アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

砂上の楼閣②(11月15日天皇杯5回戦●2-3FC東京)

 鳥取と言えば砂丘。
たとえ、日帰り弾丸の旅とはいえ、現地で何も見ずに帰るのはいかがなものかと観光も企てておりました。
試合終了が15時だとして、シャトルバスの混み具合や、道路状況を加味しても16時までには鳥取駅に戻れるはず。
そこから、18時40分発の列車に乗るまで、およそ3時間半。
十分すぎる。
ただし延長や、PK戦にならなければ。

 すなわちこのまま逃げ切って試合終了。
こんな目論見で後半戦を迎えたのでありました。
FC東京は、ゴールで調子をこき始めたエメルソンがOUT。
しめしめ、とほくそ笑むも石川直IN。
ナオには嫌な思い出が多い。

 一方、アルビはマルシオOUTで、木暮IN。
マルシオは、前半でカードをもらっているのでリーグ戦に備えての仕様と判断。
アトムと河原をサイドハーフに、その郁哉がFWの位置に入りキックオフ。


 すると郁哉いきなり魅せる。
アトム(うっちーか?)からパスを受け、ペナルティエリア右で勝負。
切り返して、相手DFをかわしてゴール前の貴章へクロス。
貴章シュートを狙うもDFに詰められコース無し。
左に上がっていた勲へ流す。
勲フリー。
前にキーパーしかいない。
ダイレクトで撃つか?
「撃てー」叫ぶ。
が、トラップしてしばし躊躇。
持ち替えて打つのか?
「撃てー」叫び続ける。
そのコンマ何秒かの間に、DFに寄せられ、敢え無くパスを選択した勲。
あ゛~。
あ゛~。
あ゛~。
この瞬間、握りしめていた拳の中から、さらさらと砂がこぼれ始めていた。

 前半の勢いを失い、FC東京が息を吹き返す。
(というか、完全にガス欠になった我がチーム)
ボールを持っている者に対して、2人3人とプレスを掛けに行く白いユニの人々。
その一方でボール保持者に対して、サポートが少なく孤立するアルビの選手。
河原がライン際に追い詰められて、たまらず後ろに戻したボールをかっさらわれて、失点に繋がる。

 3点目は、いいように崩されてサイドからのクロスにズドン。
かくして、若き者たちがピッチ上で作り上げかけていた砂のお城は崩れ去っていったのでありました。


 そんなかんなで、当初の予定通りに砂丘へ♪ (殴)

 さて砂丘。
ここがスキー場だったら、練習にはもってこいという感じの一枚バーンの斜面が目の前に広がる。
まずは、その斜面を軽快に駆け降りる。
谷底まで着いて見上げる。
これ、山じゃん!
砂丘は丘じゃない。
砂丘は丘にあらず、山である。
(でも、『砂山』って字面の方が遠浅の海岸線を想像してしまうのは、新潟県人だからだろうか?)


 やや落胆気味に目の前に聳える砂の塊へと一歩を踏み出した。
これは、完全に『罰ゲーム』。
蹴る一歩、踏み込む一歩が埋まっていく。
息は上がり、汗は滴り、酒は抜けていく。

 やっとの思いで登頂した。
先に広がる日本海!
♪う~みは、あ~ら~う~み♪ってフレーズが頭に浮かんで思わず佐渡を探したものの、見当たらなかった。
当たりまえ。
しばし、息を整える。


 帰り道も当然、来た道を戻るべくまずは谷底まで下って、そして再び登り。
道中、「後半バテた選手!!! ここで足腰鍛えてから新潟帰れ~!!!」
なんて叫んでいたのでしたが・・・。

 実は、この砂丘に足を踏み入れる前に、砂丘地帯を一望できる展望台でその容貌を眺めていた我々。
延々と続く砂の景色を想像していたのですが、視野の中に納まる範疇。
「なんか、たいしたことねぇ~な」なんてなめておりました。
そこから眺める、黒い1点1点が人だったんですね。
とほほ。


 遠くから眺めていたら、簡単そうに見えるかもしれないけれど、実際自分がやってみるとその大きさに気付かされる。
サッカーも同じ。
我々サポーターがJ1に昇格して5年間、思い描いていたものは意外と砂上の楼閣だったのかもしれないね。
すり鉢状の砂の底でアリジゴクな気分で、そんな気持ちになって、無知の知を思い知らされた。
まだまだ、やらねばならないことがあると。
[PR]
Commented by テツ監督 at 2008-11-18 21:51 x
そっか、砂上の楼閣だったのか・・・。
確かに前半でカミサンに国立に行って来ると宣言しておりました。
思い起こせば昨年も今年も早いうちは、J1制覇を廻りに宣言しておりました・・・。
いつの間にか砂浜が無くなって、クビまで海に浸かっておりました。
が、ここは現実に戻って残留をサポートいたしましょう!
ぜっーーーったい、J1残留でっす!!
闘え新潟!
Commented by オレンジパレット at 2008-11-19 00:05 x
>まだまだ、やらねばならないことがあると。

そのためにもJ1残留!!
まずは、鳥取で崩れたお城をスワンで建て直すのだ!!!
Commented by joehenderzone at 2008-11-19 21:27
>テツ監督さん

まぁ夢を見ていた時期もありました(去年とか・・・)
残り3戦は、現実に戻って今まで以上の全力サポートですよ!

闘えオレら!
闘え新潟!!!
Commented by joehenderzone at 2008-11-19 21:28
>オレンジパレットさん

やらねばならないこと。。。
まずは、23日に行われるコレオに参加はどうでしょう?
Commented by スットコドッコイ at 2008-11-20 11:28 x
毎度、毎度ご苦労様です。

当方もとりあえず、忙しいのも今週限り?なんで早めに行けるかと思います。


やらねばならないこと。。。




冬開催阻止の署名でしょ!

by joehenderzone | 2008-11-18 21:28 | アルビレックス新潟 | Comments(5)