アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

伝説の男、みたび。しかしそのスーツはリバーシブルか?(3月25日ナビスコカップ1節 ●1-2大宮)

 伝説の男であるオレ様は、定時にきっかり仕事を終えて17時23分の電車に飛び乗った。
2回の乗り換えを無難にこなして、約1時間後に大宮駅に到着。
血糖値が下がり気味のオレ様は、温かい紅茶とおにぎりを購入し、その組み合わせに対して店員に、しかめ面をされるものの、オレ様光線を発して一路NACK5へと道を急いだのだった。

 寒い。
「氷川神社」という名前がまた寒さを助長する。
コートを脱いで、上着を脱いで、ユニを着る。
寒い。
寒すぎる。
スタジアムに入ってからもビールを買う気力など湧かず、ノンアルコールでキックオフを迎えるオレ様。
想像していた大島と、ヨンチョルの2トップではなく、大島とアトムの先輩後輩コンビ。
サイドハーフはマルシオ、松下。
ボランチは勲と千葉。
サイドバックは、ウッチーの代わりにゴートクの4-2-2.

 ボールを収めた大島がサイドのアトムに流すも、後輩アトムがクロスを上げるまで至らずDFに刈り取られる。
そんな場面を見るにつけ、大島先輩による「しっかりやらんと『空気イス』やらせんぞ、ゴラァ!」という叫び声が聞こえてきそうで怖かった(分かる人にだけわかれ)。
前半、ボールを圧倒的に支配するも去年のような手詰まり感たっぷりで、何度か訪れたセットプレーのチャンスも、大宮の羊の肉(※ただし2歳以上の羊の肉の総称)ディフェンダーにことごとく跳ね返される。
危ないのはセットプレーと羊の肉。
と誰もが思っていたところ、コーナーキック(だっけ?)から頭一つ出た羊のヘッドからズドンと失点。
でも、それは前半の前半。
まだまだ時間はある。
アルビの攻撃が面白くてウキウキのオレ様。
マルシオがタッチライン沿いで、リフティングで大宮の選手をチンチンにする。
ジウトンの守備が怖くてヒヤヒヤのオレ様。
エリア内でクリアしないプレイに肝を冷やす。

 大雨が降ったのは、前半だっけ?後半だっけ?
オレ様不覚にも、ビニール袋を忘れたためK氏にもらい、鞄とコートとスーツを入れる。
まったくもってサラリーマンなオレ様。
底冷えのする夜に、尋常ではない雨が容赦なく降り注ぐ。
とにかく跳ねてないと寒い。
手がかじかんできて、ハーフタイムには既にメールも打てない状態。
でも、山形はきっと雪だよ。
そんな心の声に励まされ、後半のスタート。

 大宮がしょぼくて、面白くなくてゲンナリのオレ様。
「それでも、それに負けてるウチらはどうなの!?」とY女史の一喝が効いたのか、セットプレーから大宮DFがクリアしたボールが本日の、否、本日も「主役」のジウトンへ。
ジウトン、ゴール前かつエリア内ということも忘れているかのように、ふつ~うにヘディング。
そのポールはクリアを試みた大宮GKの頭上に弧を描き、ぽわ~んとゴールマウスへ。
へ!?
ご~る!?
ジウトン持ってるわぁ!
神が降りてきたぁ!
叫ぶオレ様。

 ゴール直後、淳ちゃんジョーカーを切る。
千葉ちゃんに代わってヨンチョルIN。
大島・マルシオ・ヨンチョルの3トップ。
イサオアンカーの4-3-3へ。
(・・・て思ったんだけど、同行のサポ曰く、後半からマルシオとアトムが入れ替わって大島・マルシオの2トップだよ。その後は大島・ヨンチョルの2トップに、松下が下がってイサオ・松下がボランチだよ!とのこと)
とにかくここからイケイケに!!!
ヨンチョルが仕掛け、フェイントに大宮DF翻弄される。
ジウトンが駆け上がり、(濡れているピッチコンディションもあるけれども)鬼のようなグラウンダーの長いパスをマルシオや大島に通す(本日の萌!)。
セットプレーから、永田→千代反田と繋いだ『W充ヘディング』も惜しくもキーパー正面。
ドンピシャで合った大島のヘッドもキーパーの正面。
惜しいぃ~
面白れぇ~
でも点取れねぇ~。
凍えるオレ様。

 そして不可解な決勝点。
向こう側で起きた出来事に、オレ様は「え?何?」
振り返ってビジョンに映るリプレイを観る。
人数も割けず、大宮の選手が千代反田にシュートコースを消され苦し紛れ(?)に胸元の高さのボールに足を出す。
そんでもって、そのボールがゴールマウスに向かう。
北野、ボールがゴールラインを割るのを見切った様子(推測ね。あくまでも)。
自信を持って見送った(!?)
だが!
しかし!
転がったボールはポストに当たってマウスにイン。

 終了間際にアトムに代わって堅吾が入るも、大勢変わらず終了のホイッスル。
ジウトンもゴートクもヨンチョルも。
とにかく若手は頑張った!
決して悲観するような内容ではない。
しかしその一方で、今年のレギュレーションでは、予選を突破するためには必要な勝点を落としてしまった。
あぁ~。
頭を抱えるオレ様。

 確かに、ホームへ仕事帰りに観戦する時の結果は「伝説」に相応しいのだけれども、アウェイでは実績のないオレ様。
2006年8月23日・水(埼スタ)●1-3浦和
2008年8月28日・木(等々力)●1-4川崎
2009年3月25日・水(NACK5)●1-2大宮



伝説の男。
オレ様。
決して期待は裏切らない。
[PR]
Commented by yume at 2009-03-27 11:35 x
あら・・将軍さまは「オレ様」キャラでしたっけ(^^;
伝説の男、アウェイではまだ発揮されていないのですね。
おもしろい試合だったようですね。
昨日の夕方のローカルニュースでチェックしました。
北野選手・・見送ってたように見えました。
あっ・・う~ん!??と思わず・・・
次!勝ちましょう!
Commented by joehenderzone at 2009-03-28 00:38
>yumeさん

ホームへスーツ参戦する時はオレ様キャラです。
大宮戦なので、ついホームだと思ってしましました( ^^;)

ほっかも、やっぱり見送ってましたよねぇ・・・
内容が良かっただけにもったいなかったです。
次は勝つのみです!
もちろん、参戦しますよ!
Commented by テツ監督 at 2009-03-28 06:21 x
詳細な状況説明、誠にありがとうございます。
久し振りの「空気イス」、今年の野球部の合宿で使いたくなりました。
お尋ねいたしますが、将軍さまのスーツは「黒」でしたか?
記憶では「黒のアルマーニのスーツ」が良かったかと。
日曜日はお願いいたします、「黒のアルマーニのスーツ」で参戦を!!
Commented by joehenderzone at 2009-03-29 22:42
>テツ監督さん

残念ながら、大宮戦は「黒のアルマーニのスーツ」ではありませんでした。
土曜日の、横浜戦こそ「黒のエンポリオアルマーニ」で参戦します!
by joehenderzone | 2009-03-27 00:40 | アルビレックス新潟 | Comments(4)