アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

心地よい疲労

久しぶりに会社帰りに向かったビッグスワン。
端から間に合わないと思ったので、北陸道を飛ばすこともなく亀田へ向かったのだけれども、エコスタと高速の間の駐車場に停めたのがキックオフ15分前。
もしかしてこれは間に合うかもと、やや早足で歩いてEゲートに近づいた時にエルビスが響き始め、ホームに厳しいNゲートにたどり着いた頃にく笛がなったのだろうか。
コンコースに登り詰めて、ピッチを見渡した先のデジタル時計は46秒を刻んでいた。

声が枯れたぁ。
というか、咽喉が潰れた感じで、時折声が変に裏返ったりする。
本日も。
46秒から最後まで必死こいて声を出した結果からなあ・・・というと、それは嘘。
というのも、先制点を取られた瞬間から、言いようのない絶望感に襲われ声を出す元気さえも萎えてしまったからね。
1-0で勝つことがこの日の第一条件。
点を取られた場合の勝ち抜け条件は、2点差をつけての勝利。
1-1では負け。
2-1では、今後に(というか土曜日に)厳しい延長戦。
3-1でようやく勝ち抜ける。
とても3点なんて取れはしない。
ここまでの展開を見てそう思ったのは、オレだけではないはずだ。
大前元紀のシュートをゴール前でディフェンス陣が掻き出すものの、この日初先発で、しかもついこの間まで敵のユニフォームを着ていた武田の頭をループシュートが越えた。
アルビに関わる全ての人達を嘲り笑うかのように。

ハイボールの競り合いに負けている。
セカンドボールが拾えない。
ボスナーの高い壁を越えられない。

気持ちが切れかけたけど、それでも気持ちが切れなかったうちの選手。
ここ数戦と比べると、サイドを駆け上がる回数が増えたような気がしたし、エリア内に侵入する頻度も選手の数も格段に増えた。
その結果が1点目のヨンチョルの折り返しからのブルーノのゴールであり、キーパーが弾いたところに詰めていた2点目のアトムのゴールだったように思う。
まぁ、正直ゴール裏からは良く見えないし、興奮して覚えていないんだけれども、いずれもゴール前に敵の選手も多くいて、ごちゃっとしていたんだけれどもよく詰めていたからこそ生まれたゴールだったように思う。
象徴的なのが3点目のミシェウのゴール。
シュート撃って、ゴール前に詰めていれば何かが起きる。
そんな、だけれどもこれまではそういう迫力が足りなかった、3つのゴールだった。

さて、スコア的には圧倒していたわけだが、先述のように実際は清水の選手の方がセカンドボールを多く拾っていたような気がしたし、終盤も何度か危ない場面だあった。
ロスタイムに時間を使ったキープだったり、シュートで終わる攻撃を見せていたけれども、本当に最後のワンプレーまで冷や汗ものだった。
もし1点でも返されていたら、土壇場での敗退だったからね。
(合計4-4で、アウエィゴール数新潟1・清水2のため)

でもこの勝利は大きい。
ナビスコカップ初のトーナメント進出(笑)にして、ホーム&アウエィの形式のノックアウト方式。
アウエィゴールを計算に入れながらの闘いで、きっちり(というか当初の目論見は狂ったわけだけど)3-1で勝ったことは、選手にとっても、ベンチワークにとっても、サポにとっても大きな自信になったと思う。
疲れたけどね。
それは心地よい疲れだからね。
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-30 12:59 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
選手にとっては勝つことが、
(例え次のステージに進めなくとも)
サポーターにとってはここに居ることが、
それが大事な今日の一戦。


見事に勝ちました!
そして勝ちあがりました!


この一戦を闘えたことは、ホントに貴重だね。
久しぶりに気持ち良く帰宅します三3


あ、補足します。
仕事帰りに駆けつけました。
もちろんスーツで。

またまた伝説が生まれましたぁぁぁぁ
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-28 21:29 | アルビレックス新潟 | Comments(3)
磐田戦は久しぶりに万代のミランで観戦。
実に開幕戦以来。
あの時は幸せだったなぁ(遠い目)。


で、大画面で見た雑感、ざっくりと。
ひとつめ。
うちの選手一歩目が遅い。
特にパスの受け手。
待って受けるために、容易にジュビロの餌食に。
ふたつめ。
中盤省略。
カウンターなのはわかっちゃいるけど、後方の選手が押し上げる時間なし。
駆け上がってくる頃には攻守が逆転していて、またしても全力で戻るボランチとサイドバック。
そりゃぁ、疲弊するよ。。。

終始押され気味ではあったけれども、こんな時は往々にして押されている側がワンチャンスをものにして勝つ事だってある。
そういう意味では惜しい一戦。
しかし順当な結末。

これで片足どころか、両足どっぷり残留争いに浸かっちゃいました。
ハハハ。
もはや笑うしかない。
ヤバイよヤバイよ、とうろたえるのか。
それとも、面白くなってきたと腹を括るか。



敗戦の翌日、ナビスコの駐車券を買うためにロッピーに並んだ。
前に並んでいた女の子が操作をしていて何気なく見ていると、サッカー→Jリーグ→関東甲信越→アルビレックス新潟と進めているではないか!
おおっ、と思って凝視すると、ナビスコカップ→駐車券と進んでいくではありませんか!

少なからずも前日の負けを引きずっていた私は、ナビスコなんて誰も来ねーよ、なんてヤサグレていたけれども、激しく反省。
サポートするしかない。
応援するしかないよ。

確かにナビス手を抜いて、リーグに集中した方が良いのは事実。
正直、勝ち上がらなくたっていいって気持ちがあることは否めない。
極論を言えば、勝たなくても良いから、ビッグスワンにサポーター在り!ってところを見せてやろう。
ホームだったら、力になる!走れる!勝てる!って気持ちを選手に持ってもらおう!
残りのホーム4戦(リーグ戦ね)全勝するぞって思わせよう!

諦めてなんかいない。
下を向いてる暇はない。
スタジアムへ行こう!
サポートをしよう!
それが俺らのできること。
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-27 21:55 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
やっちまった。
久しぶりのブーイング。

終盤は本当に不甲斐なかった。
気合だ!気合!


残り8試合。
マリノス、柏、ガンバ、名古屋。
優勝を争う上位と満遍なく対戦する我がアルビ。

残り8試合。
山形、甲府、浦和、大宮、新潟。
ぶれたチームが脱落するぞ。


こうなったら、降格争いを思う存分楽しもうと思う。
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-20 12:44 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

酔っ払った

オクトーバーフェストでビール。

できるだけ東北の地ビールを飲もうと思う。
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-17 15:17 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

到着!

出始めに仙台駅で
牡蛎を食します。

でもやっぱり三陸産はないんだね(*_*)
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-17 13:15 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

磐梯山

雲に隠れて全貌は見えず…


FMポートの電波もついに途切れました。

これからアルビコーナーだったのに(泣)
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-17 09:26 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

いざ

仙台へ向けて、
出発しますF3F1.gif
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-17 06:45 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
月曜日は中秋の名月を愛でた。
宵の口は暈がかかっていた長岡だけれども、夜半には見事な満月を肴に一献を傾けた。
うーん。
酒が旨い。

十三夜の月が中空に浮かんだ、土曜日の鹿島戦。
終始押されっぱなしだったけれども、概してこういう展開のときは押されている側がワンチャンスをものにするもの。
そもそも少ないチャンスの中から放った新潟のシュートの方が、枠を捉えていたではないか。
プレーが切れた際にそんなやり取りをしていたら、前半終了間際のいい時間帯にイサオのシュートが突き刺さる。
(イサオ、鹿島戦での決定率がものすごいぞ)

次の得点どちらに入るかだね。
そんな、言葉を交わして入った後半、次の1点はなんと新潟に。
ロペスがゴール裏に走ってくるのを、胸を叩きながら喜んだ。

勝負あり、って思ったよね。
だって、2点目を取った直後のアルビのボール回し。
隙あらば突かんとする、憎いばかりの余裕。
しかし、「2点目を取ってから、攻めるのか守るのかはっきりしなかった」
と菊地のコメントにあったように、嵩にかけて攻められなかったのが痛かった。
結果論だけど、2点取って負けるなら、3点目を取りに行かなきゃってことだよね。

一方の鹿島。
1点を返してからの嵩にかかった攻撃。
思い起こせば、一昨年のアウェイ浦和戦。
0-0で迎えた後半のロスタイム。
浦和の嵩にかけた攻撃に、防戦一方となって、最後にトゥーリオにやられたあの敗戦。
先日のW杯予選の北朝鮮戦もこれを思い出したけど、勝負に対する執念がまだまだ足りないのかな、アルビ。
嵩にかけて攻めきれず、嵩にかけられ、やられてる。

手が届きかけていた、白くて丸い勝ち点3は暈がかかって見えなくなった。
まだまだ足りない我がアルビ。
満月に近くて遠い、十三夜の月。
[PR]
by joehenderzone | 2011-09-14 18:20 | アルビレックス新潟 | Comments(0)