アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京見聞録

フロントガラスを叩く雨粒に、ときおり氷塊が混じりだす。
通勤途中の午前7時。
気温はわずかに5℃しかない今日の長岡。
凍える空模様のように、記憶も凍ってしまなわないうちに、FC東京戦の雑感を。

前節名古屋戦の、それも名古屋っぽいなぁw、と感じた前半のアルビ。
立ち上がりの混沌が収まると、「俺たちゃいつでも得点できるんだぜ」という雰囲気を醸し出していた。
セカンドボールはことごとくものにし、余裕でボールを回し始める。
最終ラインまでボールが戻ると、東京サポは盛んにブーイングをするけれども、だってウチのCB二人はハーフウェイライン上まで上がっているんだもん、しょうがないじゃん。それとも何?東京のFWがボールを追いかけないからブーイングしてんの?
と、余裕で観戦。
しかしそれも束の間。
大黒や、平山がボールを奪ってはサイドに展開して、そこから素早いクロス。
石川の速いクロスから、大黒が飛び込んだシーンは、正直やられたと思いましたよ。
CKも速くて正確なボールがゴール前に送られて、何度か、いや何度も冷やりとしました。
試合後の選手コメントでわかったんだけど、東京がかなりドン引きカウンター狙いだったのと、ボールを回してるってよりも、回されているって感じだったんだね(@_@)

それでも、前半の終了間際にマルシオのFKから得点した時は、こういう試合の流れってあるよね、とにやにや。
概して決定機を多く作った方が得点できず、チャンスが少なかったチームが試合をものにするって、あるよね。
と思いつつ、前半終了の笛が鳴るまでは、何だか後半の試合終了間際のような勢いで、喉を涸らしました。

さて後半。
なんか動きが悪いぞ、と思っていたら、PKでの失点。
向う側なので見えません。
さらに言えば、後半はほとんど向こうサイド・・・。
同点にされてからは、セカンドボールも拾えなくなって、ひやりはらりの連続。
時たまこっちサイドにやっては来るものの、シュートまでには至らず、新潟サポ不完全燃焼気味。
最後はカウンターの応酬合戦みたくなって、それでも奪う位置が低いもんだから、ヨンチョルや、マルシオ、ミシェウが高速ドリブルを飛ばしても、それに追いついてくる味方が見当たらず、結局は東京DFの網に絡め取られることの連続。
失点しないでくれ、負けないでくれ、もう無理に勝ちに行かないでくれ、なんて思い始めたロスタイムにまさかのPK獲得!

喜ぶサポ仲間を制して、まだ決まったわけではないんだから、それにオレはマルシオのPK失敗を2回も目の前で見てるから、なんて言いつつもサヨナラゴールを期待して、味スタまで来てよかったとニヤついていたら・・・。
嫌な予感は現実となり、「余計なことを言うから」と何故か大ブーイングに晒されたオレでした。

来年は味スタに行けるのか、行けないのか。
土曜の朝は東京へ向けて出発した、その高速道路の下をくぐって走る。
車体を叩く雨音がしばし止んだ。
あのマルシオのPKがFC東京の運命をどう変えるのか、変えないのか。
そんなこたぁ、どうでもいい。
リアウインドウは曇っていて、後は何も見えなかった。
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-27 23:38 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
ロスタイムに相手のシュートがゴールネットを揺らし、勝ち点3がするりと手の掌から滑り落ちるシーンは幾度も目撃したけれども、こんな形で勝利がすり抜けていく場面を目の当たりにするのは初めてだった。


マルシオに始まり、マルシオに終わる。

300ゴールおめでとう。
ただそれは一瞬の通過点として語り草になるような、その次の301ゴール目が見たかった。
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-24 11:26 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

あの日と同じ土曜日に



10月23日がやって来る。
それもあの日と同じ土曜日に。

あの日新宿のサッカーバーで誕生日のお祝いをする予定だった。
先のエントリーでも触れたように、彼女はひとりのアルビサポだった。
このお店で出会って、アウェイの試合を見たり、代表の試合を応援したりした。

もの凄い揺れのその出所が、新潟のしかも長岡周辺であったことから、誕生日祝いをすることを躊躇ったが、すぐにお互いの実家と電話が繋がって無事がわかったから、予定通り乾杯をすることになった。
だけれども、お店で流れるニュース映像を見るにつれ、居たたまれなくなって、その日のうちに食糧を詰め込んで実家に帰ることにしたものだった。
ほろ酔いであったことは、まぁ時効ということでw


あの日の地震は、アルビへの想いも強くして、帰郷への願いも募らせた。


長岡で試合を見ることができるお店を探し始めたのは、去年の春ごろだっただろうか。
きっちり更新!きっちりリポートのこちらのお方(私と正反対だ^^;)のブログを拝見して、そのお店を知った。
実家と長岡駅を結ぶ延長線上にあったから、そのお店は容易に辿り着くことができた。

何度か足を運ぶうちに、念願かなってご本人ともお会いすることができた。
こういう出逢いがある度に、ピンサポでひとりスタジアムに通っていた時代があっただなんて不思議なくらいだ。
地震とアルビ。
自分自身の中ではいつも強く繋がっている。


そして今年も10月23日がやって来る。
あの日と同じ土曜日に、私は長岡から東京へ向かう。
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-22 22:28 | アルビレックス新潟 | Comments(2)

今週のJリーグ情報

何某2丁目にて。


やんちゃ
「今までは、『 オオカミが来た!オオカミが来た!って嘘をついて、みんなを騙してたんだけど、今回は本当にオオカミが来たんだよ・・・。それなのにみんなは信じてくれないんだよ。今回こそは本当にホントなのに」

ミドリ・マングローブ
「馬鹿か!そう言うのをオオカミ少年って言うのよ。知らなかったの!?」

リス
「わたしなんか、2007年からずうっと体重を誤魔化してきて、そりゃ嘘をついたと言えば、嘘をついていたわ」
「今年になって10Kgの減量に成功したのに、元ヤンのジモティのレッドスコルピオンがバラしやがって、おかげで大損こきまくりだわ」

ミドリ・マングローブ
「お前も馬鹿か!?サバ読みまくりだろ?」
「私だって、そりゃぁ、ワルだったわ」
「金を使いたいだけ使って、いざお金がありません・・・ってって時には、路頭に迷いそうになったことは、一度や二度では済まされないわ。でもそんな時、元締めの組長が現れて私を救ってくれたものだったわ」

やんちゃ
「矢面に立ってる俺はどうしたらいいんやろ?」
リス
「私のも責められるの?」
ミドリ・マングローブ
「待てば海路の日和あり。って言うじゃない?」
「なんと、こんな私にもパトロンが現れたのよ!しかもスポーツショップのイケ面が!!!!」


やんちゃ
「ええ!?マジ」
リス
「本当!?」
ミドリ・マングローブ
「そうよ!」
「世の中、信頼が一番よ!、さぁ音頭をとって!」



やんちゃ
「松下選手!」
リス
「ご結婚」
やんちゃ・リス
「おめでとうございます!」
ミドリ・マングローブ
「あ”~、、、アンタ達が言っても、信頼性が無い・・・つーの!」

ミドリ・マングローブ
「私が好きなのは・・・、新潟の選手!」
りす
「私も好きー!」
緑ちゃん
「わ”ー、こらー!金があるからっていい気になるなー」
やんちゃ
「わざと、蹴ったるー!」
ミドリ・マングローブ
「ご”ら~!!! オオカミ少年、昔のクラブのマスコットになれ~!」







永田選手。

ご結婚おめでとうございます。

心よりお祝い申し上げます。
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-21 01:41 | サッカー | Comments(0)
試合が終盤にさしかかった頃、携帯電話が振動した。
家で留守番をしている嫁からのメールは踊っていた。
「ラジオの解説者が、パーフェクト!パーフェクト!って言ってるよ」



まさにパーフェクトな試合。
先制の直後に失点を許したり、一人少なくなってからも攻めあぐんだり、マルシオのハットトリックはかなわなかったりと、粗を探せばきりはないけれど、試合後にアルビの選手達が一様に発する「楽しかった」という言葉と、「まるで新潟がチャンピオンのような戦いをしていた」という相手指揮官の言葉がこのゲームを雄弁に物語っている。

またしても直接沈めたマルシオのFK(大吾が触っていたのはご愛敬)。
前半の残り2ゴールは向こう側で見えなかったけど、リプレイで確認して大喝采。
ミシェウのエンドラインギリギリで上げたクロスを、ミカが超絶ボレーを炸裂させて決めた2点目はもちろん、カウンターから勲のグランダーのクロスにオオシが体ごと飛び込んで決めた3点目にも悶絶。
とどめはマルシオの狙い澄ましたテクニカルショット。
翌日の朝日新聞にそのシュートの瞬間が掲載されたけれども、DF2枚とGKが立ち塞がって、この後ボールがゴールマウスに吸い込まれるなんて想像のつかない写真だった。
ヒーローインタビューのマルシオはしゃべるしゃべる。
マルシオのみならず、他の選手も饒舌になっていたことは、モバアルのコメントがいつもよりこころなしか長かったことでさすることができた。

そんな主役の10番が、お立ち台でながながとコメントを残したおかげでw、19時開始の駅南での宴会はぎりぎりの到着に。
そしてこの日のもう一人の主役である、サポ仲間のお誕生日会の乾杯と相成ったのでありました。
もちろんこの日の祭りと化したゲームに呼応して、参加者一同饒舌に。

ミカ!スーパーボレーだったよね~
実は2点目まで、ウチのシュートは2本だったんだよ!
え?てことはシュート2本で2点?
オオシのゴールは、天皇杯で入らなかったけど、オオシとアトムともうひとりゴール前に飛び込んだあのプレイが生きたよね~
マルシオにハットトリックさせようとボール集め過ぎ!
ああいう、1対1のシーンって必ず外すよね・・・
○○高校の1年生は、バタフライで25mが課題なんだよ!!!
♪バタフライ、ふふふん・・・
日本のビールってコーンスターチとか、米とか混ぜ物が多いがぁよ。
日本酒も醸造アルコール入れてるしね。
云々。




翌朝自宅で、ミカのシュートのもの凄さを語ったら、それ昨日の夜も何回も言ってた、って嫁に笑われた。
「『マルシオにハットトリックさせようと、みんなマルシオにボール集めるんだよ』って話も何度も何度もしてた」
少しあきれ顔で続けた。
「『他の選手がシュートすれば6点は入ってた』って力説してたよ。それでね、私がじゃあ本当は6対1だったんだねって言うと、『違うよ、6対0だよ!』って言ってた」
まったく酔っ払いは意味不明だ。

怒られるのを承知で訊いてみた。
「『パーフェクト!パーフェクト!』って叫んでた解説者は鳴尾だったんだよ、知ってた? これも昨日酔っぱらって言ったと思うけど・・・」
「え?それは初めて聞いた」
まったく酔っ払いは性質が悪い。
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-20 00:50 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

ナカ~タ!

今日の県民ショー。

京一郎と、はるみは東京に久しぶりに戻ってきた。
そして訪れた「BAR 東京人」で、いきなりマスターとの会話で話題に出た「イタリアン」。
転勤族の二人が選ぶ麺部門の第一位は、当然イタリアン!と思いきや・・・。

しかしながら、ご飯部門の第一位に堂々輝いたのが、長岡ナカタの「洋風カツ丼」!

まぁ、俺は「赤飯」ぢゃなくて、がっかりだったんだけどね。
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-07 23:27 | 新潟あれこれ | Comments(0)

ところで金鳥スタジアム

メインスタンドを背にして、右側がホーム、左側がアウエィだったけど、これって普通のスタジアムと逆だよね?
加えて、前半はそれぞれのサポが陣取るサイドに向かって攻めていたから、ちょっと混乱。

ホームのサイドが反対の上に、逆エンドで試合が始まったってことだよね?
教えて、金鳥スタジアム(に行った人)
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-06 19:55 | アルビレックス新潟 | Comments(2)
もう白鳥が飛来したと、今朝の日報は告げていたけれども、ウチの白鳥達はどこに行っちゃったのかなぁ?
特にブラジルから飛んできている白鳥達は・・・。

さて、千葉ちゃんをアンカーに据えた新4-3-3で臨んだこの試合。
結果論から言えば、失敗だったんだろうけれども、対セレッソには向いていない布陣だったのかもしれないね。
イサオがコメントしているように、監督に指示によりボランチに下がってからは守備も良くなって、マイボールにできる回数も格段に増えた。
その一方で、「監督から言われる前に、ピッチの中で選手自身でコミュニケーションを取りながら修正できるようにならないといけない」と続けた。
やっぱり困った時のブラジル人頼みだったってことも露呈した。

それでもここ数年で出番の減っていたアトムを筆頭に、明堂、大輔などの若手にチャンスが来ていることも事実。
正直言って、これが降格争いの最中だったら選手達も硬くなるし、サポの顔は引き攣っているよね。
若者たちはこの経験を、この悔しさを、ぜひ次の機会に生かして欲しい。
そして是非とも来季のアルビの敷石になってほしいものだ。


ともかく、セレッソは金鳥スタジアム無敗の記録を更新。
ウチ白鳥さん達も、その線香の前に惜しくも討ち死にしたわけだ。
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-04 23:47 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

チバアンカー

ある意味すごく楽しみな今日のメンバー。
サブも新鮮。

3トップのセンターが生きるはずのオオシ。
そしてずっと見たいと思っていたアンカーのチバ。

楽しみだ。
勝ち負けを別にしても、楽しみだ。
[PR]
by joehenderzone | 2010-10-02 14:29 | アルビレックス新潟 | Comments(0)