アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:アルビレックス新潟( 869 )

EZ DO DANCE, EZ to DREAM

GKが2人加入という通常ではあり得ないオフシーズン。ひとりしか必要でないポジションに対して5人が存在することとなり、移籍か?さもなくば引退か? という考えが頭を過りましたよね。

クロさんというと、北野が移籍して巡ってきた正GKの座を怪我で失い、東口の怪我で廻ってきたチャンスをまたも怪我で失ってしまうなど、不運のキーパーというイメージが付き纏いました。
それでも一番印象に残っているのはあの2012年の33節、アウェイ仙台戦。
負けはもちろん引き分けすら許されないあの試合。仙台の選手にシュートを撃たれて、やられた(>_<)と思って目を瞑りかけた次の瞬間に、黒河の股の間にすぽっとボールが嵌っていて、事なきを得たあの瞬間。
この試合も含めて、最後の数試合。
黒河なしでは奇跡の残留は無かったとも言えるのではないでしょうか。

あの奇跡の残留を知るメンバーが黒河だけになり、なんて言われていましたが、勲が戻り、貴章が戻り、それを伝える役割を終えるのもこのタイミングなのかな、なんて思ったりもしています。
幸い新潟に残り、アルビに携わってくれるのは嬉しい限りです。一緒にその歴史を刻んでいきたいですね。




ということで、1番空きました。
しんみりした後でおちゃらけエントリーですが、新体制発表前夜、恒例⁉︎背番号予想です。


あくまでも予想ですよ。予想。
では順番に。
1 GK大谷
2 DFカズ
3 DFマグ
4 DF竜馬
5 DF前野
6 MFジャン パトリック
7 DF(?)貴章
8 MFチアゴ ガリャルド
9 FWギュン
10 FWホニ
11 FWイブ
13 MFマサル
14 FW達也
15 MF勲
16 FW平松宗
17 MF伊藤優汰
18 MF成岡
19 FWムサシ
20 MFロメロ フランク
21 GK守田
22 GK吾郎
23 MFノリ
24 DF川口尚紀
25 MF小泉系
26 MF端山豪
27 DF富澤
28 DF早川史哉
29 MF森俊介
30 GK稲田
31 MF堀米ゴメス
32 DF原輝綺
33 FW河田
34 DFゴーソン
35 DF長谷川巧

多いなぁぁぁ。
そして忘れた人はいないか(汗)
いろいろ思いもあるのですが、まあ個人的なお遊びで、単なる妄想なのでご容赦下さい。

それにしても、ブラジルから来た人々。
彼の地では軒並み10番のユニを掲げて笑顔で写真に写ってましたw
さてどうなることやら。
しばしのお楽しみです。

[PR]
by joehenderzone | 2017-01-10 23:26 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
去る人も多かったけれども、来る人も多く、出入りの激しいシーズンオフとなりました。
それでもこの時期、不安よりも期待の方が大きく膨らんできているのは良いことですね。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
個人的にはようやく年末年始の忙しさが落ち着いてきましたので、いまさらながら昨シーズンの振り返りをw。備忘録的に。

まずは私個人の参戦記録は以下の通りでした。
1st 3勝5分3敗 勝点14 勝率.273
2nd 3勝0分10敗 勝点9 勝率.231
年間 6勝5分13敗 勝点23 勝率.250

ホーム 3勝3分9敗 勝点12 勝率.200
アウェイ 3勝2分4敗 勝点11 勝率.333

ちなみにチームとしては、
1st 4勝6分7敗 勝点19 勝率.235
2nd 4勝0分13敗 勝点14 勝率.235
年間 8勝6分20敗 勝点30 勝率.235

ホーム 4勝4分9敗 勝点16 勝率.235
アウェイ 4勝2分11敗 勝点14 勝率.235

改めて4回に1回勝てるかどうか、という成績でよくぞ残留しましたね。
この幸運を何とかして活かさなければなりませんね。

思い出したくもない試合の数々でしたが、悲惨な結果を振り返る個人的ワースト。

7位 2nd2節 H湘南 ●0-1
前からのプレス、切替えの速さ、諦めずに走る。こちらのやりたいことを全て湘南にやられてしまった悔しい試合でした。

6位 2nd4節 H仙台 ●1-2
後半勝ち越しのチャンスを得たPKを、ギュンが止められてからのカウンターで失点。
天国から地獄な試合でした。

5位 1st8節 A名古屋 ●1-2
名古屋の勝ちたい気持ちに負けた。
これで小倉監督が若干息を吹き返したことが、結果的に名古屋の降格に至ったのかもw

4位 1st6節 H磐田 ●1-2
得点直後のカウンターに対してPKを与え、焦る必要のない場面でPKを与えと、内容では圧倒していたのにPK2本で負けた腹立たしい試合でした。

3位 1st14節 A仙台 ●2-4
ラインを割るか割らないかのボールを追いかけずに相手に拾われて、折り返されて決められた。DFへの不信感が募り始めた試合でしたね。

2位 2nd11節 H名古屋 ●0-1
ココ!という大事な試合で踏ん張っていた、これまでのアルビであったが、ここぞの試合で先制され、残留争いに自ら首を突っ込みにいった試合。

ワースト1位 2nd12節 A横浜 ●1-3
残り6試合で、守備のルールや連携が破綻していることが目に見えた試合でした。正直覚悟を決めた試合でした。

最悪の試合だったと名高い、A甲府戦ですが全く映像を見ていないので、除外しました。
見なくていい、と口々に言われましたw
この試合も悪かったようですよね。


さて気を取り直してベストです。
ベスト4から(4からかよ!)
4位 1st12節 A浦和 △0-0(しかも引き分けかよっ!)
引き気味5バックな布陣でしたが、気迫がこもっていました。慶、そしてギュン。守田PKを残した足先で止める!

3位 2nd7節 H神戸 ○1-0
みんなが竜馬を応援し、選手は竜馬をサポートしていた試合でした。
史哉の一件が判明した大宮戦もそうでしたが、他人のために力を発揮できることを目の当たりにした一戦でした。

2位 2nd5節 A大宮 ○2-1
追いついた直後からのアルビペースを手放さず、畳み掛けるような攻撃。
得点が選手を蘇らせ、走らせた試合。
「野津田撃てぇぇぇ!」→ミドルズドン!→うわぉぉぉぉぁい!
とピッチとスタンドが一体となって勝利した思い出深いゲームでした。
試合終了後、涙を流すサポ多数でぐっと来ました。

ベスト1 2nd14節 A磐田 ○2-1
残念ながら現地観戦ならず。
おそらく現地では先述の大宮戦と同様の様相で、ピッチの選手とゴール裏のサポの気持ちが最も合致した試合だったことは想像に難くないです。
同様に涙を流した人も多数いたことでしょう。
この試合を落としていたら、降格していました。
武蔵への裕紀のスルーパスが通らなかったら。
武蔵が康裕と競り合いながらクロスを上げられなかったら。
ギュンが頭から飛び込まなかったら。
思いや気持ちが繋がったゴール。そして勝ち試合でした。


当然負け試合が多かったシーズンでしたが、勝ち試合を振り返るとたまらないものですね。
これがサッカー観戦の麻薬なんでしょうね。
そんなことを思い返す2016シーズン、ワースト&ベストでした。
[PR]
by joehenderzone | 2017-01-09 19:30 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

ゆくレオ くる貴章

レオの移籍のお知らせからの、ロニー加入のお知らせかと思っていましたが、レオ移籍から貴章加入でしたね。

レオの移籍は去年くらいから覚悟していて、むしろお金が入るうちに売ってしまえ!と思っていたクチであり、当初は4年契約だなんて噂もあったから、もしかしてゼロ円移籍か?なんて思っていたので、非情に思われるかもしれませんが、移籍金の入る移籍で良かったですw

とはいえ、やはりアルビの心臓部であり、新潟を愛してくれていた選手だからお別れは悲しいですよね。しかも来シーズンからはライバルだし。
語ればキリがないのですが、あんなに素晴らしい選手を間近で見られた4年間は幸せでしたね。
そしてそのプレーを見るだけでお金を払う価値のある選手だったにも関わらず、集客できなかった我々サポーターの力不足をレオにお詫びしたいです。


そして貴章。
お帰り貴章。
待ってた貴章。
レオはプレーで沸かせることの選手でしたが、貴章もしかり。
貴章がボールを持つとワクワクしましたよね。
FWであろうと、サイドバックであろうと、力強くサイドを駆け上がる姿がまたビッグスワンで見ることができるかと思うと、期待で年が越せそうです。

選手の入れ替わりはありますが、また来季もアルビの試合を観戦できる幸せを噛み締めつつ、新しい年を迎えたいと思います。



レオの代わり?
まあ、小泉慶がいるから大丈夫でしょ。
慶はいてくれるんだよね?
[PR]
by joehenderzone | 2016-12-31 17:59 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
George Michael逝去の報にはびっくりしましたね。

個人的には、ソロデビューのアルバム「FITH」を高校生の時に購入して、大学進学と共に東京へ持って行き聴いていたので、懐かしさが込み上げてきてしまいます。

ワム!時代の代表作ラストクリスマスのlastの意味は、最新の→直近の→去年のクリスマスは〜という失恋の歌詞だったと思うのですが、クリスマスの日に逝ってしまうとは。ご冥府をお祈りいたします。

前置きが長くなりましたが、皇后杯決勝戦アルビレディースを応援するためにフクアリに行ってきました。
今回はオレンジ色で埋まり、ビッグフラッグを広げてほとんどホームスタジアムの雰囲気を作ったゴール裏を見渡せる、メインスタンドアルビ寄りの席でおとなしく(最初は)観戦しました。

前半はアルビペース。
前からのプレスから、奪ってボックスの中へ。
あるいはサイドに展開してゴール前へのクロス。
左からのクロスに走り込んで来た選手(沙弥香
かな?)の足にはわずかに触れられず。
同じく左を抉って上げたメグの低いクロスに合わせたシュートはミートせずに枠外に。
ボックス付近で、パスを繋いで相手選手を振り切って、キーパーと1対1になった場面もあったような。

後半はセカンドボールが拾えなくなり、 守備の時間が長くなるからか、最終ラインで網にかけたボールを大きく蹴るだけで、なかなかマイボールになる時間が少なくなったけれども、それでも文字情報で表現されているほど防戦一方でもなく、時に繋いで、時には左右のサイドからカウンターを仕掛けて揺さぶり続けていたように見えました。

ただINACのダイナモ、代表の中島選手の縦横無尽さに拍車がかかりました。
前半にも後方から駆け上がりバー直撃のシュートを放っていましたが、後半からの、INACの交代出場選手が入ったことと、新潟が後半20分にショコタンOUTによって、ボールの奪い所、供給点が減少したことも中島選手が前方でゴールを向いてボールを持つ機会が増え、脅威となっいました。

一方の新潟のエースメグもピッチを所狭しと駆け回って、特に前からの守備を頑張っていましたが、もっと前で決定的な仕事をさせてあげたかったのと、ココ!とい所での決定的なものが欲しかったですね(前半のクロスがそれだったのでしょうが)。
延長前半かな?ゴールからかなり距離はあったと思うけど、壁はひとりしかいなくて、ゴールマウスが、捉えられる位置。
結局は合わせるクロスを送ったけど、狙っても面白かったと思いました。
あと、同じく延長前半かな、後方からフィードされた頭を越すボールを足首というか、つま先でピタッと止めたボールコントロール。
あれを見れただけでもお金を払った価値がありましたね。

まあ、結果はご存知の通りですが、負けなくて良かった試合でもありましたが、勝てた試合でもあった気がします。
試合が終了した瞬間、呆然と立ち尽くしたのは事実です。
勝ちたかった。
彼女達の頑張りに勝たせてあげたかった。
悔しいかな、その記録だけは残ります。



それでも、我々サポーター。
レディースを普段は応援していないけど、この時ばかりは応援に駆け付けた私のような人達の中には、誇りに思わね人はいないでしょう。

未来に。
そう遠くない未来に。
あの時の敗戦があったから、タイトルが取れたと、胸を張る瞬間が訪れて欲しいものです。

できればそれが来年に。
Last Christmasは…。
という文脈で触れられるように。

この誇りを胸に。
この悔しさを胸に。
[PR]
by joehenderzone | 2016-12-27 23:01 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

メグにカップを!

貴章の復帰が報じられた時、貴章ももう32歳か、なんてコメントがSNS上では見受けられましたが、それ以上に驚愕なのはメグこと上尾野辺めぐみも、気づけばもう30歳なんですよ!

アルビにやって来たのが2006年。
短大を卒業した20歳の時でありましたから、アルビ一筋はや10年になるのですね。
彼女の戦績をみてみると、2006年に21戦出場で17得点と大活躍。
振り返れば彼女の活躍なくして、2部優勝と1部への昇格は無かったかもしれません。

昇格後2年目の2008年シーズンから10番をつけ、中心選手として活躍しアルビレディ-スを一身に背負ってきたと言えますよね。
代表に選出されるも、代表ではベンチを温めることが多く、もしもベレーザやINACなどの強豪チームにいたら、という思いが頭を過らないわけではありません。
それでも、メグは一貫して新潟の選手として闘い続けてくれています。
明日を最後に引退する選手に、というのはもちろんですが、メグにも優勝のカップを掲げてほしいと切に願っています。
目指せ優勝!




末尾であはありますが、この度の糸魚川の火災で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

辛島監督はじめ、レディースの選手達も火災のことに触れ、避難されている方たちを少しでも勇気づけられるようなプレー、勝利を届けたいと口にしています。

勝ちましょう!
勝ってカップを掲げましょう!
[PR]
by joehenderzone | 2016-12-24 18:00 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
今朝はサポ仲間からのLINEで目が覚めた。
オファーを出した貴章が新潟移籍を決断、という名古屋方面のスポーツ新聞の情報でした。
正式発表があったわけではないので、まだ素直には受け止められないのですが、同じ紙面に出ていたユウキコバヤシの名古屋への移籍が今日発表されたことを考えると、近々動きがあるのではないかと考えられます。

同じく今日発表された堀米選手の移籍加入を含めて、改めて思うところを書き連ねたいのですが、ちょっと埋もれてしまった感じのあるレディースの選手の引退の話題に触れてみたいと思います。

先日の小金丸選手
http://www.albirex.co.jp/sp/news/ladies/50637
山田選手
http://www.albirex.co.jp/sp/news/ladies/50635
に引き続き昨日は、
斎藤友里選手
http://www.albirex.co.jp/sp/news/ladies/50672
平井咲奈選手
http://www.albirex.co.jp/sp/news/ladies/50673
も引退を発表しました。

試合をあまり観に行っていない私ですら、フィールドプレイヤーの3人は、レギュラークラスの選手であり、スタメンもしくはベンチに名を連ねていることを認識しています。
まだまだプレーできるであろうに、残念でなりません。

昨年までは、男子のトップチーム並みに、いやそれ以上に主力が移籍し、または不可解な移籍が相次いでいたレディースでしたが、今回はまさかの引退ラッシュです。

ただ、彼女達のコメントをみると、サッカーが好きで、新潟を愛していてくれたことが垣間見られます。
なんとか決勝へ。

本当に残念ながら、私は準決勝へ応援に行けません。
23日に応援できる人は西が丘へ。
そして決勝へ。

25日は早起きする準備はできてます。
行きましょう決勝へ!

[PR]
by joehenderzone | 2016-12-21 23:39 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

新潟のバンディエラ 15

クラブワールドカップ決勝。
開催国枠ではあるけれどもJリーグ代表として、もちろん鹿島を応援してました。
柴崎、昌子、大吾なんかが目立ってましたが、個人的には小笠原に一票。
序盤に少々不運な失点を喫してしまいましたが、それでも全く諦めることなくベテランキャプテンが勝ちに行く姿勢をみせていたのが印象的でした。
浦和とのチャンピオンシップ2ndレグで、早い時間に先制を許し0-2と圧倒的に不利になった状況下に似ているな、と思って見ていました。
鬼の形相で、果敢にプレスに行き、走り、ボールを奪われたら奪え返しに行く。
盛岡市生まれ、大船渡高校出身、寡黙で、闘う姿勢でチームメイトを牽引する。
多少イメージ先行もありますがw


新潟では嬉しいニュースが。
本間勲の復帰。
こちらも多くを語らずとも、背中で引っ張る男。
個人的には、昨シーズンオフに達磨監督就任の報を受けて、そして新監督が4-1-4-1を採用と知った時、アンカーとしての勲の帰還を切に望んだのですが叶いませんでした。
まあ、新潟だけの事情ではなく、栃木側の事情や降格に対する勲本人の責任感とかそういったこともあったのでしょう。
だから昇格の道が断たれた今オフも、同様に復帰がかなわないかな、と思われたのですが、今回は栃木側の事情と新潟側の要望が合致したということなのでしょう。

ともかく新潟に生まれ、新潟のチームでプロ生活をスタートして、J1に昇格し、新潟でキャプテンとなり、残留を生き残った勲は新潟そのものです。
15番を空けて待っていた理由を、アルビに関わる誰もが知っていたのではないでしょうか。


ところで、県名コードというのが存在しているのをご存知でしょうか?
正確には、全国地方公共団体コードの中の、都道府県コードというのでしょうか。
私の会社でも、全国各地の得意先を検索する際のキーとして日々利用しています。
全国各地といっても、やはり新潟県内に本拠を構えているので、自ずと県内の得意先が多いのですが、いつも新潟県を選択する時に感慨に浸るのです。

そう。
新潟県のコード番号は15。

本間勲は新潟そのものなのです。
[PR]
by joehenderzone | 2016-12-19 22:23 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
リーグ戦が終了し、天皇杯も敗退。
アルビレックスの今シーズンが終了して久しいけれども、チャンピオンシップや、プレーオフ、入れ替え戦を傍観して、それらが終わればクラブワールドカップ。
意外と手持無沙汰にならずに過ごしています。
まあ、こっからが長いんだろうけれども。

アルビの事情はどうかというと、先日掲示されたサポカンの資料の「事前に受け付けた質問とクラブからの回答」をようやく読み終えたところw
そんなこと訊くなよ!とか、オレが代わりに応えてやろうか!などと思うような質問があったり
現状の制度の下ではどうすることもできない状況や、クラブの置かれた状況を顧みない質問なんかに憤りもしたけれども、肝心な議事録には目も通せていないので、こちらはまたの機会に。

選手の動向としては、既報の通りラファエルとマツケンが去り、コルテースはブラジルに復帰と向こうでは報じられている。
元新潟のとあるストライカーには断られたものの、みんな大好きあの選手に復帰の声をかけるなど、予想以上に頑張っているなぁと感じたりもしています。
新加入選手としては、浦和からGK大谷選手の発表があり、未発表ではあるものの札幌からはゴメスこと堀米選手が加わることが確定しているようです。
ブラジルからも、噂の域を出ないけどマテウス・ガウデザーニに加えて、ロニー・シルバの加入が決まりそうです。
特にロニー。
既にハッピーターンの10番ユニを掲げて写真に収まっているところを目撃すると、なんで発表はしないんだろう?と思ってしましますが、それはきっとクラブワールドカップが終了して、鹿島がレオの移籍を発表して、新潟方面がざわついて悲嘆に明け暮れるその時に発表されるんだろうな、と個人的には思っていますw
Jリーグアオーズが終わってからかな?


ところで、シーズンがまだ終了していないのはレディース。
明日の準々決勝を勝ち抜けば、年末までまだまだシーズンは続きます。
対戦相手は長野パルセイロ。
今シーズンはリーグ戦で2敗。カップ戦で1勝1敗。
勝った1試合も相手のエース、代表FWの横山久美を欠いた試合のみと苦戦が予想されます。
個人的には、決勝に進まない限りは応援に駆け付けることができないので、昨年同様なんとか勝ち抜いていってもらいたいものです。

そんなアルビレディースでは、GK小金丸選手と、ボランチの山田選手の現役引退が発表されました。
特に新潟のショコタンこと山田頌子選手(と勝手に命名してますが、言うほど試合を見に行ってないのですみません)は、攻守に効いていてメグの負担を減らし、メグの攻撃参加の頻度を上げていたようにみえました。
怪我とか、諸々の事情はあろうかと思いますが、レオが抜けるに匹敵する、もしくはそれ以上の痛手になる可能性も無きにしも非ずです。
ともかく、長野との相性は悪いですが、タイトル獲得のチャンスも残されているのですから、ショコタンが現役選手であるうちに、レディース悲願の皇后杯を掲げてほしいものです。
[PR]
by joehenderzone | 2016-12-16 18:30 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
ラファ移籍のニュースから一晩明けて、今度は移籍加入の噂が耳に入ってきました。
札幌から堀米(愛称ゴメス?)。
名古屋からは貴章の名前も。
そして監督は・・・。

さてその監督云々にも関わってくる、新潟らしさって何だろう?の続きです。
えのきどさんのトークショーのメインテーマでした。
サッカーにおける新潟らしさってことです。

そもそもは、片淵さんに監督が変わってから掲げられたキーワードの中の一つだったはずです。
指揮を執った初戦の磐田戦での勝利を見届けて、新潟らしさが戻ったとか、アルビのサッカーが戻ったなんて言葉が乱れ飛んでいましたね。
そんなこんなを踏まえて、新潟らしさに関して様々な意見が出ました。
それはハイプレスのショートカウンターだって人もいました。
前線からの守備だって人もいました。

最後まで諦めずに走り抜く。労を惜しまず泥臭くプレーするって言ったのは私だ。
加えれば、倒されても倒されても起き上がって立ち向かうのが、自分の中でのアルビのイメージだ。

この日司会進行を務めておられたぐっちいさんは、練習見学でみた光景を引き合いに出して、
チーム状況の良し悪しや、選手や監督の入れ替わりがあったとしても、前向きに真摯にサッカーと向き合っているその姿も新潟らしいと表現されました。
それがもう公式戦が終了した状況下の練習であったとしても、同じ雰囲気を感じたと。


この問い掛けに対する答えは、あってないようなものだと思うのですが、えのきどさんはひとつ、いやふたつ面白いエピソードを語られました。

そのひとつが、インプリンティング(刷り込み)です。
卵から産まれた雛が、最初に見た動くものを親だと思う行動で、例えば最初に見た動くものが、おもちゃの自動車だったらそれを親と思い込みついて行ってしまうっていうあれですね。
J2優勝からのJ1昇格。
ここで初めてプロサッカーを目の前で見たというアルビサポーターは多かったのではないでしょうか。
何しろ試合毎に4万人ですからね。
つまりは、この時のサッカー、この時の監督が親であって、「それが新潟」と思っているのではないでしょうか。
この時の印象が強烈に焼き付いているんですよね、と。

もうひとつが、男のファッション=モテ期で思考停止説(私がつけた仮称です)。
えのきどさんのお友達の女性漫画家さん(お名前は失念してしまいました。すみません)が指摘したそうですが、男性は自分が一番モテていた時のファッションが一番だと思い込み、そしてそこで止まってしまっている(ということに可哀想ながら気付いていない)そうですwww
これも先述の刷り込み同様なのですが、一番幸せだった時代が忘れられずに、そのスタイルが変えられない。変えようとしないということです。
前者になぞれば、反町時代のサッカーが一番と思って、そこからの変化を受け入れられない。
ということにでもなるのでしょうか。

ここから考えることは人それぞれではありますが、私にはたかがJ1に昇格してから13年でしかないのだから、実は「新潟らしさ」なんてものは幻想にすぎないのではないのだろうか?ということを感じました。
もしかすると達磨監督の元で残留してたら、来シーズンもそのスタイルを継続して、タイトルなんか取った暁にはそれが「新潟らしさ」になったかもしれませんしね。
例えば「新潟らしさ」を掲げた片淵監督が今後も指揮を執り、もしくは新監督が指揮を執った場合でも、その「新潟らしさ」をあの輝かしきJ2優勝と昇格時代のサッカーに求めたならば、それは進化ではなく退化になってしまう可能性すらあるのです。

新潟らしさってのは、本当はまだまだ作られていなくて、これから作られていくものかもしれない。
そんなことすら感じたのでありました。

間もなく誰が指揮を執ることになるのか、発表になりそうな雰囲気がサポーターを包み込んでいますが、これまでにあったようなスタイルで行くのか?これまでにないスタイルで行くのか?
シーズン終了後は不安が大きな部分を占めていましたが、期待がその大きな部分を塗りなおしてくれるような、そんな気分になる発表前夜であるのです。
[PR]
by joehenderzone | 2016-12-08 19:02 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
ラファの移籍が決まりましたね。
残念。そしてさよなら。
お金を残して欲しかったね。
浦和も、Jリーグ全体をもっとレベルアップするためにも、0円の選手ばかり獲得せずにお金がリーグ全体に回るようにしてほしいものですね。
ぷんぷん。

と出ていく選手には素っ気なく、めちゃくちゃ激怒するわけでもなく、来シーズンは来シーズンで頑張ろう!と思っている私は新潟県人。

さて本題に入る前の序章です。
徳川幕府末期、明治初期の頃は新潟県の人口は日本一であった、という噂を耳にします。
廃藩置県による県境は現在とは異なるため、一概には言えないけれども、Wikipedia(を鵜呑みにするのもどうかと思うが)によると1887年から1892年までは全国一位、その前後も東京、大阪、兵庫、愛知といった太平洋側の商都を抱える府県に肩を並べるほどの人口を擁していたことは間違いないようである。

このことは裕福とまでは言わないまでも、食うに足る一定の生活をできていた証左ではないかと思っているのです。

新潟に生まれ育ってきた中では気付かなかったものの、一度外に出て、また戻って来るとよく分かるんです。
生きていけるって素晴らしい。
肥沃な大地と食糧って偉大だ。
米ってすごい。

とここまで書いて、何のことやらと思われているかと思いますが、去る11月27日に北書店で開催された『えのきどいちろうトークショー』を前にした土曜日、えのきどさんがFM PORTにご出演された際の告知で、「明日のテーマは新潟らしさです」とおっしゃられたことに端を発します。

新潟らしさって何ですかね?
そんな問いかけを、えのきどさんに振られる予感wがして、漠然と考えていました。
もちろんサッカーにおける、Jリーグにおける新潟らしさというのを考えておくべきだったのでしょうが、新潟の地と血がどんな影響を、どんな新潟らしさを与えているのかを考えてみてしまったのでした。

ACLを目指そう!とコレオグラフィを掲げると、不相応だと叩かれる。
ブーイングをして、罵声を浴びせてまでの勝利至上主義ではない。
良く言えば優しく温かく、悪く言えば貪欲さがない。だって食べていけるんだもん。
それが新潟。

この土地を気に入ってくれる選手に対しては愛情を注ぎ、出て行った選手に対しては時に裏切り者のレッテルを貼って憎悪する。
和を尊ぶけれども、乱す者は村八分。
それが新潟。

これってステレオタイプな日本や日本人のイメージに近いけれども、新潟は特に顕著なはずです。
風雪に耐えるがごとく残留争いを耐えに耐え、苗から稲穂へ実るまで温かく見守るごとく若手を育てに育て、そして出荷するw

私は米を作る人ではないし、先祖を遡っても米作る人ではない。
それでもやはり、こうした気質は抱えていると思うのです。
良くも。悪くも。

新潟らしさって何ですかね?
諸事情により開演の間に合わず、ひっそりと後ろで聞き入ってようと思ったら、入り口側にまさかのステージw
そんでもって、えのきどさんの前の席に遅刻したにもかかわらず座らせていただいてからの、予想通りに話を振られてしまいましたw

新潟らしさって何ですかね?
「やっぱりお米を作ってる人達だな…って感じです」と聴衆を前にして応えてしまった私。
これがトンチンカンな回答の真意だったのです。

新潟らしさってば、なんらろっかね?
(次回があれば)つづく。
[PR]
by joehenderzone | 2016-12-07 20:10 | アルビレックス新潟 | Comments(0)