アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

社員旅行の帰路、バスの中で鑑賞したDVD『スウィングガール』。
これで4度目くらいかな。
テレビで再放送される度に、ついチャンネルを変えずに見てしまう。
いつもホロリとさせられて、そして熱くさせられるんだよね。

期せずして、この日から2日間、新潟ではジャズストリート開催。
当日は、旅行と試合で聞きには行けなかったけれども、翌日曜日にはいくつかの会場を巡りました。
型破りな演奏を魅せたカルテット。
ピアノ、ベース、ドラム、トランペット、サックス。
それぞれの個性がぶつかって、一見(いや一聴か?)すると不協和音のように聞こえるものの、その個々のアドリブがいつしか同じ絵を描いて、聴衆の心を揺さぶり始める。
演奏者が楽しむ。
そして、聞く者も楽しみ、魂が踊りだすような感覚に。

それにしても、見事なスウィングっぷりでしたね、アルビ。
先週の後半10分と、この日の前半10分の振れ幅の大きいこと。
確かにあのPKはいかがなものかと疑問符がつきます。
レオの責任ではないよと庇ったりもします。
1点目は事故のようなものだから、たっぷりある残り時間で追いつけるはずだったし、その直後、ゴール前での達也のパスをケンゴが磐田戦のように体ごとゴールに押し込めば、流れが変わったはずなんだけれども。


理由や言い訳は山ほどあるのは承知だけれども、選手がも楽しんで、そしてピッチ上に同じ絵を描いていく。
そんな選手のプレイを見て俺らも心を揺さぶられたいよね。
もう、今日は湘南戦。
対戦相手とか、条件とか、気温だとか、天候だとか。
いろいろ状況はあるだろうけれど、まず第一に今日はサッカーを楽しんでほしいね!
[PR]
by joehenderzone | 2013-07-17 18:00 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

日程くん2013

シーズン開幕前に日程が発表されて、一番気になることは、もちろん開幕戦の相手とホーム開幕の相手だと思います。

その次は、何でしょうか?
最終節の相手でしょうかね?
札幌とか、関西のチームとかアウェイ遠征日程も気になりますね。
今シーズンだと、大分と鳥栖でしょうか。
例に漏れず、我が家では大分と鳥栖を天秤にかけました。


ところで、私が2番目に気に掛けているのが7月の連休。
つまりこの3連休。
私の会社は、幸か不幸か毎年この連休の前後を利用して社員旅行を実施しているのです。
リスク分散?のため、1泊2日、2泊3日の行程がいくつか用意されて、個人個人でコースを選択して各地に散ります。
その賛否はともかくとして、毎年期待するのが、旅先でアルビアウェイゲームがあるか否か。

残念ながら今年はホームゲーム。
昨年もスワン。
一昨々年も清五郎。
興行的には嬉しい3連休でのほゲームではありますが、個人的には毎回頭を悩ますことになります。


それに加えて、今年は遂に昇格後初めて長岡祭りと被ってしまいました(>_<)
あっちも行きたい。
こっちも行きたい。
そんな葛藤が過密日程に輪をかけます。


ということで本日のホームゲーム。
試合に間に合うべく、ただいま灼熱の群馬県を出ました(汗)
[PR]
by joehenderzone | 2013-07-13 14:03 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

置換

劇的な柏戦からごくわずか。
柏を新潟に。
新潟を磐田に。
ブロガーは書き換えて。
読者は読み換えて。

そしたら不思議。
あら同じ。
磐田サポの気持ちが良くわかる。
柏サポの気持ちも良くわかる。
[PR]
by joehenderzone | 2013-07-11 12:53 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
実にアルビらしい勝利でしたね。
技術や、試合運びの点では劣っていても、最後まで走り抜き、諦めずに逆転する。
J1昇格後にビッグスワンで見られた光景が蘇って来たようでした。

ここ数年のアルビは早い段階で先制されると、時間がたっぷりあるのに焦って自滅したり、リードしていても終盤に追いつかれたり、逆転されたり、といった試合が多かったために、残り時間10分を切った時点で逆転された時には、ああやっぱりまたかと席を離れた人の気持ちも分からないわけではありません。
残念ながら、憔悴感の方向へ針が振り切られてしまったのでしょう。

この試合ほど、感情の振り子が大きく左右に動いた試合はなかったのではないでしょうか?
それだからこそ、近年まれにみる劇的なゲームになったと言えるのではないでしょうか。

まずは試合前。
ものすごい集中豪雨の中、チア( Jr か?)が登場。
バケツをひっくり返したような天候の中、いつもの10倍増しの拍手喝采を浴びる。
続いて、この日復活したヒガシの登場で、針はポジティブ方向へグッと振れることになる。

この日の選手入場は、いつものエルビスではなく「アイシテルニイガタ」
もちろんNスタンドのコレオもきれいに「アイシテルニイガタ」の文字を浮かび上がらせた。
試合開始と共に晴れ上がった夕空に、大きな虹がアーチを架けて、振り子は初めてポジ方向へ振り切れた、

さて前半。
練習試合で90分間出場した達也に、フル出場の期待が高まりましたが、ピンボールみたいにボールが行ったり来たりして最後は達也の頭部に直撃してダウン。
達也だよ。
達也大丈夫か?
担架で運ばれた。
立ったよ。
ピッチに戻った。
あれ?岡本が準備してるよ。
達也アウトだぁ。
えぇぇぇぇ
てな具合に、振り戻される。

チャンスも何回かありましたが、全体を通して、「あ、やられるな」という場面が何度もありましたよね。
余裕のある時間帯に、東口に対してバックパスでも何でもいいから、ボールを預けて触らせてあげればいいのに、と思っていました。
序盤から、相手のCKが続いたので、冷や冷やしましたね。
前半終了間際のCKの時などは、もはや両手を合わせて祈る状態。
なんとかネガ方向に振り切れることなく、前半を終えました。


ハーフタイムにサポ仲間に対して、「こういう試合は攻められている方がワンチャンスで決めたりするから、先制点はウチだね。開幕のセレッソのように」なんて薀蓄たれてたら、後半最初のチャンスでケンゴのヘッドが炸裂。
「ほら、言った通りでしょ」なんて感じで、拳を握り締めながら興奮最高潮。
ポジ方向へ一気に揺り戻し。

しかしながら、先制されて目を覚ました柏は、これまで以上の猛攻でアルビを攻め立て、それに付き合ったマイチームはあっさり失点。
う-ん。
焦らずに落ち着いてほしいんだけれども。

以後、後半はほぼ柏にペースを握られて、セカンドボールが奪えない状況で進んでいく。
こっち側で試合してほしいなぁ。
振り子はゆるりと戻ります。


我慢、我慢。
耐えろ、耐えろ。
凌げ、凌げ。
それにしても、我慢も限界だろう。
てな時間帯に、セットプレーからの失点。
前述の通り、帰路に着く人達が出る始末。
事実私も、ネガティブな方向へ振り切れていたのは否めませんでした。

ヒガシの復活。
アイシテルニイガタのコレオ。
新潟日報さんの4万人プロジェクト。
こういう大事な試合を落としちゃうんだようなぁ、と。

ケンゴはもう力尽きています。
膝に手を落として、屈み込まんばかりの姿勢で、菅野の前でとぼとぼ歩いています。
ボールが逆サイドにある時など、GKとDFの真ん中にいて、ロングボールを放り込まれてもオフサイドポジションという位置取り。

ケンゴがんばれ!
諦めるな!
て叫んでるけど、叫んでるこちらも、半ば諦めて、ケンゴお疲れさんというような焦燥感たっぷり。

ところが残り数分で、カウンター一閃。
アトムのスーパーゴール。
後で、映像を見るとその前のレオのスルーパスが超絶。
やってくれたぜ。
やったぜ。
でも、この前の大分戦のレオのスーパーゴールとかぶって、その後やられた記憶も蘇って来て、引分けでいいぞ、引分けでいいぞと叫ぶもう一人の自分。
振り子はがんがんと左右に振られます。

左右に振られたのは、疲れ切っていた柏の選手も同様で、アトムが受けたボールに、レオとケンゴが囮になって、フリーのヒデに。

もうこの時点で、振り切れていたよ。
私の感情の振り子も。
そして柏のDFも。

撃て!撃て!撃て!
撃ったぁぁぁ
決まったぁぁぁ

ヒデ!ヒデ!ヒデ!
うぉぉ

ガッツポーズ!
両手ばんざーい!
ハイタッチ!ハイタッチ!ハイタッチ!

毛根全開!
アドレナリン大放出!


あれから4日。
今日は、もう次の一戦、磐田戦。
揺り戻しがありませんように。
遠くから、応援しております。
[PR]
by joehenderzone | 2013-07-10 17:37 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
ちくしょー!
残り5分くらいで、やっぱり今日もダメだったかと諦めて、駅に着いたら寄り道をしないで最終の新幹線で帰ろうかと、腹積もりをしていたのに。

同点。
そして、終了間際に同点じゃねぇかよ。

おかげで、駅前で1時間1本勝負のジョッキ3杯じゃねーか。


ちくしょー!
飲み足りないから、コンビニで缶チューハイ買って、最終長岡行きじゃねぇか。


ちくしょー!
まだまだシーズン途中なのに、あんな試合を目の前で見せやがって。
おかげで、乾いてたコンタクトが潤ったじゃねーか。


ちくしょー。
まだまだ飲み足りないぞ。
家に着いたら、また飲んじゃうんだからね。


ちくしょー。
あんな試合、再開初戦からみせつけやがって。
まったく、アルビってやつは。
ちくしょーの極みだ。
[PR]
by joehenderzone | 2013-07-07 00:26 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

さあ、ビッグスワンへ

ご無沙汰しておりました。
カズゴールです。
中断期間中、あれやこれや書き残そうと思ってはいたものの、気がつけば再開当日(汗)

軽く予習と復習を。
まずは今後の日程を確認。

第14節7/6(土) VS 柏
第15節7/10(水) VS 磐田(中3日A)
第16節7/13(土) VS FC東京(中2日H)
第17節7/17(水) VS 湘南(中3日A)
第18節7/31(水) VS C大阪(中13日H)
第19節8/3(土) VS 清水(中2日H)
第20節8/10(土) VS 甲府(中6日A)
第21節8/17(土) VS 鹿島(中6日A)
第22節8/24(土) VS 川崎(中6日H)
第23節8/28(水) VS 磐田(中3日H)
第24節8/31(土) VS 浦和(中2日A)

今日からの2週間が厳しいですね。

ちなみに、中断前のおさらいです。

第1節(開幕戦A)●0-1C大阪
第2節(中6日H)●1-2広島
第3節(中6日A)△1-1大宮
N1節(中3日H)△1-1大分
第4節(中2日H)●0-2浦和
N2節(中3日H)○2-1C大阪
第5節(中2日A)○1-0仙台
N3節(中3日H)●1-2鹿島
第6節(中2日A)●0-2名古屋
第7節(中6日H)○1-0横浜
N4節(中3日A)●0-2鳥栖
第8節(中2日H)●2-3鹿島
第9節(中5日A)○2-1清水
第10節(中2日H)△1-1甲府
第11節(中4日A)○3-1鳥栖
N5節(中3日A)●1-2FC東京
第12節(中2日H)●2-3大分
N6節(中3日A)●1-2名古屋
第13節(中2日A)●1-2川崎

5勝11敗3分(21得点29失点)
【リーグ戦 4勝7敗2分】
【ナビスコ 1勝4敗1分】

中4日以上(5試合)3勝1敗1分(8得点5失点)
中3日未満(14試合)2勝9敗2分け(13得点23失点)
※開幕戦を除く


一概には言えませんが、日程が詰まって疲労が蓄積されると失点が多くなるのは否めません。
マンツーマン、ハードワークのマイチームにとって、この酷暑の中の連戦で、いかに回復するか・させるか、にかかっているのではないでしょうか。

ということで、傾向と対策。
勝手に星勘定です。

間隔が開けば○
中3日未満で2連戦目は△
3連戦目以降は●とすると。

第14節7/6(土) VS 柏
第15節7/10(水) VS 磐田(中3日A)  △
第16節7/13(土) VS FC東京(中2日H)●
第17節7/17(水) VS 湘南(中3日A)●
第18節7/31(水) VS C大阪(中13日H)○
第19節8/3(土) VS 清水(中2日H)△
第20節8/10(土) VS 甲府(中6日A)○
第21節8/17(土) VS 鹿島(中6日A)○
第22節8/24(土) VS 川崎(中6日H)○
第23節8/28(水) VS 磐田(中3日H)△
第24節8/31(土) VS 浦和(中2日A)●

4勝3敗3分
そして今日勝てば、この7、8月で5勝。
そうしたら、リーグ戦9勝10敗5分で勝点32。

うん、残留が見えてくるかな(←そこ?)

9月以降は、日程が詰まっていないからアルビには有利!?
でも、忘れないでほしいのは9月に入ると、残り試合数はもう10試合しかないということ。
そのためにもこの夏を乗り切って、勢いに乗りたいものです。


だからこそ、今日。
雨にも負けず、暑さにも負けず、誘惑にも負けず、
(俺には見える)4万人で選手の背中を押しましょう!!!
[PR]
by joehenderzone | 2013-07-06 09:57 | アルビレックス新潟 | Comments(0)