アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

いやぁ、レオシルバのゴールは凄かったですね。
あのゴールだけで、飯3杯食えて、酒3合くらい飲める、てな感じのシュートでした。
これまでは、ふかすことが多かったレオだけれども、後半にゴール正面付近でもらったFKをアトムに代わって蹴った時、相手GKのファインセーブで得点には至らなかったものの低い弾道であわやゴールかと思わせるようなシュートを放ったから、なんだかいけそうな気がしていたよね。
あの時間で、あのゴール。

本来ならば、アウエィチームは引分けで十分なはずだけれども、なにせ大分は今季未勝利。
初勝利目前で同点に追いつかれて意気消沈しているところ、アルビは相手を焦らしてワンチャンスの逆転弾を狙えばよかったのだけれども・・・。
相手のペースに合わせてしまって、カウンターを受けやすい展開に持っていかされてしまった気がするのは私だけでしょうか?
嗚呼、もったいない。
この落ち着かなければいない瞬間に、ウッチーも、イサオも、菊地もピッチにいないなんて。

思い起こせば、「新潟のゴールは偶然のゴール」と発言していたのは、昨季の菊地だったっけ。
それに倣うと、相手ゴールは必然のゴールばかり、と言っても過言ではない状態が続いています。
ナビスコFC東京の2つのゴール。
そして今回の大分の3つのゴール。
決勝点をあげた土岐田には 「左サイドから長いボールを入れると真ん中が空くことは分かっていた。そこを狙っていた」と言われてしまっているw

CBをサイドに釣り出して、真ん中へ折り返す。
マークしているFWがサイドに流れて来たのでそれと競り合うも、巧くポストプレーで落とされて、ボールはぽっかり空いたスペースに。
ど素人なので大きな顔では言えないけれども、これってマンツーマンの弊害だよね?
以前はこんな失点の仕方、多くなかったよね?
こんな失点の仕方が続かなかったよね?
確か鈴木監督の時代は、サイドからクロスを上げられても、真ん中で跳ね返すっていう守り方をしていたはずだけれども。

挙句の果てが、マークする選手しか見ていなくて、味方同士で激突の末の負傷交代。。。


中断期間があるとは言え、それ以降は真夏の過密日程が続く今季。
相当に体力を消耗するマンツーマンと、新潟の戦術。
しかも他所のチームは研究済み。
覚悟が必要ですよ、みなさん。


それでも、昨年に比べれば、偶然のゴール以上の得点力は上がってきているし、迫力ある攻撃を見せてくれているのも事実。
そして、不甲斐ない失点は中2日、中3日という試合で散見されるのに対し、1週間空いた場合は動きが良くなることもプラス材料。


ええ、覚悟はしましたよ。
いっぱい点も取るかもしれないけれども、点も取られてしまう。
一喜一憂。
ハラハラ、ドキドキ。
そんな試合がたくさん見られる予感がw
・・・杞憂に終わりますように。

さわやかな天候のもと、嫌な汗をかいてしまった。
そんな中断前最後のホームゲームでした。
[PR]
by joehenderzone | 2013-05-21 21:51 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
FC東京オフィシャルに掲載されていたこの企画

それオレです。
チケット持ってます。
たぶん、東京から戻ってきた際に運んで来て、まだ荷を解いていないダンボールの中にそのまま。
その開幕戦で配られた大判のパンフレットと共に。

Jリーグ開幕を特集するそのパンフレットには、10チームのスポンサー、チームカラーやその特徴とやらが解説されていたように記憶しています。
加えて、著名人が「私はこのチームを応援します」的なページがあって、縁もゆかりもないような人達が、(おそらく)応援する選手がいるからという理由だけでコメントを残していた。
例えばそのまんま東は、確か名古屋グランパスエイトを応援していたような気がするなぁ(地元県民が聞いたら泣きそうだね、Jリーグチームはないけど)。
地域色を打ち出す、とは言っても、さほど地域に根ざしていなかったんだなと思うわけです。
当時を振返れば、ですけれども。


さて、そんな1993年5月15日。
カズでも、武田でも、ラモスでもなく、『戸塚』の熱烈なファンだった仲間に連れられて行った国立。
(いや、その前年からナビスコカップとか、Wカップ予選とか足繁く通っていたんだけどね)
緑とトリコロールが入り乱れる、バックスタンドの指定席に座ってその時を待っておりました。

余談だけど戸塚ファンであるから、当然ベルデーの応援をすべく、緑のミサンガとかチアホンとか持っていたのはホント内緒ね。
今となっては恥ずかしいからw


その当時の認識としては、ゴール裏。何それ?てな感じでした。
そういえば、サンバが鳴り響いていたような・・・。

ヴェルディーの新外国人はオランダ人だよ。
オランダってサッカー有名なのか?
ブラジル人じゃなくて大丈夫なのか?
その程度の認識です。
その新外国人マイヤーが度肝を抜くようなJリーグ初ゴールw

コーナーキックでマリノスの選手「ちょん」キックしたよ。
はい。ショートコーナーなんて技(?)も理解していませんでした。
あれ?そっからシュート撃ったよ。
いいのか?それっていいのか?
入っちゃったよ!!!



あれから20年。
緑のグッズはオレンジに変わり、チアホンは声と拍手に変わって久しい。
そして大好きだった地元に戻る動機を与え、環境は激変した。
サッカーは子供だったオレを大人にしたのか?それとも大人になったオレを子供に戻したのか?最近さっぱりわからない。
それでも、スタジアムのゲートをくぐり、コンコースからスタンドに足を踏み入れた時に、カクテル光線の中に浮かび上がる鮮やかなグリーンのピッチが目に飛び込んでくるその刹那の高揚感は、あの時からずっと変わってはいない。

そしてこれからも、きっと変わらないだろうな。
サッカーを愛する限りは。



なんて感傷に浸っているオレですが、明日はもちろん国立には行けません。
あの時、抽選で外れた人達のように、画面の中に浮かび上がるピッチと選手を羨望の眼差しで見つめることとします。
[PR]
by joehenderzone | 2013-05-14 20:05 | サッカー | Comments(0)

トリプレッタ

2008年に加入以来、リーグ戦では4シーズンで1ゴールもあげられなかった男が、清水戦で初ゴールをあげるないなや、3試合連続ゴール。
しかもハットトリックで、実に3試合で5ゴールを量産した!

1ゴール目は、試合開始早々。
最初のコーナーキックから、ヘディングでズドン!
セットプレイから得点の気配がしないなんて言ってしまってごめんなさい。
ミカがキッカーだったんだねw

2ゴール目は成岡がボールを奪ってからのカウンター。
ふたりのパス交換とワンツーで、最後はケンゴにボールが戻り、キーパーをかわして流し込む!
ヘディングでしか点とってないじゃん、って言ってしまってごめんなさい。

3点目はレオが奪ったボールを、達也、ケンゴと素早く繋いで、フィニッシュはフェイントを入れつつ、左脚から利き足ではない右に持ち替え、ディフェンダー3人をチンチンにしてのスーパーゴール!
後半の初めに、キーパーと交錯ながら倒れこんだ時、這ってでも頭で押し込め、って叫んでしまってごめんなさい。

おみそれしました。


この日は、長岡駅付近ごろえんさんのご好意により、営業時間外からの観戦&ビール。
おかげでマスターを含め、わずか5人ではありましたが、3回のハイタッチも含めて、とても楽しく過ごさせていただき、そしてとても美味しいお酒をいただくことができました!


マスター、
またよろしくお願いします。

そしてケンゴ、
またよろしくお願いします。
[PR]
by joehenderzone | 2013-05-12 18:24 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
【潮目】
早さの違う潮の流れがぶつかり合う場所で、海面上に細長く伸びた筋が見える所。
流れゆく物事が向かう方向。また、情勢が変化するその境目。

昇格組ながらしぶとく中位を保っている甲府と、内容の良い試合を続けていると思われながらも下位に甘んじている新潟のぶつかり合い。
その年によって両チームが置かれている順位は異なるものの、その後の行方を左右する一戦になることが多いような気がしてならない。


試合前に届いたPREVIEWの慶行(本来は慶行氏や慶行さんと言わなければならないんだろうけれども、引退した途端に呼称を変えるのは個人的には好きではないので、従来通りに書かせていただきます。あしからず)のポイントチェックにはこうあった。
まず攻撃は必ずシュート、クロスで終わりたいですね。
大事なのはクロスを跳ね返された後のセカンドボールであったり、ボールを奪われた後に、どれだけ高い位置で再び奪い返せるか。
要は相手の守備陣形が整う前に、多少強引にでもシュートまで持ち込むことが大事です。ブロックを組んでコンパクトに守ってくる相手に対して綺麗にやろうとしすぎないこと。
シュート、クロスまで行けずに何度もやり直しているときに、自分たちのミスでカウンターを受けることは避けたいです。

それもあってか失点のシーン。
甲府にとっては、ほぼ初めて訪れたワンチャンス。
前方に長いボールを送られてカウンターを受けた時、「あ、やられた」と思ったのは紛れもない事実。
残念ながら慶行の予言は悪い方に当たってしまった。

しかしながら、得点のシーン。
良い方もまた当たる。
シュート、クロスで終わらせるシーンが増えた後半の序盤。
ケンゴの渾身のヘディングがゴールネットを揺らした。

連戦の末、中2日での試合。
しかも暑さの中で走りきった清水戦の後。
疲労のほどは計り知れなかったこの試合。
先制されて、追いついた。


返す波を耐え、寄せる波に乗って怒涛の攻撃を仕掛けるアルビ。
2点目を狙ったケンゴの地を這うような弾道から、くいーんと曲のがったシュート。
レオのゴール隅を狙ったミドルシュートには、思わず鳥肌が立った。
この試合勝てれば潮目が変る!!!


そう思ったんだけれどもね。


満ち潮の後に、引き潮あり。
終了間際の甲府の波状攻撃には肝を冷やし、何本かのシュートには仰け反りました。


そして潮目は変らず。


妥当といえば妥当。
リーグの大勢に影響を与えるわけでもなく。
それぞれの位置を脱するわけでもなく。
しぶとく中位の甲府はしぶとさを発揮し、下位に甘んじている新潟はやはり下位に甘んじたまま。
ぶつかり合った2チームは混じり合って交差することもなく、またそれぞれの方向へ流れていくのだった。
川中島といえば、川中島らしい一戦でもありました。
[PR]
by joehenderzone | 2013-05-09 22:58 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
日本平には何度か訪れたことがあるけれども、勝ったことってあったっけ?

自分の中では記憶に残らないほど、清水での対戦はなんだかほんわりしている。
ピッチがものすごく近かったり、見やすいスタジアムだったり、そこから見える海や富士山にやられたり、パルちゃんにやられたり、そして清水の人達のホスピタリティにいつもやられているからだろうか。

そんなことで、今回も海や、富士山や、パルちゃんにやられながら試合開始を迎えたわけであるけれども、一番やられたのは日差しを真正面に受ける暑さでありました。
そんな事情もあってか、清水側(?)が逆エンドを選択。
前半はこちらのゴールへ攻め、後半は黒河が西日をまともに受けることとなりました。

そんなことだから、序盤のうちにゴールの瞬間を間近で喜び合って、逃げ切りを期待したものの前半はスコアレスで終了。
ただ、前半の途中で早くも投入された達也がFWの位置に入ってからは、何度か流れの中でチャンスを作ってました。
達也のグラウンダーのクロスから、ケンゴがゴール前で足を伸ばして滑り込んだときには、決まった!と思ったんだけどね。

後半、体力と運動量を心配したんだけど、比較的早い時間に、川口尚紀の突破から、ゴール前にあげたクロスをケンゴがズドン!
続いて、またもや川口尚紀のサイドから突破口を開くと、ゴール前でつないで最後は成岡が2点目をゲット!!!

て、いずれも向こう側で、さらにはゴール付近とペナルティエリアがちょうどスタンドの影になっていて、はっきりとは見えなかったんだけどね。
成岡のゴールなんて、あ、当たり損ねたよ。
ころころってキーパーの動きと逆に転がってくよ。
そのまま、入れ、入れ、入れ、入った!!!
そんな感じでしたw

いやぁ、勝つって素晴らしい。
勝つって素敵だ!

ここまでかかった旅費とか、チケットをチェックインしたホテルに置き忘れたために再び買い直したことや、スタンドにこぼしてしまったビールとか。
全部ちゃら!な感じ。

翌朝、目を覚ましたら、左目が結膜炎に罹って目が真っ赤になっていたことも。


2-0から1失点してしまったことも、チャラにしたいけど、あの1失点で最後の10分間でかなり体力を消耗してしまったのも事実。
ハードワークが信条のマイチーム。
あの暑さの中、走りきったことが明日のホームゲームに影響しなければ良いのだけれど。

そんな心配が杞憂に終わるように、明日の甲府戦は目を真っ赤に血走らせながら全力応援をしますよ!
[PR]
by joehenderzone | 2013-05-05 22:25 | アルビレックス新潟 | Comments(2)
あれだけ攻めていながら、一発に泣いた開幕戦。

FWの駒を揃えたのに、得点するのはディフェンダー。

押しているのに、勝ちきれない試合。

チャンスが巡ってきたのに、ゴールを決め切れないFW。
そして急造FWなのに、きっちり決めた成岡。

ここぞマンツーマンなのに、やられてしまうセットプレー。


噛み合ってない歯車。


清水に行きたいのに、終わらない仕事。
仕事が山積みなのに、連休の狭間の月末月初。

休むための残業。
休むための徹夜。


噛み合わない歯車。
噛み合わせたい歯車。

そうして今、清水に向かって各駅停車の電車に身を委ねました。
[PR]
by joehenderzone | 2013-05-02 11:21 | アルビレックス新潟 | Comments(0)