アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

諸行無常と秋の空(11月2日天皇杯4回戦○2-0横浜FC)

 小室哲哉逮捕の見出しが躍っていた本日の新聞。
紙面を繰ると、浦和サポがまたしても試合後5時間の猛抗議とのこと。
やはり、財布も心も寂しくなる季節なのでしょうか。

 秋風が吹きつけるこの日のスワン。
上空の雲も何かに急き立てられるかのように流れていく。
強風が吹いたと思えば、時折日が射し、かと思えば雨脚が強くなる今日の天気。
ちょうど雨が刺すように降り始めた時にキックオフ。

 前半は押し気味にゲームを進めるアルビ。
ウッチーがエリア内で倒され、PK職人アレさんきっちり決める。
その直後、嵩に掛って責め立てるアルビ。
またも目の前に来たボールに向って、足を投げ出したウッチー。
ボールは相手GKが伸ばした手の先を掠めて、ゴール左隅にイン。
この日一番の蹴っ散らせなシーン。

 さて本日の横浜FC。
かつての、というか悪い時のアルビを見ているよう。
スローインはマイボールにできないし、セカンドボールは拾えないし。
おまけにプレッシャーが弱い。
プレスが緩いからこそ、うちの選手達はもっとチャレンジのパスを通して欲しかったし、ゴールへ貪欲になってほしかった。
何よりゴール裏に陣取る面々としては、ゴールマウスにボールが転がって喜びたかったというのが本音であろう。
特に後半は。

 でも、今日は勝つことが大事。
先週を思い出そう。
内容は良くても負けてしまえば勝ち点は0。
ましてや、今日は天皇杯。
負けてしまえば次には進めない。

 だから、2点リードしていればあのゲームの進め方でOKでしょう。
あわよくば、カウンターからの追加点という後ろでのボール回しだったと思う。
我々もその意図を汲み取れればOKでしょう。
非難されるべきは、負けてるにもかかわらず、引き気味でボールを取りに向かってこなかった横浜ではないだろうか?
(だからこその、横浜FCサポの試合後のブーイングだったと思うのだが)

 すっきりと大勝したかったのは確かだけど、
サッカーの試合だしね。
ここ4試合ノーゴールだったことを考えれば立派なこと。
ひょっとして、ぶーぶーいう奴出てくるかな、とも思ったけど、まずはひと安心。

 浦和の田中君曰く「勝ってブーイングされるし、負けたらもっとブーイングされる。精いっぱいやっている」は決して間違えではないはず。
驕れる者は久しからずや。
小室君、家賃が280万ですか・・・。
驕れる者は久しからずや。
シーパスでは観れない試合に集まった人、7000人。
驕れる者は久しからずや。
やはり、財布も心も寂しくなる季節。

 鳥取行きのチケットだけが、寂しくなった財布の中で重みを増した。
[PR]
Commented by yume at 2008-11-05 10:19 x
おつかれさまでした!
後半でゴール欲しかったです~。そう・・ワタシは目の前で見ることは滅多にないから尚更かなぁ。
横浜FCサポさんのブーイングは仕方ないかと思います。
鳥取、参戦されるんですね。朗報お待ちしております!
Commented by joehenderzone at 2008-11-06 00:58
>yumeさん

後半ゴール欲しかったですね。
でも、ある意味きっちり勝ちにいく試合を見せてくれたと思います。
GoodJobですよ。

鳥取参戦されないんですか!?
まだ、間に合いますよ~!
Commented by テツ監督 at 2008-11-06 05:54 x
勝つことしか許されないゲーム、意識して「まったり」を演出していたのですよね!?
だからG裏も「ブタ・タヌキ・キツネ・ネコ」を廻してた、・・・キライだけど。
あちら様もアルビ相手に良く頑張ったってことで。
それよりも砂遊びに行かれる前に何卒、鹿島の国で勝ち点を拾ってきてください。
スーツ、仕事帰りのスーツ、勝利のスーツ、頼みます!!
Commented by joehenderzone at 2008-11-07 00:43
>テツ監督さん

「まったり」を演出する余裕があった、ということにしましょう。

“あとは難なく試合を終了までコントロールしましょう”的なゲームを、選手ができるようになって、サポもその意図を汲んでゆったり構えて観戦する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういうレベルにいきたいのですよ。

まずは鹿島戦!
スーツは・・・残念!

by joehenderzone | 2008-11-04 23:50 | アルビレックス新潟 | Comments(4)