!





【追記】
ちなみに試合を観戦しながら、ラジオ中継を耳にするというのは我々ゴール裏の住人にとっては難しいかもしれませんが、メインやバックスタンドでじっくり観戦される方は、ウッチーの解説付きで試合を俯瞰するというのも良いのではないでしょうか。
なおスマホやPCから聞くことのできる radiko(ラジコ)だとタイムラグが生じるため、スタジアムで聞く場合はアナログでお聞き下さいとのこと。

そうしないとシュートを放った数秒後にボールがゴールマウスに吸い込まれているのに、「武蔵の強烈なシューーーート!」なんてことになるようです。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-13 17:55 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
相変わらず吹雪いています。長岡は。
新幹線が一番確実な交通手段。こんな悪天候の時はよくそんな言葉を聞きます。
そんな新幹線も4年前のあの日は止まっていました。
大混雑の新潟駅まで嫁を迎えに行ったあの日、長岡行きの高速バスには長蛇の列ができていました。


そんな上越新幹線。北陸新幹線の開業によって減便が危惧されましたが、3月14日にのダイヤ改正では、その本数はほどんど変わらることなく、まずはひと安心しました。
ところが現状のダイヤが維持されるかどうかは利用状況に依るところにもかかわらず、心配なことがあります。
それは、ドル箱(と思っているのは私だけかもしれませんが)である新潟-長岡間のSきっぷが、3月13日をもって廃止されることです。


新潟-長岡間のSきっぷ現在値段は往復3,000円。
これに替わって発売されるWきっぷの価格は4,200円。
片道600円、往復で実に1,200円もの値上げとなります。


これは痛いです。
ホーム開幕のこの土曜日からダイヤ改正ですので、長岡から試合観戦する際に新幹線を使うと、リーグ戦だけで年間17×1,200なので20,400円。
約10試合試合観戦できます。およそ2口分後援会費を支払えます。

これに応じる策として、Sきっぷ回数券の購入をお勧めします。
通常、発券機でSきっぷを購入すると有効期間は2日間ですが、4枚で1セット(2往復分)のSきっぷ回数券は3ヶ月後まで有効です。
ですから終売日の3月13日に購入すると6月12日まで利用することができます。

試合日程でアルビのホームゲームを確認すると、リーグ戦は6月7日(日)の名古屋戦までの7試合、ファーストステージはホーム全試合が範囲内です。
ナビスコカップは土曜日1試合、水曜日2試合となので、合計10試合分が有効期限内となります。
つまり、差額は12,000円。
およそ6試合分。後援会費1口分です。


そもそも新潟長岡間の正規の値段は2,980円であるので、Sきっぷ自体がほぼ半額に値するお得な切符であったことは事実ではあるのだけれども、片道2,100円という金額は、新幹線を利用しない場合の片道1,140円や高速バスを利用した場合の片道980円と比べるとあまりにも高すぎます。
まさに時間をお金で買うこととなるのでしょうね。

試合後は祝杯をあげて帰りたいので、車で行くことはなるべく控えたいし、どうせ酔っぱらって夢見心地で長岡まで帰るのだから在来線で帰宅することも問題ないのですが、その一方で長岡まで関東のサポ仲間と一緒の新幹線で帰りたいという気持ちも捨てがたいのです。
セカンドステージはどうしようかと今から頭を悩ませています。


北陸新幹線開通と、ホーム開幕の浮かれ気分を前にして、私の財布はちょっと吹雪いています。
[PR]
by joehenderzone | 2015-03-12 13:01 | 新潟あれこれ | Comments(0)