「ほっ」と。キャンペーン

アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー

<   2011年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

甲府の20番。
よく動くし、ここと言う場面に必ず顔を出していた。
攻撃はもちろん、守備でも。
いやぁ、よい選手だ。

ハーフナーマイク不在の甲府。
前日に降格がほぼ決まってしまった甲府。
トシヤのいない甲府w。
それでもサポは応援に駆けつけ、選手は全力で勝負する。

後半開始直後からゴール前に迫った数十分間だけは魅せてくれたアルビ選手。
だけどオフサイドでゴールが認められなかった直後から失速。
(ゴール裏からだったので断言はできないけど、オフサイドでしょ、ありゃ)

試合が終わって怒りを露にしていた人は、ある意味まだ死んでないよ。
怒りをぶつける方向ってのがあるけどね。
オレは、後半ロスタイムに、鳥モツ煮だとか、ほうとうだとか、吉田うどんだとか、甲州ワインだとかそんなことばかりが頭を過ぎってたよ。
完全に死んでたね。

選手も死んでなきゃいいけど。
あの試合、あの内容、完売したアウェイゴール裏を見て悔しさを感じなきゃ終わりだね。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-29 17:52 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
天皇杯の不甲斐ない敗戦から中2日。
よく立て直した、というか気持ちを入れ換えて望んだ選手達。
松本山雅の選手達が見せたような、前からの素早いプレスでガンバに主導権を握らせなかった。

前半ロスタイムのミカのゴール。
後半の駄目押し。
村上がサイドをえぐって絶好のクロスからロペスドンピシャのヘディング。
ロペスのマシンガンに撃たれたよ。

天皇杯の不甲斐ない敗戦から中2日。
ところが優勝争いをしているガンバを下す。
これだからサッカーはわからない。
なんて見出しが頭の中に躍ったさ。

後半終了間際に見せた怒涛の攻撃と、ミカが放ったシュートには2008年最終節を思い出したさ。

天皇杯の不甲斐ない敗戦から中2日。
勝って残留を決めたかった。
残りは2戦のみ。
それだけに、脱力感の残る試合であった。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-29 17:36 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

あるべき姿

浦和の降格を期待していた人も多かったのではないだろうか?

もし浦和が負けたら、対甲府はどんな気持ちで臨めばいいのか?
負けを願う?


そんな思いも杞憂。

今日はただアルビの勝利を願い、応援するのみ。
そう。
これが本来あるべき姿。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-27 06:25 | アルビレックス新潟 | Comments(2)

今日イチ!

シャトルバスの中です。
記憶が正しければ、次のワンプレーが今日の1番だったように思います。


それは、後半開始直後3〜4分くらい。
ヨンチョルのシュートで終わったシーン。


ヨンチョルとウッチーのワンツー。
ウッチー右足のアウトサイドで、相手DFの股を抜いて、ヨンチョルへ戻す。
すげぇ。
鳥肌立った。

残念ながら得点に繋がらなかったけど、記憶に留めておきたい。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-19 16:47 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
第32節 ガンバ戦の前におさらい。

対象は甲府。
現在、新潟は勝ち点38、得失点差-4。
対する甲府は勝ち点30、得失点差-21。

次節が終了すると、残り2試合。
積み上げられる勝ち点は最大6。


これを踏まえて、第32節の場合分け。

新潟○:勝ち点41
甲府
○:勝ち点33(勝ち点差-8)残留決定! 
△:勝ち点31(勝ち点差-10)残留決定!
●:勝ち点30(勝ち点差-11)残留決定!


新潟△;勝ち点39
甲府
○:勝ち点33(勝ち点差-6)得失点差からほぼ残留確定か!?
  →この場合浦和も対象に
       ○:勝ち点35(勝ち点差-4)
       △:勝ち点33(勝ち点差-6)
       ●:勝ち点32(勝ち点差-7)残留決定! 
△:勝ち点31(勝ち点差-8)残留決定!
●:勝ち点30(勝ち点差-9)残留決定!


新潟●;勝ち点38
甲府
○:勝ち点33(勝ち点差-5)次節持ち越し
△:勝ち点31(勝ち点差-7)残留決定!
●:勝ち点30(勝ち点差-8)残留決定!


これでOK・・・かな?


要は勝ちゃあ文句なしってこと。
2008年同様に、勝って残留決めてしまおぉぉぉぜ!
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-19 02:33 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

契約更新

記憶が曖昧で申し訳ないのですが、シーズンパス継続の手続を11月25日までに済ませると様々な特典が付くはずです。
その期限まで、あと1週間の猶予があります。
まぁ、特典にかかわらず継続自体は来シーズン開始までに行えば良いのではありますが、この時期に継続してこそ、選手の引留めや、補強、戦力の目処が立つのは言うまでもありません。
だからこそ特典を付けてまで、早めに継続を薦めているわけです。

さてその継続確認ですが、クラブの経費を軽減するために、継続確認書をポストに投函せずに試合会場に持って行きましょうという呼びかけが各所で行われています。(サポリンのそれはここ)。

先日の敗戦を考えるととても微妙なタイミングで、特典云々の前に継続者そのものが減るのではないかと危惧している今日この頃でもあります。
またこの時期になると、選手の移籍の話題も継続を躊躇させる一因となっているともいえます。


選手と違って、サポーターは移籍できない。
毎年そう思ってきましたが、果たしてそうでしょうか?

もっと強いチーム、タレント揃いのチームのサポーターになればいいじゃないか。
新潟を愛しているなら、ジャパンサッカーカレッジやグランセナのサポーターでもいいじゃない。
お好みならジャミネイロでも。

継続確認はいい機会じゃないですか。
これはサポーターとクラブの契約でもあるような気がします。
来年も契約するのか?
それとも移籍するのか?


勝ち試合は嬉しいけど、時には思考を停止させます。
敗戦は悔しいけど、克服しようとする勇気をくれます。
昨晩、久しぶりに長い時間寝付けませんでした。


余談ですが私は継続確認の書類に必ずメッセージを添えています。
「共に闘いましょう」だったり、「タイトル狙いましょう」であったり。
2008年は「どんな結末であれ、来年もサポートします」だったかな。

来シーズンもアルビレックス新潟のサポーターを契約します。
今年もまたメッセージを添えて、ビッグスワンへ持参します。
眠れない夜に、決意を新たにしました。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-18 16:00 | アルビレックス新潟 | Comments(2)
この試合を言い表す言葉は何だろうと考えていたら、
アルビが今シーズン標榜するこのスローガンに行き着いた。

相手にそれをやられ、我々はそれができなかった。


チームはもちろんサポーターもまたアグレッシブだった松本山雅。
6ブロックを占めた彼らは、後半の激しい雨の中でも引くことなく最前列に貼りついていた。
対するアルビサポは、雨脚が増すと屋根のある部分に移動してドン引きだったw。

帰りの北陸自動車道。
巻潟東を過ぎた辺りから、あの7月末の大雨を髣髴とさせる集中豪雨に。
水飛沫が舞い上がりワイパーが激しく活躍する私の車の脇を、猛スピードで数台のバスが抜き去っていった。
4台で駆けつけたという山雅サポを乗せたその県外ナンバーのバスもまた、アグレッシブであった。


掲げたスローガンを思い出させてくれた天皇杯。
授業料は高くついた。
これを活かすも、殺すも残り3戦にかかっている。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-18 00:12 | アルビレックス新潟 | Comments(2)

必然の結末

最初の1歩。
寄せの速さ。
走り負けない。
諦めない。

全ての点で相手の方が上。


JFLはさすがトップリーグだね。
J1のオレらは全く歯が立たなかったよ。

なんて嫌みを言いたくなるくらいに。



文句、不平不満、ブーイングいた仕方なし。

ただ挨拶に来た選手達の去り際に、これ見よがしの「松本山雅」コールには賛同できませんでした。



今日はこれにて帰ります。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-16 21:36 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

録画

北朝鮮戦。
午後4時キックオフは厳しかった。


ネットに繋げば試合経過が目に留まるし、携帯電話を開けば情報が流れてくる。

サッカーに興味のない人がパソコンの画面を見ながら、「今日北朝鮮戦なんだ。おっ!」なんて言われた時には、黙ってて下さいと釘を差し、車に乗ったら乗ったでカーステのラジオをCDに切り替える。


そんな感じで一生懸命に情報遮断をして帰宅の途についたけれども、途中立ち寄ったスーパーで買い物の確認をするために電話をかけたその瞬間に文字ニュースが流れているのをちらりと見てしまった。


0ー1。


即座に携帯を閉じて心を落ち着けた。
何となく嫌な予感がしたんだけど、ホームチームの得点が先だよね、と気を取り直した。


あぁ、後半開始から数分後。
楽しみが霧散した。


明日はBSで放送があるけれど、録画を楽しむには障害が多い。

さあスタジアムへ。
何にも邪魔されずに、ゲームを楽しもう。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-16 00:21 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
昨日の晩から冷たい雨が降っている長岡。
週間天気予報によると、山沿いのみならず平野部でも雪が散らつくかもしれないという。
本格的な冬の到来はまだ先であろうけれど、今年もやっぱりやって来ましたという感じ。

今週の寒さのピークは水曜日。
言わずもがな天皇杯3回戦。
最適気温は5℃。
ここはひとつ新潟の地の利をみせてやれ!
と思ったけれども、相手は新潟よりももっと寒い長野は松本の地からやって来るw。

19時キックオフなんて、極寒のスタジアムになることは明白だ。
されば熱く応援するのみ。

チケットは買った。
駐車券を買わなければ。
そしてタイヤは交換していないけど。
行く気だけは満々だ。
[PR]
by joehenderzone | 2011-11-14 19:12 | アルビレックス新潟 | Comments(0)