アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

7時に荻窪駅を出発するために、みんなが早起きをしたのに新座の料金所を通過する前に大渋滞。
3車線の道路の2車線を塞ぐ事故は、5台の車を巻き込んでいた。
最初の1台は横転し、左側面のタイヤが空を向いていた。
それに続く1台は左前部が大破して、次の1台は左側面が削がれていた。
所沢までの10㎞弱を進むのに約2時間。
関越トンネルを抜けたのは、到着予定時刻の11時。

こうして何とか駐車場に辿り着いたのは試合開始25分前。
15分前にようやくEゲート付近に到着。
かくして今日初めて口にする食事は『ぽっぽ焼き(9本)』。
300円也。

スタンディングで食べれる物。
片手で食べれる物。
血糖値が上昇する物。
ゴール裏では、ぽっぽ焼き最高!
初めてぽっぽ焼きを心から旨いと感じたよ。

この日のアルビ。
なんだかお疲れ気味。
試合を押し気味に進めたものの、失点から元気を失う。
セカンドボールを拾われて、プレーは雑に。
クロスを早め早めに放り込むもののそこから決定的なシュートには至らず。
エリアの中では仕事をさせてもらえず。
ああ、やっぱり朝食がぽっぽ焼きじゃあダメなんだよ。

幸か不幸か日曜日の試合が終わっても順位は変わらず。
3位のままで中断に入ったことは、良かったのかもしれないけれど。
事故みたいなFKからの失点で、気が付けばすぐ後は大渋滞になってしまっているよ。
[PR]
by joehenderzone | 2009-05-26 21:37 | アルビレックス新潟 | Comments(2)
記憶に残るゴールというのは魂がこもったゴールでもある。

試合前のファビの挨拶に先立つ映像を見て、思わず目頭が熱くなった人も多いだろう。
J1昇格後ホーム初勝利となった、広島戦のゴール。
ゴール後ピッチに両膝をついて、諸手を空に向けて涙を流したファビ。
あるとゲームとなった2006年最終節大宮戦のゴール。
真っ先にマウスの中のボールを拾い上げ、最後まで闘うことを諦めなかったファビ。
ホームではないけれど、途中交代からミドルを2本決めて試合の流れを変えた大分戦のゴール。

この日の2ゴールも魂がこもっていた。

京都戦の敗戦後に、責任を背負い込んでた千代。
浦和戦で最後に戦いに敗れた千代。
磐田戦では、最後のワンプレーでPKを与えてしまった千代。
凄いヘディングだったよ。
ナイスゴール。

完全移籍と開幕スタメンを、喜んでいた松下。
負けた時は、いつも人一倍悔しさを表していた松下。
調子が悪くはないのに、スタメンから外れていた松下。
地を切り裂くようなシュートだったよ。
ナイスゴール。

嗚呼、気付いたらもう木曜日。
でも、ふたつのゴールは色褪せない。
これから先も。
なんたって、魂のこもったゴールだったから。


余談
ワンちゃんって、その昔「ツネ様」の顔真似が得意だって言ってて、どこかでその映像を見たような記憶があるんですが。

だから、ツネ様がOUTした直後に松下がINした時には、ネタだと思ってしましました。
そういえば東京ドロンパもOUTした後、すぐにINしてましたね。
[PR]
by joehenderzone | 2009-05-21 23:09 | アルビレックス新潟 | Comments(2)

お帰りファビーニョ

2006年天皇杯の終戦とともに、ファビとオレらの闘いは終わった。
その日東京駅で、ファビはオレのハグをしっかり受け止め、オレの涙声にきっちり答えた。
「ファビ、絶対に新潟に帰って来てね」





ファビが帰って来たのは、オレとの約束を守ってくれたからだな(^-^)



って、おそらく5万人くらいの人達が思っていて、そのうちなんだかんだで来られない人もいるだろうけれど、きっと明日のスワンはいっぱいに埋まるだろう。

嬉し涙と共に。
[PR]
by joehenderzone | 2009-05-16 19:14 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
清志郎の追悼CDをかけながら、大人の修学旅行1号車は新宿を出発した。
それにしても今更ながら清志郎「ぶっ飛ばす」や「ぶっ飛ばせ」連発。
こちらも調子に乗ってぶっ飛ばしたいところだったけど、満員御礼アンド1泊2日の荷物を乗せた5ナンバーのワンボックスは、中肉中背のおっさんを擬人化したようにぜいぜい喘いで進まず、否、進めず。
山形へ「ぶっ飛ばす」から山形を「ぶっ飛ばす」ことに路線変更。

さてぶっ飛ばせないもう一つの理由はOKM。
懐かCDがアルバム「鎌倉」時代のサザンとか、流星のサドルの久保田敏伸とかノンジャンル、ノンポリシーに変わるあたりから、ちらほらオレンジの気配を感じつつ、郡山も過ぎたあたりから磐越道経由で乗り込むアルビサポの車と多数遭遇、いよいよ濃度が濃くなり始めて、我々も順調に行けば昼過ぎには山形到着できるんだけど、事前調査の結果「おかまに行きたい」「おかまに行きたい」「おかまに行きたい」「おかまに会いたい」「おかまになりたい」などの意見が多数出たため、やむなく白石ICで高速を降りて蔵王登山へベクトル変更。
まったく普段2丁目の目と鼻の先で遊んでいるくせに、これだから大人は厄介だと思いつつ、残雪が残る宮城蔵王へ。
19 Growing upなんて全くそぐわない曲が流れる。
ああ奥居香が奥居香でありしころのプリプリの19 Growing upをリアルに19の頃に聞いていたのに、あれからもう19年も経ってるのかと愕然として、涙を落とし侍りぬ、って頃に 「おすぎです。ピーコです。二人合わせてザタッチです」 お釜に到着。
(ちなみに脳内ではボーイジョージが歌ってますた)
視界に入っているのに、刈田岳山頂のお宮に続く上り坂を全く無視して眼下のお釜だけを眺める我々。
ここが大人の修学旅行たるゆえん。
そんでもって試合に負けた暁には、あぁあの時お参りしてなかったからだよ、なんて言い訳を考えている算段。

山頂でちょうどお昼を迎えたのだけれども、こういう所の食事は値段が張るからねぇなんて口を揃えて言うもんだから、あっさりと山形側に下って蔵王温泉でちょっと遅めの昼食に。
「蔵王名物ジンギスカン」の文字に、ジンギスカンは北海道でしょ、なんて失笑していたけれども、至る所に「蔵王名物ジンギスカン」の文字を目にするにつけ、テーブルに着いた時には全員が「ジンギスカン定食」をオーダー。
山頂でカレーが1,000円かよ!なんて文句を垂れていたにもかかわらず、1,400円の定食に異論なし。
しかもジンギスカンは自分達で焼く(笑)
あぁ大人の修学旅行。

そんなこんなでのんびり、まったりしていたところ、開門時間が早まったという情報が飛び込んできたのだけれど、どう考えても辿り着けない我々は、2号車・3号車の皆様に連絡して座席の確保をお願いするしかない。
ありがとう電波が繋がって、いやありがとう携帯電話、と大人の修学旅行をここでも感じる。
あわよくば蔵王で温泉に、なんて考えが浅はかだったことを悟った我々は、まさに駆け足で山を下って、宿泊先である山形駅付近ホテルにチェックイン。

あわててシャトルバスに乗り込むも、出発時間が決まっているのかなかなか出発しない。
開門どころか、試合開始時間にも間に合わなくなってしまいそうで焦る我々を嘲笑うかのように、バスはNDスタ(線路を挟んで宮城県側)とは明らかに反対側(新潟県側)の乗り場から発車して、新潟県側へ向かって進みだす。
しばらくして右に折れ、ようやく天童方面へと進路を変えるが、標識に酒田とか鶴岡とか表示されて焦りは募る。
もう一度右に折れ、ようやく進路はスタジアムへ。
山形新幹線というか奥羽本線の線路を跨ぐ際に左手にスタジアムの照明塔が見えて安堵したのも束の間、スタジアムは国道13号線沿いにあるはずなのにその13号を横切り奥へ奥へと草木もなびく。
裏側にバスの停留場があるんだと一人納得して、600円(内訳100円×4 50円×2 10円×10)を財布から出して握り締める。
いちおう予想通りにバスは駐車場を左手に見ながら、それを囲む道路沿いに進み、左手に折れる。
その車の数に驚愕して、ああシャトルで来てよかった、どうせ試合終了後すぐに出られないでしょ、それにバスはスタジアム横付けだよ、なんてにんまりしていたところ、バスのスピードはIKKOに、いや、いっこうに落ちずにスタジアム裏手をスルーして行く。
!!!!!!!!!!!(←脳内)
やがてバスはもう一度左折。
このまま真っ直ぐ行くとまた13号だよ。また13号だよ。運転手さん。
昔、深夜にタクシーを拾って、道を知らない運転手さんに3回左折された揚句に元の場所に戻ったことを思い出して戦慄が走る。
ああ悲しいかな、バスは13号に向かってまっしぐら。当然だけどウインカーは左側チカチカ。
しかも13号は国道だから信号が長いんだけど、それに比べて我々の信号は一瞬で赤に変わる。一度の青信号じゃ曲がれやしない。
13号からスタジアムへは右折できないんだよね。
そうだそうだ。
中央分離帯があるんだね。
たとえ中央分離帯がなかったとしても右折禁止だよね。
そんなところで右折待ちしていたら渋滞の原因になるもんね。
ありがとう運転手さん。
そして山形交通バス。
はたして、スタジアムをほぼ一周しかけていよいよスタジアム入口を左折する時オレは見た。
対向車線に右折レーンあるじゃん。
これ、スタジアムの周り1周する必要ないじゃん。
山形駅の宮城県側からバス出して、13号バイパスをまっすぐひた走って、スタジアム入口で右折すりゃあいいじゃん。
ありがとう運転手さん。そして山形交通バス。
感謝の代わりに忠告を。
新潟サポは優しいけど、赤い人たちは容赦しませんよ、なんて心で呟いてバスを降りたのでありました。

さぁダッシュ。
GゲートGゲート。
ABCD・・・てゲートの番号を追いかけると、あきらかにアウェイ側へ続いている。
案内板確認しなかったら、ここでもスタジアム一周させられてたなオレ等。
そんな感じで、ようやくキックオフ直前にスタジアムに入って当然ファビーニョのファどころか、フの字にも触れられなかったわけですよ。
自業自得ですが、ビールも買えず、右手の金属の匂いを嗅ぎながら応援するしか他に手段がなかったのでありました。
ああ、貴章ありがとう!
こっち側のゴールでありがとう!
もうこの辺から記憶が無くなってしまったよ~

だから、翌日の山寺ではリアルに『徒然草第五二段 仁和寺にある法師』。
行った風にして立ち去る。
二日酔いを天童温泉で抜いてようやく正気に戻り帰路についたのでありました。

東京が近付くにつれビル乱立し、光が溢れ出す。
あぁ、慌ただしく、そして時間に追われる日常に戻って行く。
山形はあんなにも山が近く、人が温かく、のんびりと時間が流れていたのにね。
締めはレベッカ、続いてマドンナ。
どっちが パクリ 本物なんだろう。レベッカとマドンナぢゃなくてね。
慌ただしさを求めているのか、平穏をもとめているのか。
ああ、ラブ イズ キャッシュ。
大人達の贅沢な旅。
愛するマイチームのためにお金を使ったGW。
でもやっぱり。
大人になっても修学旅行の終わりはさみしくてせつない気持になった。
(おっさん気持ち悪い言うな)
[PR]
by joehenderzone | 2009-05-11 21:09 | アルビレックス新潟 | Comments(6)

山形に行きますよ!

ちょっと、さっちん大丈夫!
あ、なんだ鞠子も来てたの!?

なんだはないでしょう、トキコ。
そんなに慌てて入ってくることないのに。
ドアちゃんと閉めて、ドア!

それよりさっちん。
郵便受けに「小林様」ってさっちん宛てに大きな封筒が入ってたけど何これ?
ま、まさか督促状!?
また彼氏の保証人になったの?

えー!!!
サチコあのアレさんとかいうブラジル人とまだ付き合ってたの?
泣いてないで、何とか言いなさいよ。

ア、アレとはもう別れたわ。
それに、そ、それは、パチンコ攻略本の年間購読申し込み書よ。

えー!!!
パチンコ!?
サチコやるの?

違うわよ。
全くやらないわよ。
彼氏が。
彼氏が無茶苦茶パチンコ好きで、今年は打ち方を変えたんだって。
442から433だとか何とか言って、数字を並べるから。
私もちょっと知りたくなって、それで。

ちょっと、さっちんそれで年間購読!?
あ、もしかして?

あー!!!
私が貸したお金!!!

え、鞠子も?
さっちん、私が春先に貸したお金は?

トキコが貸してくれたお金は、結局40万に増えたわ。
鞠子のは土壇場で20万円にしかならなかったけど。

えー!!!
そんなに増えたの?
じゃあ、なんで泣いてんの?

ここんところ負け続けて・・・。
ちょっと前は最初に10万負けて、それでもカクヘン3連チャンで一時は20万のプラスよ。
でも結局そのあと20万負けてチャラ。
はぁ。
前々回は、10万プラスからチャラになって、すぐに10万取り返したんだけど、最後は結局チャラ。
そんで、この前なんか、30万のプラスだったのに、気付いたらチャラよ。

潮時を誤ったわね。

ちょっと鞠子なに冷静に分析してんの!

でも、良く考えて。
負けてないわ。

あら、そうね。
で、さっちん何?
まさか、またお金を借りたいっての?
残念だけど、私達は夏以降じゃないと次の融資はできないわ。
特に私は、夏のボーナスがないから、冬になるかもしれないわ。

トキコ何を言ってるの?

と、ともかく、どうしたのさっちん?

うん。
どうもね、応援の仕方が悪いみたい。

応援?
サチコ何を言ってるの?

最近はね、ペアシート?カップルシートってのがあって、二人並んで打てるの。

えー!!!
サチコもやっちゃうわけ?

ううん。
私は隣で見てるだけ。
なにしろ彼はプロだから。

えー!!!
パチプロってこと?

鞠子ちょっと話を聞きましょ。
さっちん続けて。

そう、それで見てるだけなんだけど、私も力が入って応援しちゃうわけ。
「がんばれー!」とか「ここ集中!」とか。
でもって、時には「何やってんだよ!」とか、つい罵声も浴びせちゃうわけ。
でも、さっきも言った通りなかなか期待に応えてくれなくて・・・。

ちょっとサチコ。
私達を呼び出しておいて、結局おのろけ?

そうよ。
一大事と思って駆け付けたのに。
思ったほどお金にも困ってないようだし。
私達に比べて。
ね?

ね?って何よトキコ。
まぁいいわ。
とにかくサチコ。
そんなに悩むんだったら、一緒に行かなきゃいいじゃない。

そうよ。そうよ。
え?
今週末も行くの?
結局好きなんじゃない?
あ~あ。
ごちそうさまでした。





ていう夢を見たんだけど。
何かの暗示でしょうか?
[PR]
by joehenderzone | 2009-05-08 00:21 | アルビレックス新潟 | Comments(1)
面樽弱志様

拝啓
 薫風の候、貴殿ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 さて先日拝見させていただきました試合でございますが、流れから美しい得点を3点も決めていただき、その際の歓喜といったら山のように高うございました。
 その一方で得点直後の失点には目を覆うものがございました。
 さらにロスタイムの失点には言葉を失い、その悲しみは海よりも深うございました。
誰が悪いとか、誰の責任だとかそう言うことは申し上げませんが、老婆心ながら貴殿含め皆様の意志の統一や、時間の使い方、狡猾さを身につけていただきたく存じます。

 私共も、審判へのブーイングを慎み、相手選手への誹謗中傷も慎み、応援に全身全霊を注いでいるわけですが、あのような試合が続きますと、その憤慨の捌け口が見つからず苛立ちが募るばかりでございます。

 とはいえ、私共に出来ることは応援するのみです。
 雨の日も、押されているとき、どのような状況でも応援することしか出来ません。
 山形の地で、強くなられた貴殿と、また再会出来ることを楽しみにしております。
                                
                                           敬具
                         
                                   平成21年5月6日
                                 
                                           将軍
[PR]
by joehenderzone | 2009-05-06 12:27 | アルビレックス新潟 | Comments(8)
後半イエロー2枚で退場。
ロスタイム、最後の1プレイでネットが揺れる。


埼スタ。
マルシオ。

デジャヴ?


10人になって必死にがんばったよ。
だからこそ、勝ち点1を持ち帰りたかった。


でも、









ぶっちゃけ、アルビの方が強いんじゃね?
[PR]
by joehenderzone | 2009-05-02 22:07 | アルビレックス新潟 | Comments(10)