「ほっ」と。キャンペーン

アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

開幕1週間前。
恒例の決起大会を開催しました。

場所は今年もアルビサポーターのご主人が営む和泉屋旅館


飲んで、食べて、温まって。
1シーズン分のエネルギーの充填完了。

東京へ、神奈川へ。
新潟へ、加茂へ。
そして長岡へ。

散り散りに岐路に着いたけれども、
すぐに会いましょう。
スタジアムで。
[PR]
by joehenderzone | 2011-02-27 20:53 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

挨拶の中身

その昔、私が通っていた高校の校長が、朝礼で延々30分近くに渡って話をした挙句に、「今のが一つ目の話」と言って息を継いだ時には、私を含めた生徒の大半が体育座りのままズコーンと倒れてしまったというのは嘘のような本当の話。
先の激励会で選手のトークショーが大幅にカットされて、あっという間にお開きになったのを目の当たりにした人達は、つくづく挨拶は短いに限る、と思ったことだろう。
たしかに入場料を支払って、期待に胸膨らまして駆けつけたサポーターが、一番聞きたかった選手の声がわずかしか聞けず、その一方で来賓の挨拶を長々聞かされたことに関しては、期待外れだったといってもいいかもしれない。

だが、やはりこの激励会はサポーターのみならず、資金を捻出していただいているスポンサーや、協力していただいている自治体への顔見せの場であることも忘れてはいけない。
ある意味政治家の資金集めパーティーのようなものだと割り切るべきだと思う。
そう思えば、1,500円なんか安い安い。
文句は30,000円くらい払ってからにしよう、なんて気にもなる。

ただ、いただけなかったのはその内容。
概ね昨シーズンを振り返り、今シーズンの健闘を期待する、といったところなのだが、ほとんどの人達が次の話に集約された。
・黒埼新監督を迎えて期待に胸膨らんだ
・いざ開幕すると、しばらく勝てずにどうなることかと思った
・ところが初勝利から4連勝を含む11戦負けなし。
・夏場もがんばった。
・名古屋、鹿島といった強豪を打ち破った。
・下位に取りこぼし。引き分け多かった。今シーズンはそこをなんとかしてくれ。
誰も彼もが口を開けばこの繰り返し。
もう、いいっちゅうねん!

それだけに、背中スポンサーがコメリに決定した際に、寄せられたビーズインテル皆川社長のコメントが際立っていた。
うる覚えだけれども、以下はその内容。

(コメリに決まる前に契約を終了していたのか、決まったから終了したのかは定かではないのだけれども)
背中のスポンサーが決まって大変嬉しい。ようやく中継ぎの役割を終えてほっとしている。
しかも新潟に本社を置く、東証一部上場の大企業コメリさんということで、アルビレックスを背負って立つにふさわしいスポンサーさんであるし、幼い時から♪こっこっこ、こめっこー、結構ですねコメリ♪というコマーシャルで慣れ親しんだコメリさんがついてくれて心強い。
アジアカップ決勝戦の放送の時にも、コメリさんのCMが流れ、コメリさんのサッカーにかける本気度を感じました。
これからは、いちサポーターに戻りますが、身の丈にあったサポートをしていきたい。
サポーターの皆さんも、買い物をする時はコメリさんを利用するなど、スポンサーを支え、アルビを支えて下さい。


込み上げるものがあったよね。
Iがあるよコメントの中に。
愛もあるね。
挨拶の中に。
そんな感想をもって、このエントリーの終わりの挨拶とさせていただきます。
[PR]
by joehenderzone | 2011-02-15 21:34 | アルビレックス新潟 | Comments(2)

Are You Hungry?

行ってきました。
2011アルビレックス新潟合同激励会に。
端的に言うと、前菜である主催者や来賓の挨拶が長く、楽しみにしていたメインディッシュの盛が少なかった故に、集まったサポーターの胃袋を満たすに至らなかった感じは否めないけれども、開幕前の空腹状態は凌げた、そんな激励会であった。
(こら、どこが端的だ)

進行の賛否はまた機会があれば触れることにして、主食の部分を記憶の範囲内でお伝えします。


選手は4つのグループに分かれて登壇。

1番手は、#5石川直樹 #6ミカ #8フミヤ #14藤田征也 #19ケンゴ #20増田

Q (札幌から加入の二人に)新潟の雰囲気は?
A #5 仲が良く、すぐに馴染める、と(大悟から)聞いていたが、年齢とかに関係なく先輩を先輩と思っていない奴が多く、あぁ馴染みやすいとはこのことか・・・と(困惑気味に)。
Q その選手は誰ですか?
A #5 (視線をケンゴの方向に)
Q どうなんですか?川又選手?
A #19 普通ですよ(含み笑い)。
Q と、言ってますが三門選手から見てどうですか?
A #6 (苦笑気味に、かつ真面目な口調で)いや普通ですね。

Q 新潟の街の印象派どうですか?
A #14 札幌から来たので、新潟の方が暖かいと思っていましたがそうでもなく、むしろ風が強く寒いと思えるときもあります。



2番目は、#7JP #9ヨンチョル #10ミシェウ #11ブルーノ・ロペス #32慶行 #34陽平

Q 今日もシャツが真っ青ですが、ブルーノ選手の名前にかけてブルーなんですか?
A #11 違います(笑)。でもネクタイを見てください。チームカラーのオレンジです。
(場内拍手)
Q ブラジルから来日したばかりで不安だと思いますが、ジョンパウロ選手も半年前されたわけですが、どうでしたか?
A #7 自分が来た時は、ミシェウやマルシオがいろいろ教えてくれて助けてもらえたので、今度はミシェウと僕とでブルーノを支えたい。

Q ヨンチョル選手は昨年A代表に呼ばれましたが、今シーズンの代表への思いは?
(ヨンチョル、ここでブラジル選手同様に通訳もっくんを要求し、通訳いらねーだろ!と突っ込まれ笑いを誘いながら)
A #9 まずはクラブだから、新潟で結果を残して代表に呼ばれたい(と優等生な回答)。

Q 慶行さんにも聞いてみましょうか?
(慶行、舞台袖を指差して)
A #32 いや、『マキ』って出てるから・・・
(さすが、ボランチの完成形!全てが良く見えている、と突っ込まれ降壇)



そんな流れのため残りのふたつのグループに対しては、一問一答でさくっと終了したため溜息多め。

3番手は#17ウッチー #23アトム #16オオシ #21東口 #24ゴートク #29ノリヨシのメンバーで。
質問は、ルーキーのノリヨシに。

Q プロになっての感想は?
A #29 練習から高校とまるでレベルが違う。
(ざっくり言うとこんな感じ 汗)


最後は#1黒河 #2大野 #3千葉 #15イサオ #19アヤト #36菊地のメンバーで。
イサオに対して締めの質問が。

Q キャンプの手応えと、今期の意気込みを。
A #15 もう大塚コーチの顔を見たくないくらい走りこみましたので(笑)、1年を闘いきる力がつきました。1年を通してがんばりますので応援宜しくお願いします!
(たぶん、こんな感じで締めたと思う 滝汗)



いやぁ、記憶って曖昧だね。
そしてまたお腹が空いてきちゃったよ。
今日もまた、モバアルで小腹を満たすことにしよう。
[PR]
by joehenderzone | 2011-02-15 00:08 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

VIVA LAWSON

サカマガありました!
家から一番近いコンビニ、LAWSONに。

ローソン様様。
スポンサー万歳!

そいうえばここの店長、めったにお目にかからないけど、
一昨年スワンの駐車場チケ買った時、
「今年のサンクスデーも参加するからね!」
って声掛けてくれてたんだっけ。

VIVA LAWSON!
VAMOS LAWSON!
[PR]
by joehenderzone | 2011-02-06 19:36 | Comments(0)
ネットや電子書籍で情報を得るのは簡単だけれども、やっぱり紙ベースで活字が読みたい。
だって風呂でも読めるじゃん。

ということでマガジン、ダイジェストの発売日には必ず会社帰りに立ち寄るTSUTAYA。
もちろん長岡にも何店舗かあるけれども、帰宅途中の道すがら寄り易いのが市内でも一番新しい長岡古正寺店。
TULLY'Sを併設し、昨年のオープン時には貴章がサイン会を開いたお店です。
もちろんスポンサーであることが、ここで買っていく一番の理由でありますが。

さて、通常だと火曜日に発売の両誌だけれども、ご存じのように新潟県内での発売は翌日。
そこで毎週水曜日にお店を覗いては、さらっとページを繰ってから、どちらを買うか決定するのが慣例。
もちろんアルビ満載とか、劇的な勝利後なんかは両誌ともに購入することもある。

そして今週も水曜日に仕事帰りに寄ってみた。
ダイジェストは5冊程度。
マガジンは見当たらない。
アジアカップ決勝から日が浅いし、Jリーグの日程発表を待って水曜日発売なのかな?と勝手に解釈してダイジェストを手に取りレジへ。



それでもやっぱりマガジンも比較してみたくて、昨日木曜日に再度訪問。
されど無し。
今日金曜日に店舗を替えてみて探してみたけれども、やっぱり無し。

発売日には駅の売店に並び、書店にはもちろん両誌が並んでいる。
駅と書店で買いそびれていても、コンビニには置いてあった東京。
嗚呼。
これが新潟の現実かと、今更ながらに落胆しつつも、もう一度古正寺店を訪れてみるもやはり姿も形もありません。



これは相当なアルビ特集が組まれて、相当数のマガジンが売れたと解釈して、意を決して店員さんに聞いてみた。
回答を聞いてびっくり、目が点に。
「当店ではサッカーマガジンは4冊しか入って来ていません」
え?
え?
え?
アルビ特集が組まれていた、否、アジアカップ優勝を決めた直後の今週号が!?
よ、よ、四冊ぅぅぅ(涙)


ごらー!
ベースボールマガジン社の創業者は新潟県人なの知ってるがぁ!!!
アルビのスポンサーらろぉー!!!
貴章のサイン会を開いたお店がたったの4冊かぁ!!!

という暴力的な言葉を呑み込んで、100倍柔らかい言葉で、今後はさらなる入荷をお願いした。
だって、対応してくれたバイトのお兄さんの名札をみたらびっくり仰天、目が点に。
ウチの会社の社長と同姓同名漢字も同じ。

ダイジェストを湯船の中で読みながら思う。
がんばろうトップカルチャー。
がんばろう長岡のサポ。
サッカー雑誌の売り上げが、スポンサー継続に繋がるかもしれない。
(亀田製菓さんのような増資にも)

トップカルチャーのTSUTAYAのお店はこちら↓
http://www.topculture.co.jp/store.html#nigt_chuetsu
関東にもたくさんあるよ!
[PR]
by joehenderzone | 2011-02-04 23:40 | アルビレックス新潟 | Comments(2)