アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

雪が降るなら、ドームにすればいいじゃないか(11月3日アルビL○1-0伊賀くのいちFC)

 天皇杯観戦のため新幹線で駆け付けたこの日。
通路をはさんで向こう側にいた小学生2人が新潟駅に近づくと歓喜の声を上げた。
「なに?あの、白いもの?」
「UFOかもよ」
「ちがうよあれ、ナゴヤドームだよ!」
Σ( ̄◇ ̄)ヲイヲイ。
そんな子供たちに向って、こっそり囁くのであった。
犬なんちゃら って人ならドームにしてくれるかもね!

 ここ何日か日程表とにらめっこをして、ここしかないと決めたこの日、私は秘かに新発田へ向かった。
もしかして今年は1試合も観に行けないのではと考えていたのだが、なんとか1戦ぐらいはと奮起して出かけたこの日。
ええ、もちろん目的地は五十公野です。
しかし、あいにく今日は朝からの風雨。
何度か行くことを躊躇ったのは、レディースに関しては単なる「ファン」だから。
こちら参照

 その足踏みが行動に直結して、到着したのは後半開始直前m(_ _)m
幸い試合は0-0。
前半の経過は全くわからないのだけれども、アルビは10牧野愛美と19上尾野辺の個人技で前に進めるしか術がなく、一方伊賀は厳しいプレスから効果的に前へボールを進めているといった印象。
アルビと伊賀、四分六くらいでゲームは進む。
その支配率の差は、最悪引き分けでもOKのアルビと、最低でも勝たなければならない伊賀の差であろうか。
何度かピンチを凌いで、ゲームも終盤。
角衛兵獅子11中島未来in。
直後、カウンターからゴール前2対2に。
左からゴール前のクロスに、間に合わなかったものの相手DFクリアミス。
そこに詰めていた中島未来が触れて、そのボールに相手GK触れたものの、詰めかけていた観衆の声に押されるようにコロコロとゴールマウスへ!
角衛兵獅子宙を舞い、新潟勝利!

 TASAKIの休部で、最下位のみが入替戦にまわる今シーズンのなでしこ1。
それだけでも残留に一歩近づいたアルビL。
そして、その残留争い直接対決を制し、手繰り寄せたアルビL。
運があるね。
男子より。
そして、その場に居合わせたオレは神だ!
(というのは、冗談です。コアサポの皆さん残り頑張ってください)

 ところで、この日の五十公野、観客1000人強。
強い風と、雨と、寒さの中よく駆け付けてくれました。
で、犬なんちゃらって人。
秋春制を主張しておりますが、それはJFLや地域リーグや、女子や学生にも適用するのですよね?
Jリーグを頂点とするピラミッドの運営されているんですよね?
では、雪国にクラブに「甘い蜜」として働きかけている暖房設備や、スタジアムに屋根を架ける施策はもちろん下部まで徹底されるんですよね?
まさかJ1・2だけではないですよね?
ヨーロッパに合わせるんですから。
それなら、この五十公野にも。
そうしなければ、ピラミッドの底辺の拡大にはならないのでは?
そういうことも、考えさせられる五十公野の寒空でした。
[PR]
Commented by yume at 2008-11-06 09:15 x
レディースまで観戦してらしたんですね。
おつかれさまでした。
オトコアルビだけで手一杯で!?
アルビLは「それほどちゃん」のワタシです(^^;
秋春制・・とんでもないことです(`×´)
練習場含めすべてドームにしていただかないと!!

Commented by joehenderzone at 2008-11-07 00:46
>yumeさん

犬・・・って人は、各クラブに女子チームを!とも主張されています。
ならば、女子チームにも、冬場のスタジアムと練習場の確保を願いたいのですよ。
by joehenderzone | 2008-11-05 23:19 | アルビレックス新潟 | Comments(2)