アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
金沢まで車を走らせ、そこから電車を乗り継いで吹田スタジアムに到着したのは試合開始30分前。
年に一度の邂逅を果たすガンバサポの友人と挨拶を交わして、選手入場を迎える時間にようやくスタンドインしました。
入場はエルビス。やっぱり声量が違います。
もちろん歌いましたよ。久しぶりで音外してましたがw

まず最初にこの試合を観ていて感じたことは、ハーフタイムにも観戦仲間に囁いたのですが、この目の前のゲームで決まってしまう気がしない不思議な感覚でした。
0-0のまま引き分けても、他の結果によっては降格が決まってしまうというのも実感が湧かないし、コテンパンにやられているわけでもない。
ピッチはそこにあるし、選手は走りボールを蹴る。何年間も週末になると目の前で見て来た光景が、今日もそこにあるだけなのにと。


さてそのゲーム。
試合展開はここ数試合のそれと同様に、奪ってからのショートカウンターから撃ったり、ちょっとしたミスからゴール前に運ばれて撃たれたりと、チャンスとピンチを繰り返しながら時間が進んでいきました。
悪くない。
いつも通り悪くはないんだけど、決まらない。決めきれない。
決定機は新潟の方が多かったはずだけれども、ことごとく東口に拒まれていた。

後半からに駆けつけたサポ仲間に、どんな感じ?と聞かれたから、2,3点くらいヒガシに止められたと応えたけれど、その後半も序盤から東口のさすがと言わざるを得ないスーパーセーブによって得点に至りませんでした。
特にホニが抜け出した場面では、前半の反省から、シュートフェイントを入れて東口が身体を投げ出したのとは反対の方向へシュートを放ったにも関わらず、ヒガシは残した足でそれを弾くスーパーセーブ。
こりゃMVPは東口だわ。ヒガシに引導を渡されるならば仕方ない、とも思ったのでした。

それなのに、真っ直ぐに撃ったシュートがゴールに吸い込まれるのですからわからないものです。ホニのグランダーのクロスにマサルがスルー。そこに詰めていた良純のシュートでしたが、実際はガンバの選手に2回触れて良純の前に溢れてきた感じでしょうか。ガンバの選手がいて、ブラインドになっていたような感じもラッキーだったかもしれません。

終了の笛が鳴った時は、もう歓喜の渦。
用意してたのと違う涙が溢れそうになりました。ホーム札幌戦を身内の不幸で見逃した私にとってはアウェイ甲府戦以来、実に半年振りの万歳でした。


ところで、前述のガンバサポのお友達ですが、私が初めてお会いしたのは2012年の万博記念公園競技場。そうアルビとガンバ両チームで残留争いをしていた年です。
その後ガンバは降格を経て昇格。そしてヒガシが移籍して、タイトルも獲得。
片や新潟は、残留はしたものの、ほぼ例年の低空飛行。
あの時も、この日もこの地では何も決まりませんでしたが、来年とか再来年とか、未来のチームにとって意味のある一戦だったと思い返す日がまた来るのではないでしょうか。

余談ですが、あの時小さなサッカー少年だった息子さんは、来年香川県の高校にサッカー進学することが決まったそうです。
次に会う時を楽しみに。
またここから。
待ってろよ。
またここで。
[PR]
# by joehenderzone | 2017-10-15 22:23 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
昨晩ようやく神戸戦の録画(地上波)を見ました。

前エントリーを引っ張ってしまいますが、選手入場時にアナウンサーが、「好きにならずにいられない、と言うまさにサポーターの想いを乗せた歌で選手をピッチに迎えます」的なことを喋っていたが、背後では全く違うチャントが流れているというお粗末さw
しかも声量足らずに盛り上げてる感がまるで無しw
中継局としても想定外だったのでしょうが。

さて。
今更なので、試合のことを事細かく取り上げはしないのですが、改めて見直すと、悪くはないし、互角にゲームしてるんだけれどなぁ、と今シーズンずっと感じてきたことをまた思うのでした。
繰り返し繰り返し再生しているような気分になりました。

この短い中断の間に、代表戦を観て、非難や批判がたくさん聞こえてきた代表選手ではあったものの、やはり最後にゴールに向かう気持ちだとか、嵩に掛けて攻めている時の迫力に感心したのでした。

結局アルビは、アタッキングサードでの気迫、そして攻められた時の体を張った守備が薄く弱い。貧弱なんだな。
小川佳純の言うところの、最後には個のところ、なんだろうな。
と思ってしまった。

昇格してから数年間に比べると、選手の技術やボール運び運び格段に上だと思う。
確かに昔はトラップがデカかったり、なんでもないプレーでボールロストしたり、サイドライン割ったりしてたものでした。
でも下手だったけれど、決める時は決めていたし、終盤のここぞという場面で得点していたものでした。
守備も最後の最後は体を投げ出して、失点を防いでいたような気がします(悪いことは記憶から消えているので、そうとばかりは言い切れませんがw)

翻ってここ数年のアルビが悪くなく、上手く見えるというのはアタッキングサードとアタッキングされサード以外の真ん中の1/3の所だったんだな、錯覚だったんだなって思ったのでした。

シュート練習時のゴールの少なさや、ゴール前のちょちょらな感じ、ゾーンで守るセットプレーなどを見ると、最後の大事な部分で責任を持つ、命懸けでプレーするような気迫が薄いように思えてなりません。

残りの試合、アタッキングサードとアタッキングされサードの部分で、どれだけの覚悟を見せるのか?
そして誰がそれを表現するのか?
楽しみに観てみたいと思うのです。
まずは、吹田スタジアムにて。

[PR]
# by joehenderzone | 2017-10-13 00:11 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

ちゃんと歌えてる⁉︎

札幌戦も、神戸戦も声が出ない状況だったので、大きな声では言えなかったのだけど、なにゆえに選手入場のチャントを変えたのでしょうか?

札幌戦は勝てば潮目が変わるかもしれない、残留を争う下位チームとの対戦。
神戸戦はもう後のない、待った無しの一戦。
どちらも、今後のアルビにとって大切な試合であったことは間違いありません。

声が出ないということを言い訳にして、客観的に選手入場を見ていたけれども、札幌戦では「え⁉︎ なにこれ?」と戸惑い、声に出せないサポーターが多数いました。
神戸戦では事前練習の甲斐もあり、ゴール裏では歌っているサポが多かったですが、半数くらいは配布されたアンチョコを見ながら歌っているようでした。
ゴール裏ではこんな状況だったのですが、メインやバックではどうだったんでしょうかね?

神戸戦当日、札幌戦に参戦していないゴール裏の仲間サポに、札幌戦から歌い始めたことや、選手入場時のチャントであることを伝えたら驚いていたくらいなので、他のエリアの人達の戸惑いは大きかったのではないでしょうか?

確かに、エルビスは英語の歌詞なので直接気持ちが伝わっていないと言われれば、そうかもしれません。
バラードなので、気持ちをあげていくに相応しくないと思われれば、それも納得です。
この瀬戸際にあって、サポーターの気持ちを言葉にして、選手達を奮い立たせたいという気持ちは十分に理解できます。
歌詞カードも作り、告知もして、練習もして。力を尽くしていることも知っています。

でも残念ながら、慌てて急場を凌いでるように感じてなりません。
例えてみると、練習でやったことのないことを試合中に突然指示されて戸惑う選手達のように。堀米に代えてソンジュフンを投入した仙台戦のように。

もしもエルビスが駄目であるならば、だったら俺達には「アイシテルニイガタ」があるじゃないか⁉︎
そう思わずにはいられません。

今シーズンのホームゲームは残り3戦。
残留はもちろん厳しいでしょう。
満員のスタジアムなんて無理。
だけれどもせめて、ゴール裏だけではなく、スタジアムが一体となって選手の背中を押し続けた。
最終節の最後まで声援を送り続けるビッグスワンだった。
そんなことを語られるくらいの、そんな雰囲気であってほしいと、声を大にして言いたい!


追記:ここ2,3日で、声が出るようになりました。
残り6試合、がんばるのみです。
(声が出ない時は、拍手のみだったのですが、野次も言えないし、ゲームしっかり見て拍手しなきゃだし、意外と素直に試合に向き合えるものでしたよ)
[PR]
# by joehenderzone | 2017-10-09 13:46 | アルビレックス新潟 | Comments(0)

正直0-1で負けてはいたものの、我々の時間もあったし、神戸の攻撃も散発的であったので、前節の札幌戦のように同点に追い付きさえすれば、何とかなるのではないかと儚い希望を持って応援していたのですが。


そこはポドルスキ。
1点取っちゃえば試合決まるじゃん。
自分で行っちゃうよ。
ひょひょいのひょい。
ほほいのほい。
てな感じに私には見えた。


私の眼には、他の神戸の選手達は、何が何でも2点目を取りに行くという気持ちではなく、なんとか凌いで逃げ切ろう、と見えていて、それゆえ同点にさえなればと思っていたのでした。





この日はレディースとのダブルヘッダー。
トップチームに先だって実施された新潟VS仙台を2層目から眺めていて、漠然と感じたのは仙台はフィジュカルに優る外国籍選手である外国籍選手であるGKと2人のFW(MFとFWか?)に依存していて、その前の選手に預けてなんとかというチーム。
対して新潟はきっちりと組み立てて、ピッチに立つ選手全員で組織だってサッカーしているチームである印象を受けました。
だから、新潟の方が優勢に見えたし、何度もチャンスを作り出すだろうなと思っていたら、やっぱりその通りでした。
しかし、仙台が勝つならば少ないチャンスをものにする時だろうな、なんて観ていたらクリアミスを拾った仙台がゴールしてそのままベガルタの勝利というやっぱりな結果となったのでした。




そんな試合を見た直後だっただけに、新潟VS神戸を同じような視点で観てしまっていました。
神戸は決してポドルスキに頼っているわけではなく、選手個々のボール扱いが正確で、むしろ攻撃は規律が守られ、組織だって攻めかかってくるように感じました。
そんな中でポドルスキは自由な感じで、ピッチ上の様々なところに顔を出し、ボールを触り、攻撃にアクセントを加えていました。
先のレディ-スの試合でいえば、アルビレディース的。
ポドルスキはメグみたいな感じでした(逆か!?)



それに対して、アルビは悪く言えばノールール。
ブラジル人選手に頼ってる感じは無かったものの(そもそもスタメンではホニひとり)、なんだか何かが起きなきゃ得点するような感じがしない。
それでも何かが起きてワンチャンスをものにして、勝っちゃうんじゃないだろうか?と思っていたのです。
ベガルタ仙台レディースが勝利した例を目の当たりにしただけに。
0-1であれば何とか。




本当に儚い希望を繋いでいた我々の願いは、ポドルスキのひょひょいのひょい、ほほいのほい、の前に砕かれてしまいました。
風邪のため練習を休んでいたという噂も流れていたポドルスキ。
新潟戦は出場するか微妙という情報も聞こえてきたポドルスキ。
そんなポドルスキにひょひょいのひょい、ほほいのほい、とやられてしまったあの場面を、我々は胸に刻んでおかなければならないでしょう。
これからやってくる苦難のために。
これから歩む道のために。
選手はもちろん、サポータとしても。



[PR]
# by joehenderzone | 2017-10-07 14:59 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
多くのサポが気になっていたように、今シーズンのアウェイの目玉は札幌戦。私も例に漏れず日程発表と共に、先の予定など気にも留めずフライトとホテルを予約したのでした。

さて、ここからは少し長くなりますが、個人的な事情を。
実はシーズンが開幕してからトントン拍子で入院が決まり(この表現がただしいのか?)、お盆休みや夏季休暇を絡めて休みを取れそうな8月に手術の予約?を入れてもらったのです。
しかし蓋を開けてみると、結局入院は8月の末。手術は9月の頭に決まり、札幌へ行けるのだろうか?いや、行けないでしょうな事態となってしまっていました。
何しろドクターの診立てとしては、9月いっぱいの入院。看護師さんにも無理でしょう、と言われる始末。
常人であれば、この時点で素直にキャンセルするのでしょうが、少しオカシイ私は札幌戦までに退院することをモチベーションにして手術に臨むことにしたのでした。

ということで結果として、間に合って万々歳だったわけですが、正直無理かな?と思う時もあり、ホーム連戦を病床にてDAZN観戦することになってしまった時には、いつになったらスタジアムへ行けるのだろうかと思ったりもしました。

だから札幌ドームで河田の2ゴールで追いついた場面を目の前で見た時には、ホントに諦めてはいけないってことを改めて痛感したのでした。誰よりもきっと。

最後まで諦めない。それは、キツイけどプレスに行くとか、セットプレーで最後まで飛び込むとか、相手のシュートに身体を投げ出すとか。

…試合の中身には触れずに、個人的な話を振りかざし、何だか精神論的になってしまいましたが、たぶん小さな諦めないことの積み重ねしか、今のこのチームにしかないと思った札幌戦でした。

できる。
できるはず。
[PR]
# by joehenderzone | 2017-09-28 22:33 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
かんぺーさんいないの?で始まった柏戦。
最初ラインは右から貴章、大武、ジュフン、ゴメス。
個人的に注目は右サイドの貴章とホニのユニット。開幕当初はこの二人の組合せだったわけで、脅威となっていたホニのスピードが復活するのか?守備に回った時に機能するのだろうか?でありました。
もちろん、勝ってほしいというのは大前提ですけれどもね。

またしてもエンドを交換した前半。
ということは前半勝負で、後半守って逃げ切りか?という推測も儚く、キックオフから柏に攻めに攻められる。
最初の5分くらいはボールがハーフラインを越えていないのでは?ポゼッションは9:1くらいじゃないのか?と見ていたが、表示された途中経過は80:20。
ホームで見た磐田戦や仙台戦とは異なって、柏はほとんどボールを失わず、この順位にいるのが納得の強さ。アルビからすると圧倒的な劣勢で、何とか弾き返してもコーナーの連続で生きた心地がしない。失点も時間の問題と思われたのですが。

サッカーとは面白いもので、柏のあり得ないようなパスミスを得たホニが、ピッチの2/3を走り切り、エンドラインからマイナスのクロス。
ファーで合わせたガリャさんがズドーン。
ま、まさかの先制点。
ニアに走っていたタンキが相手ふたりを引き付けて、ガリャのさらに外にはギュンもいる。
今シーズンこれだけ綺麗に決まったゴールがあるんだろうか?そして今後もw

やっぱり得点はすごい力になりますね。
圧倒的に劣勢だった状況が一変してアルビもボールを持てるようになります。そしてゴール前に顔を出すシーンも増えていきます。
柏陣内にボールを運べるようになったからこそ、相手の2枚目のイエローもあったのでしょう。
時間も時間だっただけに、あともう少し我慢して前半を0でクローズできれば勝利に近づいくことができたのでしょうけれども。。。

余談ですが、2枚目のイエローカードが出た瞬間、「マスタービールお代わり一丁!」と叫びましたが、失点の際には「やっぱビール返すわ」って呟いてました。いや、半分飲んでしまっついたんだけどね。

さて後半。
同点に追いついた柏は10人にも関わらず、それを感じさせないゲーム運びだったのでこう思いました。今のアルビ11対10くらいでイーブンな感じかw

でも柏は教科書通り、ブロックを作ってがっちり引いて守っていたので、致し方ないですよね。あわよくば二人の外国人と足の速い伊東純也でのカウンター狙い。
だから、マイボールをキープしてじっくり攻めれば良いものの、ディフェンダーからのパスミスなんかで、相手にボールを易々と渡すから危ない危ない。何度か目を瞑った場面もありました。

それでもアルビは何回もチャレンジするので、さすがの柏もヘロヘロ。ちょうど試合開始直後にアルビが攻められて疲労していたのと同じような状況でした。
タラレバにはなりますが、ここで伊藤優汰で掻き回したりしたら相手は嫌だったろうなと思いました。
また、バテバテだったガリャの代わりに小川佳純を投入するなど打つ手はあったのではないかと思うと悔しくてなりません。

返す返すもディフェンダーの負傷で交代のカードを2枚切ったことが不運でなりません。
ただ、最後の交代はディフェンダーを1枚削ってでも、攻撃の選手を投入して欲しかった。勝ちに行く姿勢をサポーターに見せて欲しかった。と思うのはエゴでしょうか?

貴章とホニのユニット、個人的には賛成です。攻撃が厚くなったような気がしました。ホニは短時間ではなく、長い時間出ていた方が活きると思います。
ただ、貴章の負担も大きくなるので諸刃の剣でしょうか。
次回以降はどうなるのか?
貴章の足の具合にもよるかと思いますが。
ま、そんなこと言ってられませんが。

勝てはしませんでしたが、サッカーの面白さや、ゲームが動いて行く様とか、駆け引きなんかが伝わってきて楽しめた試合でした。
ま、そんなこと言ってられないんだけどね。
[PR]
# by joehenderzone | 2017-08-28 17:27 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
残り時間が少なくなってから、エリア付近で与えた至近距離のFK。野津田が交代で入った直後だから残り20分くらいか?
このFKが壁に当たってことなきを得た時に、今日こそはイケるかな?と思ったのですが。

その後、タンキOUT富山パイセンINに続き、交代準備でジュフンが呼ばれたのが見えて驚愕。
いやいや。
ジュフンじゃないでしょ。
メッセージとしては守り切れ!なんだろうけど、まだ10分近くある。
守りを固めて守りきれるほど、今のアルビは強固ではない。
ならば攻める姿勢をみせて、せめて追加点を奪わなくても、落ち着かせられる選手=小川や、カウンターをちらつかせられる選手=ホニを投入することが優先だったのではないか、と。

さて、そのジュフンが入ったのは左サイドバック。百歩譲ってジュフン投入だとしても、機能していて相手を押し込む形で守りにも貢献していた(ように私には見えた)ギュンとゴメスの左のセットを崩すのではなく、イエローカードを1枚もらっていた小泉を替えて3バックに、
3-4-3にして右サイドハーフは貴章、左サイドハーフはゴメスだったのではないでしょうか?

小泉ではなくても、バテていた前の選手、例えばチアゴをOUTさせて、マサルを前に、小泉をボランチにという策もあったのではないでしょうか?

補強も含めて手厚い前の選手を活かせずに持ち腐れにしつ、シーズン前から手薄い後の選手でヤキモキする。

サッカーはミスのスポーツだから、サッカーはチームスポーツだから、ひとりの選手を戦犯に仕立て上げ、公言するのは良くないと思うのですが、これは監督のミスですよね。

ちょっとこの敗戦は痛いですね。
残留というのはいうまでもなく、今後の。
来シーズンもロペス監督に任せるのか否か。
そして選手達は監督について行くの否か。

痛いの痛いの飛んで行け。
私の心のみならず、様々な所に空いた穴をチームアルビレックス新潟は、今後どのように埋めていくのだろうか?
[PR]
# by joehenderzone | 2017-08-20 23:11 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
またしても試合前日。
手短かに。

前節のFC東京戦と同様で、気合十分な選手と集中して対応している選手達。
それどころか、攻められる機会は少なくむしろ攻める機会も多々あり、勝機はあるな、と思わせる内容でした。
1失点後も、同点にさえすればなんとかなるのではという内容に見えました。

その1失点も、これまで続いていた目も当てられないようなミスからの失点ではなく、戦犯として責められるほどのパスミスではないと思いました。
確かに、マズイ!と思いましたが、まだカバー可能だったはずです。

前節との違いは、最後に体を投げ出す、気を抜かずに守り切ろうという差にあったような気がします。2失点目のスーパーなゴールも、もし少しでも詰めていれば、という気がしてなりませんでした。

ただ、私はブーイングや文句は言えなかったです。闘う姿勢は見えましたから。
ただただ、今はどんなに内容が伴ってきても、どんなに闘う姿勢が見えたとしても、勝利が一番必要なこともまた確かではあります。
[PR]
# by joehenderzone | 2017-08-08 22:37 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
長岡を出発する時は、夏らしい暑い日差しが差していましたが、魚沼から県境に近づくにつれて雨模様。
トンネルを抜ければ、という期待も淡くむしろ雨脚は激しくなり、都内は時間を巻き戻したかのような梅雨空でした。

日曜日。前日からの雨は上がったものの、どんよりした空と湿気の多い気象。
日差しこそないものの、じっとりと汗ばんでくるようなどんよりした空気の中で運命の一戦がキックオフとなりました。
(運命の一戦・・・が今シーズンは何度も何度もあるような気がしますがw そしてこれからもw)

日曜日、それも夜の試合ということもあって、端から観戦を諦めていましたが、タンキ、大武、磯村と新戦力を加えてリスタートを切る新潟に期待しつつ、またしてもセットプレーはゾーンに戻すという記事に一抹の不安を感じ、急遽参戦することに決めました。
週末に向かって、タンキが登録間に合わずに、今節の試合に出場できないという驚きの報道から始まって、スタメンメンバーはともかくベンチメンバーを見て、原君がベンチスタートになったり、高聖がベンチメンバーだったり、マサルや達也、成岡がいなくて怪我?だという情報が入ったり、試合時間が近付くにつれて期待値よりも不安の値がぐんぐんと増していったのも重苦しい空気の一因だったのかもしれません。

もう明日は次の試合、そして試合の展開はもうご存じだと思うので割愛させていただき、ざっくりとした感想を。
試合終了後に思ったことは、タンキがいたらどうだったんだろう、です。

何度かあった決定機。試合を決める2点目を決められたかもしれない瞬間、同点に追いつかれた後の終盤。
確かにホニが決めていればなあという場面は多かったです。
ただし、奪い所が低くてカウンターを決めるには相当な距離を走らなければならないし、なによりゾーンディフェンスのセットプレーでは前で残っている選手が皆無なために、ここからのカウンターにも骨を折るような状況ではありました。
また、中でしっかりと弾き返すことができていたが故に、かろうじて失点を逃れたシーンが多かったのも確かです。
しかし、以前よりは改善されたものの、サイドに張った敵の選手にボールが渡ると容易に深いところまでボールを運ばれて、頻繁にクロスを上げられてしまっているのは相変わらずでした。
思うに、ボールの奪い所、ボールを奪う際の連携、ルールがまだ希薄というか徹底されていない印象でした。

それでも、勝点1を死守できたことはプラス材料としたいですし、それに至ったのは選手から伝わってきた「気迫」「気合い」「気持ち」といった気力でした。
加えてその気力をチームにもたらしたのは、新戦力の大武と磯村のふたりであることが伝わってきました。
それだけに。それだけに、タンキが出場していたらどうなっていたのだろう、という思いが強かったのです。

勝点1で良し。正直、12節くらいならばそんな気持ちでいられるのですが、もう19節。
だから勝ちたかった。
そして気力がみなぎっていた選手達を勝たせてあげたかった。
そんなもやもやして晴れない気持ちと、選手たちを ♪ニイガタ Let's Go ♪で迎えたゴール裏にぐっときて、ちょっと湿っぽい気持ちになったのは内緒。

県内は8月2日に梅雨明け宣言。
再開初戦のアルビレックス新潟は、まだまだ梅雨空でしたが、新潟県の空模様にならって明日からカラッと梅雨明けしましょう。
[PR]
# by joehenderzone | 2017-08-04 18:46 | アルビレックス新潟 | Comments(0)
前半の17節が終了して勝点8。
残留ラインの上下はあるだろうけど、2回に1回勝てば良い(というのもかなり厳しいのだが)では、すまないレベル。
ここまで2勝しかしていない我々にとっては、残り10勝するのはかなり絶望的な数字になってしまったわけです。

つまりここで、はらたいらさんに全部を賭けても、もはや残留ラインには届かないわけで、篠沢教授に全部を賭けるくらいのレベルとなりました。
加えて、その正解が「タンキと大武」であってほしいのと、さらに篠沢教授がその正解を導き出すことができるのかもまた問題なわけです。

そしてさらなる難題は、これは最終問題ではなく、まだ折り返しなのです。それにも関わらずこれから先は篠沢教授に賭け続けなければいけないくらいの残金なのです。

我々は、倍率ドン!さらに倍!になる前に、早くも篠沢教授に頼らなくてはいけないのです。

そういうことなのです。
そういう状況で前半戦を終えたのです。
[PR]
# by joehenderzone | 2017-07-02 23:29 | アルビレックス新潟 | Comments(0)