「ほっ」と。キャンペーン

アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

オレンジ色のユニフォームを着て、サポーターが集まってくる。
スタジアムの前に開門を待ちわびる人垣ができ、飲食ブースには列が連なる。
イタリアンの並びを横目で見ながら、渇いた喉を早く潤すために短い方の並びにつながる。

顔見知りを見つければ手を振り、今年も宜しくとリユースカップをぶつける。
春陽を浴びて選手を拍手で出迎えて、エルビスを歌う。
ああ、フットボールのある日常が帰ってきた。

まだ日常に帰れない人達が、被災地にはたくさんいる。
サッカーをやりたくてもやれない選手、見たくても見られないサポーターがたくさんいる。
だからフットボールのある日常に戻れた俺らは、幸せだよ。
引き分けて、勝ち点が1しか取れなかったことにも満足だ。





・・・・・・・なんて、思わない。
悔しいぞ。
前半あれだけ押していながら、後半は足が止まって、少しは修正されたけれども前週の富山戦のリプレイを見ているようだったぞ。
何回ジウシーニョにやられれば気が済むんだ。
そして、何度追いつかれてのドローを見たのかわからない。
きー!
うっきー!

新潟駅へ戻るバスの中でも、反省会の酒の席でも、翌日の会社の中でも、同様の悔しい叫び声を聞いた。
でもこれはある意味正常だよ。
俺らの魂は健全だよ。
腐ってなかったよ。


ゴールデンウィーク突入で、次の試合はすぐにやってくる。
次だ、次!
悔しい気持ちを、次の試合にぶつけよう!!!



追記
試合終了後、ファビーニョの帰国の発表と挨拶に大いに涙しました。
「今度帰ってくる時は、アルビの監督として戻ってくる。そしてチャンピオンになる」
その言葉に心が震えたけれども、ごめんねファビ。
ファビが帰ってくる前に、タイトルをとってみせるよ。
しばしのお別れに。
ムイト オブリガード。
[PR]
by joehenderzone | 2011-04-26 22:32 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
中断期間中のトレーニングマッチで草津と大宮に敗れ、リーグ再開を前に「どうなんだ新潟?」「大丈夫なのかアルビ?」というところを自分の目で確かめたくて、急遽富山に向かいました(というより、連れて行ってもらいました)。
富山と言えば、ブラックラーメン。
もしくは白えび。
もやもやした気分に白黒つけようじゃないか。
いや、新潟と言えば、南蛮えびなので、白赤つけようじゃないか!と意気込んで車上の人に。

前半は南蛮えび優勢。
パスは面白いように繋がり、多くの時間帯でボールを支配するもゴールには至らず。
守っては、一度だけペナルティエリア内の混戦状態の中から、至近距離でシュートを撃たれるという危ない場面もあったものの、東口の手元にボールが届く前に掻き出された。
白えびは苔口一人だけが気を吐いていた。

後半は一転して白えびの猛攻。
南蛮えびはセカンドボールが拾えず、一対一の局面でもことごとく劣勢に立たされる。
白えびに押し込まれると、それを押し戻そうと大きく蹴りだす。
しかしそのボールを再び白えびに拾われてすぐさまピンチに。
ボール奪取が叶っても、その奪う位置が低いためエリア内まで運べない南蛮えび。
中盤を飛ばして往ったり来たりで、次第に疲弊していく南蛮えび。
東口の超絶ファインセーブに幾度か助けられ、何とか無失点に抑えて試合は終了。
後半途中出場ながらも、気持ちのこもっていたケンゴのプレーが、富山湾の深い闇の中で光るホタルイカのように輝きを放っていた。

ところでこの試合、チャリティーマッチということで試合終了後に両チーム選手が揃って場内を一周。
ゴール裏から白えびチームに対して「J1で待ってるぞー!」と声があがり、拍手で迎えられるも、「J2で待たれていたらどうしよう・・・」と背筋が寒くなったのは決してオレだけではなかったはず(苦笑)。

寒いと言えばこの日の天気。
真っ青な空が広がる快晴にもかかわらず、立山連邦を近くに臨むスタジアムのせいなのか、冷気が肌を刺す寒さ。
そんな天候だったため、まったく無防備に観戦していたのですが、帰宅して鏡を覗いて驚いた。
顔が茹で海老のように真っ赤に染まっているではありませんか!!!
そうして今、ホーム開幕に向けて皮が剥けていくのでありました。

白黒つけるはずだった、再開前の一戦は結局スコアレスドロー。
明日に迫った再開ですが、我が南蛮えび、この一週間で脱皮を果たしていることを大いに期待しているのであります。
[PR]
by joehenderzone | 2011-04-23 10:28 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

旅に出ます

残念ながら熊谷は通過。

当初はこのタイミングで行ってよいものかと逡巡したけれども。

消費しましょう。
経済をまわしましょう。

続きはサポリンで。
[PR]
by joehenderzone | 2011-04-09 07:28 | 新潟あれこれ | Comments(0)

ありがとうございました

昨日は、オレンジガーデンにて、被災地への支援物資の受付を行い、
そのお手伝いをしました。

少しづつではありますが、たくさんの人々にご協力いただきました。
ありがとうございました。
心より御礼申し上げます。

べがるたユースの子達も募金活動を行っておりました。
日常にサッカーが戻ってくることを。
切に願います。
[PR]
by joehenderzone | 2011-04-03 02:36 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

エイプリルフール?

ザッケローニ 51歳。
スーザン・ボイル 50歳。
4月1日が誕生日。


川崎(H) 横浜M(A) 大宮(A) 柏(A) 甲府(H) 山形(H)
何だか今年は行けそうな気がしたナビスコカップ。

震災の影響で今シーズンも予選突破不可能か、と思いきや。
本日発表のナビスコカップ概要をみると。

アルビは2回戦から登場。
これって予選突破?
優勝への道程が近づいた?
[PR]
by joehenderzone | 2011-04-02 00:44 | アルビレックス新潟 | Comments(2)