アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

与板 見附 新潟
小学生時代の担任教師のネタ。
カタカナに直してみよう!


ミラーゲームって言うけれども、この試合がまさにそんな感じなのかな?
4-4-2。
前からの激しいチェック。
パスをまわしながら、穴を探していく。
サイド攻撃を起点に、時に大きなサイドチェンジを交えながらゴール前にクロスを供給する。
そして、決定力不足。

あたかもアルビと闘っているようにすら感じた昨日の大宮。
もちろん、それは淳ちゃんの影響によるものが大きいんだろうけれども。

それでも双方のサイドバック同士の「イヨボヤ」対決は、ウチの村上が優勢だったように思えたし、
クロスを上げられても、真ん中で跳ね返すという守備もウチの方が勝っていたように思えたし、
攻撃へのアクセントはウチの方が楽しかったし。
それでも引き分けは引き分けか・・・。

過去、現在、未来。
ピッチ上に鈴木淳が鏡を持って立っていた。
下との差も徐々に詰めらて、気がつけば、降格圏の影もチラホラ。


ヨイタ ミツケ ニイガタ
教師は不敵な笑みでこう言った。
反対から読んでみよう!
[PR]
by joehenderzone | 2011-08-25 12:57 | アルビレックス新潟 | Comments(3)
対面の嫁への呟き。

試合開始~25分くらいまで。
今日はセカンドボール拾えてるなう。
ほとんどのボールがウチに来てるなう。

前半の残り。
セカンドボール拾えなくなったなう。

後半。
セカンドボール全然拾えないじゃんなう。


この日は、長岡市内某所で嫁に加えて母親も交えて観戦。
テレビ観戦で、素人目戦だから偉そうには言えないけれど、目に見えて萎んでいくマイチーム。
相手に渡してしまった主導権を、奪い返す修正力が欲しいものだ。
後半になって巻き返す試合もあるのだから。

水曜日の大宮戦。
前回の浦和戦に引き続き、最も負けたくないチームと負けてはならない一戦となる。
決戦ですよ。
残留をかけての。
[PR]
by joehenderzone | 2011-08-22 12:51 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

5/22

後半にメグがピッチに立つと、ピッチ上には新潟の選手5人が勢揃いした。


代表にメグと阪口。
選抜に大友、菅沢とユーリ。


一時は新潟とINAC神戸の選手しかゴールしてないじゃん、って状況にもなったけどw
やっぱり神戸の選手はタレント揃いでしたね。



さて次は男子。
こちらも神戸に負けずに頑張ってほしいものです。
[PR]
by joehenderzone | 2011-08-20 16:42 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
新潟に在籍した5年間のうち、1年間は怪我で棒に振って『鶴』状態だったわけで、実質4年間の中で1得点しか記録していない永田に、対神戸のアウェイでゴールマウスの前で空振りをしてしまったのもあって1得点しかしていなかった永田に、さらっと決められてしまった、我がチームの情けなさよ。
最初のPKで反撃の狼煙を上げた直後の、ミカがスルーパスに抜け出して、キーパーと1対1になった場面を決めていれば、また流れは変わったかもしれないのに。
エジ、永田、マルシオと引き抜かれ、我々サポーターにとっては一番負けたくない相手だっただけに、選手はその落胆を推して測るべきである。
強がりを言えば、2得点全てがPKっていうウチもどうかと思うけど、あちらさんも失点が3点連続でPKってのもどうかなと思うよw。


試合終了後、浦和サポの仲間と一緒に酒を酌み交わした。
浦和サポのひとりはその場で電撃的に入籍を発表した。
そしてその半日後、我々のサポ仲間のお父様が息を引き取った。
最期は新潟サポの娘と浦和サポの娘婿が看取っていたという。


様々な感情が交錯した1日。
90分間に喜びと悲しみがあるような、複雑なアフターゲームであった。
[PR]
by joehenderzone | 2011-08-19 13:03 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

うちの女子

前回の浦和レッズ戦を観た上での、今回の見所を2、3点。


メグと夢穂は相手をいなすボール捌きはさすがなんだけど、W杯に出られなかった菅沢が、その鬱憤を晴らすかのようにゴールへ向かうひたむき姿勢が今日も見られるでしょう。

あと、泣き虫ユーリが今やアンカーとして中盤の底でどっしりと構えている。
加えて、右サイドバックの14番にも注目。オーバーラップから良いクロス入れます。
前回は、ウッチーがフクアリで見せたようなレインボーシュートを遠めから決めちゃってました。


4-1-4-1あるいは4-3-3で臨むアルビレディースは、その攻撃的スタイルを貫いて、目下無敗の神戸に一矢報いてほしいものです。
[PR]
by joehenderzone | 2011-08-06 14:10 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

中断

ただいま長岡祭期間中につき、更新中断中。

我が家では水害の被害はありませんでした。
ご心配いただいた方々には、この場をおかりしてお礼申し上げます。
[PR]
by joehenderzone | 2011-08-03 18:00 | アルビレックス新潟 | Comments(2)