アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

1111(11月9日△0-0鹿島)

 本日はポッキーの日。
のみならず、もやしの日だったり、煙突の日だったり、挙句の果てには、きりたんぽの日だったりもするわけだ。
いずれも1111の並びがその姿に似ているから、という理由は言わずもがな。

 残り4戦を勝ち点1でスタートしたアルビ。
さて、ようやく鹿島戦の回顧でもと思ったのだけれども、どうもよく思い出せない。
そもそも試合内容を語るほどの力量はないのは重々承知。
それでもアウェイの時は、来られない人達のためにと、乏しい引出しの中身を探り探り書いてはいるのだけれども、いかんせん記憶がぶっ飛んでいる。
きっとこれは、もつ煮の食い過ぎと、冷えた体を温めるために飲んだ酒のせいだ。
ならば、再び酒の力を借りて脳みその中から絞り出してみると・・・。

ウチは相変わらず決定力がなく、シュートで終われない場面多々あり。
松下のシュートはサイドネットへ。
今日もまた、ピッチを蹴って悔しさを露わにしていたワンちゃん。
新潟が必死につないでゴール前まで運んだボールを一瞬にして、逆サイドのゴール前まで運んでしまう鹿島。
でもなんだかボランチが良くなかった。
というか機能していなかった?
後半に興梠が抜け出して1対1になった時には覚悟した。

 一般的な評論が語るような、鹿島の一方的な試合運びでは決してなかった。
むしろアルビの選手の気持ちが伝わってくる闘いっぷりだった。
事実、試合終了の笛が鳴った時には勝ったかのように喜んでいた。
その一方でこれで5試合無得点の攻撃では、勝ち点3も遠いなぁ、と落胆したのも事実。

 残り4戦を勝ち点1でスタートしたアルビ。
もしも1111と全て引き分けてしまったら、勝ち点は40を越えるけど、かなり厳しい状況。
でもやはり、鹿島相手にこの引き分けは「勝ち」に等しいと考えよう。
1111は「分」「分」「分」「分」ではない。
1111をデジタル式に読み替えよう。
「ON」「ON」「ON」「ON」。
この引き分けが、残留へのスイッチとなるように。
[PR]
Commented by テツ監督 at 2008-11-12 06:30 x
鹿島国での熱い熱い応援、本当にご苦労様でした。
この勝ち点1は選手はもちろん、サポーターも一緒に獲った1ですね。
何事もまずは「1」歩からですから、次節は「2」を通り越して「3」で行きましょう!
将軍様も体調を整えてお国入りしてくださいませ。
ぜっーーったい、勝つ!!
Commented by yume at 2008-11-12 09:43 x
いちいちイチイチのあとが1111・・・・
ねらってましたぁ?!
鹿島戦、おつかれさまでした!
貴重な勝ち点1を獲得ですね。
Commented by joehenderzone at 2008-11-12 21:22
>テツ監督さん

前日の下位陣の勝利によって、勝ち点1以上のものを望んでいたので、この引き分けはいかがなものだろうと、もやもやしていた月曜日でした。

ただ、振り返ると試合中選手もサポもとにかくひとつでも勝ち点を取ることに必死になっていたことを思い出した次第です。

本当に、内容を忘れるくらいに ぐったり でした。

絶対次に繋がる引き分けでしたよ。
絶対に、次は勝ちます!
Commented by joehenderzone at 2008-11-12 21:34
>yumeさん

>いちいちイチイチのあとが1111・・・・
ねらってましたぁ?!

いやいや、ネタがありませんでした。
書いているうちに、なんとなく、こんな方向へ・・・

ともかく勝ち点1を積み上げられたことは、ここでは貴重ですよね。
次回は、ホームですし、必ず3を狙いに行きましょう!
by joehenderzone | 2008-11-11 21:34 | アルビレックス新潟 | Comments(4)