アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

大人の修学旅行①(8月23日●0-1京都)

 京都に到着して我々が向かったのが、銀閣の名称で名高い東山慈照寺。
山門をくぐって歩を進めると、まず飛び込んでくるのが花頭窓から広がる庭の風景。

客人を迎えるときにまず、ここを通って来ます。
するとこの窓から庭の景色が、あたかも掛け軸の中の絵のように飛び込んでくるんですよ。
義政は政治家としてはあかんかったけど、芸術のセンスは相当なもんでした。
とは、観光客相手にガイドを務めるタクシードライバーの案内を盗み聞きした受け売り。

禅寺といえば、枯山水を想起する人も多いかと思うけれど、ここ銀閣の庭は背後の山を借景として、草木深く、目に青葉が飛び込んでくるような立体感のある庭。
全面改修中で、原型を留めていない”銀閣”に落胆しただけに、その庭の趣き深かさには感服。
唯一枯山水を想起させるのは、目の前に広がる銀沙灘(ぎんしゃだん)と呼ばれる波紋を表現した石庭だ。
建立後、江戸時代に入ってから、時のいわゆる前衛芸術家によって造られたそれは、庭全体からは異質の存在に見える。
しかし、いったん後背の山に登って、寺全体を俯瞰すると、たしかに庭の中に存在する池のように見えて、感激至極。



 山道で昼食を摂った後、次は下鴨神社へ。
神武天皇が東遷したときに、お供をした賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と、道に迷った天皇一行を導いた八咫烏(やたがらす)を祀ってある神社。
そして、賀茂建角身命の娘、玉依姫命(たまよりひめのみこと)も祀られている。

彼女は鴨川で禊をしていたところ、赤い矢が流れ着いてそれを枕元にして眠られたところ、ご懐妊されたという。
ちなみに、その子供が上賀茂神社の神様であるが故に、この下鴨神社の正式名称は賀茂御親神社(かもみおや)というそうだ。

ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ古代史をかじった事のある私としては、この神話に当時の政権が、九州から機内の地に移ったことを垣間見た。
さらに賀茂建角身命親子に、正統ではない外部の血が混じったが、それを正当化するために、上賀茂神社の神様の一族がこの神話を作り上げたのではないかと、穿った見方をしてしまう。
だって、子供の方が「上」親、祖先の方が「下」って普通変だよね。



 そんなことを思いながら、都大路を歩いていると、どこからともなく知った顔が現れる。
それは着いたばかりの京都駅だったり、繁華街の四条河原町だったり、小さな小路だったり。
聞けば、みな遅い夏休みを取っての京都旅行だという。
偶然にもほどがあるのだが、みな口々にこの日行われる荒行に向かうという。



 そうこうするうちに、夕刻が迫り我々もこの日の一番の目的である、西京極山山河寺(にしきょうごくざんさんがじ)に向かうことにした。

山河寺は、踊りながら念仏を唱えると極楽浄土へ行けるという、平安末期から鎌倉時代にかけて全国で信者を増やした時宗の流れをくんでいるという。
その時宗に、山伏で有名な山岳信仰の苦行や、禅宗の修行を取り入れた宗派である。
時宗の流れを色濃く伝えるのが、跳ねながら、手を振り上げ、時に頭上で拍手を交えつつ念仏を唱える「飛び跳ね上がり念仏」である。
そして、山伏の滝行を思い起こさせる、雨行がこれに加わる。

この苦行の際は、お寺独自の麦芽から抽出したありがたい精進飲料を与えられたのだが、年に一度あるか、ないかの強い雨行のため涙を流しながら、なんとか胃袋に流し込むという有様。
この荒行に柳沢和尚の強烈な喝と、師事暮(しじくれ)大僧正の説法が加わり、我々一行は解脱寸前で、敢え無く倒れてしまったのであった。


(次回へ続く・・・かも)
[PR]
Commented by ユーリ・マロエフ at 2008-08-26 00:00 x
そうか我々は荒行してたのか。
Commented by jiro at 2008-08-26 09:14 x
あの精進飲料は泡般若といいます。
Commented by アン at 2008-08-26 22:04 x
お疲れさまでした~。
私は下鴨神社には未だ行っていません。
そうか、あの”八咫烏”の謂れのある神社でしたね。
以下のご高説には、なるほど、そうゆう見方もあったかと感服仕りましたワ。

それにしても、つい、本気で読んでしまったよ。
ウフウフ・・・笑泣きしちゃったじゃん!
Commented by joehenderzone at 2008-08-26 22:29
>ユーリ・マロエフさん

そうです。
荒行ですよ。
まだまだ修行が足りないようです・・・
Commented by joehenderzone at 2008-08-26 22:31
>jiroさん

>あの精進飲料は泡般若といいます。

そうなんですね!
噂によると、美味しく頂いていらっしゃったとか。
なるほど、そういう飲み物だったんですね。
Commented by joehenderzone at 2008-08-26 22:39
>アンさん

今回の京都は、全て初めて訪れる場所だったので、楽しかったです!
(スタジアムを含めて)
唯一足りなかったパーツは、「勝利」だけでした。。。
Commented by オレンジパレット at 2008-08-26 23:39 x
銀閣寺のあの庭は綺麗でしたねぇ。
ぜひとも次訪れるときは晴天で美しく化粧された銀閣を眺めつつあの庭でお茶会がしたい。(できればあの庭が出来る工程も見て見たい)

なんだか木曜日も荒行になりそうな予報ですが、テルテル坊主のご利益はないのですか?
Commented by joehenderzone at 2008-08-26 23:56
>オレンジパレットさん

いや、雨が降っていたのが物凄く良かったですよ。
「寂然」という言葉がぴったりでした。

>テルテル坊主のご利益はないのですか?

荒行失敗により、ありません。
天気に関しては、ですが。
Commented by くらげ1号 at 2008-08-28 13:35 x
坊さんの説法より解りやすくて面白かったぞ♪
Commented by joehenderzone at 2008-08-29 01:28
>くらげ1号さん

ありがとうございます。
阿闍梨になれますかね?
by joehenderzone | 2008-08-25 22:17 | アルビレックス新潟 | Comments(10)