「ほっ」と。キャンペーン

アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「貴章一時離脱」のニュースが流れた時、少なくともあと何試合かはその姿が見られると思ったけれども。
モバアルで、選手を前にして貴章が言葉を詰まらせたり、ミシェウと固い握手を交わしたりを聞くと、あぁ貴章はいよいよチームを離れる決意をしたのだと寂しい思いが胸に去来して、でもやっぱり否定する自分がいたのだけれども、お昼のNHKニュースで成田のゲートをくぐる貴章の姿が取りあげられてようやく現実に引き戻された気がした。

契約も更新してからなので、移籍金も入ってくるだろう。
ありがとう。
戻ってくる時は、また新潟に戻って来てくれ。

惜しむらくは、一緒に優勝争いがしたかった。
マルシオ。
ヨンチョル。
ミシェウ。
そして貴章。
4人が作り出したわくわくするような世界は、きっと忘れないよ。
ものすごく暑い夏の記憶と共に。
[PR]
by joehenderzone | 2010-08-26 18:42 | アルビレックス新潟 | Comments(1)
「貴章一時離脱」のニュースが流れた時、少なくともあと何試合かはその姿が見られると思ったけれども。
モバアルで、選手を前にして貴章が言葉を詰まらせたり、ミシェウと固い握手を交わしたりを聞くと、あぁ貴章はいよいよチームを離れる決意をしたのだと寂しい思いが胸に去来して、でもやっぱり否定する自分がいたのだけれども、お昼のNHKニュースで成田のゲートをくぐる貴章の姿が取りあげられてようやく現実に引き戻された気がした。

契約も更新してからなので、移籍金も入ってくるだろう。
ありがとう。
戻ってくる時は、また新潟に戻って来てくれ。

惜しむらくは、一緒に優勝争いがしたかった。
マルシオ。
ヨンチョル。
ミシェウ。
そして貴章。
4人が作り出したわくわくするような世界は、きっと忘れないよ。
ものすごく暑い夏の記憶と共に。
[PR]
by joehenderzone | 2010-08-26 18:42 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

挨拶がわり

♪Let's go, Get goal on
Let's go, Get goal on♪
の声援に後押しされて、11番のユニを着たオレがいつもの席に到着したまさにその瞬間、
貴章のシュートがゴールに突き刺さった。
(ということで、半分はオレのゴール)

そんな感じだから、後半しか見ていないのだけれども、
3-0になったことで、マルシオや、勲、ミシェウを温存することができたし、
新しい選手も長い時間試すことができた。
かといって、力を抜くわけではなく、選手が交代してもサボらずに献身的に前から守備をしていたし、
連携してセカンドボールもよく拾えていた。
メリハリのあるサッカー。

惜しむらくは明堂。
4点目に繋がったあのシーン。
抜け出しての1対1。
ちょっと躊躇したかな。
キープすべきか、撃つべきか。
結果ヨンチョルのPKゲットに繋がったけれども、シュート1本撃つ姿が見たかった。


ともかくその場面も含めて、もう川崎戦が始まっているように感じられた後半だった。
と思ったら、今日の川崎もまた新潟戦に向けての戦いを始めているような感じでしたね。


ともわれ残暑厳しい2連戦。
ホームで連戦できることが、何よりのストロングポイント。
不敗記録は途中で途切れてしまったけれども、
ミシェウ出場不敗の記録は続いている。
そして、何を隠そう、オレの仕事帰り不敗記録も続いていくのであった。
[PR]
by joehenderzone | 2010-08-18 22:47 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
今、家に着きました。
祝杯のしゅわしゅわを開けました。

後半しか見ていないけれど、
土曜日の川崎戦に備えての温存もできたと思うよ。

明訓もアルビに続け!
(アルビが明訓に続いた?)
蹴・散・ら・せ!

以上、ヨンチョルの日本語の足元にも及ばない、
駄文でお送りしました。




暑くておかしくなりそうです。
選手の皆様、お疲れさまでした。

[PR]
by joehenderzone | 2010-08-17 23:27 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

Beatles がやって来た!

ついに発表されましたね。

ヨハネ・パウロよりも、やっぱりジョン&ポールなイメージ。

Hard Day's Nights を駆け抜けろ!
[PR]
by joehenderzone | 2010-08-12 21:13 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
キョセラッティは、三角形の底辺に住む紫色の男の子。
お金がとってもあるからか、いつも選手を引き抜くけれど、
底辺と、そのまた下の世界とを行ったり来たりのエレベーター。

ACLが目標だったのに、いつの間にか残留が目標になって、
その残留が決まった途端に大喜びをするチームメイトを見て、
移籍を決意した選手がいた。

シーズン中の監督交代は今回で3回目。
その全てが内部昇格だ。


そんなその日暮らしのキョセラッティを打ち破って、5位での折り返し。
J1昇格当時、サポーターの方が先にJ1に到達したと言って、反さんに揶揄されたマイチームのフロント。
マイチームとともに、よくぞここまで来たもんだ。
その日暮らしにならないように気をつけなければいけないのは、むしろ我々サポーターかもしれない。
[PR]
by joehenderzone | 2010-08-11 22:13 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
会社で枝豆を販売すると聞いて、迷わず手を上げたのは良いのだけれど、この日はノーマイカーデイだったために、車に乗って来なかったことをすっかり忘れていて、網目状の袋に入った500円の値段以上にボリュームのあるブツを手に掲げて、バスで帰宅する破目にになってしまったのも、きっとこのイベントの告知を目にしたからに他ならない。



上空に霞がかかって見えるほど、暑さと湿度が尋常ではなかったこの日。
前半はセカンドボールを良く拾って、FC東京に決定機を作らせない。
後半は逆にセカンドボールを拾えずに、苦しい時間帯が続く。
そんな中で前半も後半も、ここぞ、という時間帯での得点。

2-0とリードを広げた時点で少々雑になったのか、すぐに1点を返されてしまったけれども、最後まで力を振り絞ったナイスゲームでしたね。
得点シーンに象徴されるけれども、決して得点の場面だけでなく、前からさぼらずに良くボールを追いかけていたよね。
特に貴章、ミシェウ、マルシオ。
(個人的には千葉!千葉!千葉!だけれども)

そしてこの日はこの暑い中で、終盤相手の怒涛の攻撃に確かに意気消沈しかけたんだけど、ロスタイムに入って息を吹き返したサポーターの声援、ナイス!
さらにその応援に背中を押されて、最後まで走り続けた選手達、本当にがんばった!
拍手!拍手!拍手!



整いました!
今年のアルビと掛けまして。
枝豆と解きます。
その心は。

黒崎が夏に向ってどんどんうまくなります!

はい。
きしょっちです。





さあ、長岡まつりです。
[PR]
by joehenderzone | 2010-08-01 23:50 | アルビレックス新潟 | Comments(0)