アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

たぶん、ロシアから来た男(7月13日○1-0横浜M)

 ホームの川崎戦は負けない。
ホームの名古屋戦は負けない。
仕事帰りは負けない。
今シーズンも数々のジンクスが守られた一方で、破られたジンクスもある。

 京都戦での初勝利。
個人的には用を足すとき「端っこ」でなくても勝つようになった。
しかし、個人的に未だに破れない壁があった。
それは横浜マリノス戦での勝利だった。

2004年4/10(土)●1-3(H)不参戦
2004年11/23(火)○2-1(A)不参戦
2005年4/2(土)●1-4(A)参戦
2005年10/22(土)○1-0(H)不参戦
2006年7/30(日)●0-2(A)参戦
2006年10/7(土)○1-0(H)不参戦
2007年4/28(土)●0-6(H)参戦
2007年11/24(土)●0-1(A)参戦
2008年5/25(日)ナビスコ△1-1(A)参戦
2008年6/8(日)ナビスコ●0-1(H)参戦

 なんとここまで1分5敗。
勝利の瞬間は、ことごとく仕事と重なって立ち会えないのでありました。
加えて、今年のナビスコと一昨年は相模大野某所で飲んでいた記憶が・・・。
どうも前日に燃え尽きちゃう傾向がおおいにありまして(反省)。

 さて、そんなネガティブなジンクス満載のこの週末。
学習せずに参加しましたよ宴会に。
スペシャルゲストが登場!
年末のフェイズに続いての再会です。
(もちろん彼女は覚えているわけはなく)
おっさん、はしゃぐはしゃぐ。
片割れの彼女は、長岡出身!
(生後1ヶ月間だけの長岡だけどね^^;)
でもおばあちゃん家が、オレの実家の直ぐ近く。
というか隣の町内で、同じ学区。
てなことを、そういえば昨年もしゃべっていたことを思い出しおおいに盛り上がりました。
(オレだけね)

 酒が足りない。まだまだ酒を欲する我らのグループは当然2次会へ。
メンバーの半分は二日酔いになって、並びにも間に合わず。
というのは当然の帰結なんだけどね。

 そんな2次会会場で、ふとモバアルを覗くとこんなお知らせが。
当クラブでは、黒酢場選手の加入が内定いたしましたので、お知らせいたします。
黒酢場 ゴルポストフスキ 選手 
KUROSUBA GOLPOSTOVSKY
■ポジション GK
■生年月日 不明
■身長/体重 244cm
■出身地 ロシア
■背番号 33

さっそくウラジオストク効果か?
推し量るに相当の大型ゴールキーパーのようだ。
漢字を使用してるところをみると、ハーフか帰化選手だろうか?
そういえば、どこぞのクラブに新井場って選手がいたなぁ、なんて思いながら意識が遠のいていった。



 梅雨真っ盛りの例に漏れず、三ツ沢も蒸し暑い。
幸い並び列は木陰の中だから、幾分直射日光を遮ってくれている。
夕刻になるにつれ、日もかげり雨粒が時折落ちる。

 横浜は必死だから、前半は攻めさせておいて我慢だよね。
前半無失点に抑えれば、勝機はあるんじゃないかな。
そんな展開を予想しあいながら、試合はキックオフ。
新潟の選手の守備の意識は高そう。
試合開始直後から、飛ばす気配はなく、むしろマリノスに攻めさせてカウンターを狙っている気配。
しかし、ロペスが真ん中をがんがん上がってくる。
サイドをケアするあまり、中央に道筋ができている感じ。
それでも、死ぬほど危ない場面はなく、前半も残り5分を切る。
ここでマルシオのCKから、誰かに当たって向こう側のゴールマウスにボールが吸い込まれていくのが見えた。
誰がゴールしたのか定かではないものの、いい時間帯の先制点に沸き返るゴール裏。

 だが、松下が終了間際に削られてそのままアウト。
後半に向けて雲行きが怪しくなり、そのまま新潟には暗雲が垂れ込めることとなる。
横浜の足は想像を超えて、止まることなくマリノスゴール裏に向かって攻め続ける。
こっち側にはほとんどボールが来ない。
流れを切るためのクリアボールも横浜に拾われて、再三ゴールマウスを脅かされる。
なんとか我慢してくれ(涙目)
そう願って時計を見るも、針はまだ昇っていく気配がない。
耐えろ~、耐えろ~と念仏に近い呪文を唱えたとき、彼がピッチに立った。

 黒酢場 ゴルポストフスキ。
なんと北野の背後にポジションをとった。
Jリーグ史上、いやサッカー史上初めての光景に、スタンドは異様にボルテージがあがる。
ロニーの放った、シュートは北野の指先をかすめて万事休す。
と思った瞬間に、黒酢場 ゴルポストフスキが長い左足を伸ばした。
中澤がエリアの外側から突き刺した弾丸ミドルシュートは、北野の頭上を越えた。
誰もが息をのんだその刹那、黒酢場 ゴルポストフスキはパンチングでボールを地面に叩きつけた。

 スタジアムを包んでいた、熱くてそれでいて、ねっとりと絡みつくような長いロスタイムの末に、主審が天に向かって両腕を突き上げた。

 この日唯一のゴールを決めた、千代反田がゴール裏に駆け寄っ来ると、サポの全ては彼のチャントを高らかに謳い、彼も一緒になって歌い、旗を振った。
オレもそのリズムに合わせながら、もうひとりのヒーローを讃えていた。
黒酢場!黒酢場!クロスバ!クロスバ!クロスバー!
ゴルポスト!ゴルポスト!ゴールポスト!
だが、恥ずかしがり屋の彼は自分の持ち場を決して動こうとはしなかった。
例えみんなが忘れたとしても、彼のことをきっと忘れないだろう。
ジンクスを破ったこの試合と共に。
[PR]
Commented by オレンジパレット at 2008-07-15 01:04 x
マリノス戦の帰り道、ネタがない!と頭抱えてたの嘘ですね(≧ヘ≦) ムゥ
しっかり更新してる。。。
Commented by テツ監督 at 2008-07-15 05:32 x
アルビもお金がない中で素晴らしい補強をしていたのですね。
ゴルポストはまだ帰化していないのですか?
将軍さまよりアルビに相応しい名前をお与えくださいませ。
千葉戦、参戦されるのですか?
私も今日から出張で明日(当日)の夕方に帰宅いたしますが
必ず参戦いたします。
将軍さまも、必ずスーツで参戦お願いいたします。
(ジンクスを破ったこと、一切忘れてください)
Commented by スットコドッコイ at 2008-07-15 08:00 x
なんだよw。ネタかぁ~。
俺んとこに、モバアル情報来てねーぞって思ったよん。
クロスバーね。
なるほど。。。  ちゃんと仕事しなさいぃ!

ところでさぁ、MSNのhotmeilのID忘れちゃったんだけど再登録しなきゃなんないのかなぁ。ちょっと覗かないとサインインしろって出るんだけど、
忘れてしまったw。おせーて!
Commented by yume at 2008-07-15 10:00 x
アルビウェイナイト&Fマリノス戦、おつかれさまでした!!
黒酢場・ゴルポスト・・大笑いしちゃいましたよ(^○^)さすが将軍様でございます。
昨日ようやく映像見たのですが・・何度も助けられていましたね。
前日には彼女(はい!はい!アノ彼女ね)との再会もあり・・最高の2日間でしたね~(^_-)v
明日はスーツ姿で参戦?ですかね?
Commented by アン at 2008-07-15 11:33 x
KUROSUBA GOLPOSTOVSKY選手は、アルビに加入していたのですね!
それで納得!(^▽^)

ポジションが北野の背後!とは、恐れ入りました~!
Commented by joehenderzone at 2008-07-15 21:28
>オレンジパレットさん

ちょっと、神が降りてきました。
Commented by joehenderzone at 2008-07-15 21:30
>テツ監督さん

素晴らしい補強でした。
あまり活躍してほしくはないのですが・・・

千葉戦はもちろん参戦します!
仕事は・・・なので、残念ながらスーツではございません。
監督、代わりにどうですか?

Commented by joehenderzone at 2008-07-15 21:33
>スットコドッコイさん

>なんだよw。ネタかぁ~。

ネタですが、何か(笑)?
仕事中にいろいろ考えていたの、ばれちゃいましたか。。。

MSN hotmailの件、たぶん再登録かと・・・
ご存知の方は、ドッコイ氏へご一報をお願いいたしますm(_ _)m

Commented by joehenderzone at 2008-07-15 21:36
>yumeさん

いろんな意味で、ドキドキ ハラハラの2日間でした!

スーツの件は・・・、勘弁してください(笑)
日曜日もNO WORKでしたが、見事勝利しました!
明日も、問題ありません!
Commented by joehenderzone at 2008-07-15 21:39
>アンさん

KUROSUBA GOLPOSTOVSKYは移籍先を探していたようですが、
一番活躍で(以下自粛)な、アルビを選んだようですね。
(それも、どうでしょう^^;)
by joehenderzone | 2008-07-14 23:46 | アルビレックス新潟 | Comments(10)