アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

理不尽の乗車(9月23日○3-2神戸)

 朝、通勤のためにいつも乗る電車。
階段をダッシュで駆け上がっている時に、その車体から扉が開く音が聞こえると、もう大変。
駅員は叫ぶ。
「当駅での停車時間は短くなっております。すぐに発車致します」
何とか滑り込んで、汗を拭きつつ息が整い始めた3駅目。
車掌は呟く。
「時間調整のため、少々停車致します」
なんでやねん。
嗚呼、理不尽な毎朝。

 マルシオの胸トラップからのオーバーヘッドが決まった瞬間、
え!?
オフサイドでしょ!?
と、喜びを爆発させられなかったオレ。
このまま1-0で終わってしまったら、なんだか損した気分。
だが10分後、何が起こったのか?と思うままに失点。
そこは、調整しなくていいから・・・。
嗚呼、理不尽な毎試合。

 これで引き分けだったら、損しただなんて思ったオレの悪魔の叫びが原因なのかと感じ始めた5分後。
アトムのシュートがネットに吸い込まれた。
今度こそ喜び爆発。
やんぬるかな10分後、再び同点にされる。
走って、繋いで、汗かいて、そうして得たアトムの得点も、ズドントミドルが炸裂して水泡に帰す。
嗚呼、理不尽なマイチーム。

 思えば、J1昇格後のアルビ。
スピードに乗ったと思いきや、いつもお約束の時間調整を繰り返してきたものだ。
今シーズンだって、その例に違わず、中断明けに3連勝して我々乗客は「特急」の速度に酔いしれたものの、
「この先各駅で通過待ちをします」というアナウンスに、ホームで酒を買い求め、ぐだんぐだんに酔い潰れかけていた。
嗚呼、理不尽な毎年。

 でも、毎日遅刻をせずに間に合っているように、この日も貴章が決めるところできっちり決めて、勝ち点6に匹敵する勝利に到達した。
嗚呼、はがゆいA列車。
だがいつも必ず残留という執着駅に辿り着いているのだから、
その乗車券を買い求めずにはいられない。
嗚呼、理不尽なA列車。
[PR]
Commented by なごやん at 2008-09-27 09:26 x
偉大な将軍様のブログを読んでいて、いつも思う。
どうしてこんな発想が次々に出るんだ?

単に私の頭が硬くなってきているからなのだろうか?
幼少時、越後の教育を受けたのか新潟の教育を受けたかの違いなのだろうか?

「えっちゃ、ポーンとさけた。=越(後)がポーンと栄えた。」(世の中がうまくいった。めでたしめでたし。ハッピーエンドだった。)で終わる、自己中とも思える越後(=長岡)の昔話に見られる自信なのか?

謎だ。
Commented by joehenderzone at 2008-09-30 00:04
>なごやんさん

>どうしてこんな発想が次々に出るんだ?

ふだんから、頭の中が腐敗しているからですよ~(アルコールで)

>「えっちゃ、ポーンとさけた。=越(後)がポーンと栄えた。」(世の中がうまくいった。めでたしめでたし。ハッピーエンドだった。)で終わる、自己中とも思える越後(=長岡)の昔話に見られる自信なのか?

なんですか、それは・・・
そうなんですか。
勉強になりまし(笑)

バリバリ理系な、硬派=なごやんさんと、軟派=私の違いだと思われ・・・

by joehenderzone | 2008-09-25 23:02 | アルビレックス新潟 | Comments(2)