アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

#12 (6月28日○2-1川崎)

 ただ騒ぎたいだけじゃね?
ただ酒飲みたいだけじゃね?
自分のエゴの為だけじゃね?
オレらは選手の背中を押しているのか?
頭の片隅で囁いている奴がいる。


 新幹線を貸切って大挙押し寄せた川崎サポ。
シャトルバスの中の乗客も、少なく見積もっても1/3は水色のシャツを着ていた。
Sの一層の約半分を埋めたその数はざっと2,500人くらいか。
10連敗を阻止しようと必死なサポに対して、フロンターレも逆エンドを選ぶという策に出た。
(結果的にはこれが裏目に出たわけだけど)

 
 「火曜日に案が出て、座席のデザインを計算して、それから白紙を手配して、ギリギリのいっぱいいっぱいだった」
その夜カリスマコールリーダーは、上機嫌でその労苦を吐露していた。
オレも試合前にざっくりと説明を受けた時には、果たして上手くいくのかと不安に駆られた。
だが三宝のオレンジボードから白い紙に持ち替えた際に垣間見たビジョンには、オレンジの中にくっきりとFOREVER ALBIの文字が浮かび上がっていた。

 
 試合の山場は何と言っても北野のPK阻止の場面であったわけだけど、その伏線になっていたのがこちらのPK。
後半早々にアレが決めたことによって、川崎はセンターバックを一枚落として4バックにシフトチェンジ。
すると今まで停滞していたサイドが活性化され、憲剛のパスに追いついたあっちさんが、左サイドからエリアに侵入。
抜かれたヒロシがたまらず引っ張ってPKの判定。
振り切られれば、エリア内で北野との1対1となっただけに、得点機阻止の一発レッドは致し方ないところか。


 「あのPKはサポーターが止めたと言ってもいいよ」
その夜そう語ったのは、セクスィーサイドバック
(続きは7/1発売のスポニチで)
確かに結局その後ヒロシが抜けたポジションに千葉が入り、イサオが孤軍奮闘していた時間帯で失点してしまったけれど、
確かにFW(アレ)を一枚落として、テラを入れてある程度落ち着かせることはできたけど、
確かにあの貴章ですら足が攣ってしまうほどに、攻守に走り回っていたけれど、
アルビは決してひとり少なくなんてなかった。
11対11で試合を闘い、勝ち抜くことができたといっても過言ではあるまい。

 
 ただ騒ぎたいだけじゃね?
ただ酒飲みたいだけじゃね?
自分のエゴの為だけじゃね?
頭の片隅で囁いている奴に向かって言う。
そうかもしれない。
でもこの試合、12番目の選手としてオレらは共に闘っていたよ。
誇りに思っていいんじゃね。
胸のエンブレムを叩いていいんじゃね。
ちょっとだけ。
高慢にならない程度にちょっとだけ。
頭の片隅で囁いている奴に言ってやった。
背中の番号を指差しながら。
[PR]
Commented by テツ監督 at 2008-06-30 23:17 x
あー、騒ぎたい!
アルビの勝利を祝って飲みたい!
だって誰もが「おもっしぇかった」と言うゲームに参戦できなかった・・・。
なんで野球の合宿なんてやっているんだ!
このモヤモヤは次節の名古屋戦で吹っ飛ばしてやる!!
将軍様、自分のエゴじゃ駄目!?
Commented by ユーリ・マロエフ at 2008-06-30 23:41 x
>12番目の選手としてオレらは共に闘っていたよ。
だからアルビ追っかけは止められない。
Commented by joehenderzone at 2008-07-01 00:14
>テツ監督さん

サポはもちろん、選手だって自分のためにサッカーしてると思います。
本音はね。
でも、この前の試合はお互いのエゴのためでなく、一体になれた試合だった気がします。

そ・れ・だ・け・に。
あ~、あの場所に居合わせなかったなんて!!!

名古屋戦も#12の根性を見せましょう!
Commented by joehenderzone at 2008-07-01 00:16
>ユーリ・マロエフさん

>だからアルビ追っかけは止められない

さすが大分×2だけありますね。
(それ以外も全てですけど^^)
説得力があります。
Commented by オレンジパレット at 2008-07-01 00:16 x
>背中の番号を指差しながら。
背中に番号がない。。。(泣)
でもあの時だけは目に見えない「12」の番号が背中に輝いていた・・・はず。
Commented by yume at 2008-07-01 12:51 x
おつかれさまでした!!
はい!胸を張って言います!12番目の選手として共に戦いました!選手達もそう感じてくれたはずです。
G裏だけじゃなく私のいるバック席からもかなりの声が出ていました。ものすごくワクワクしました。
これからも選手の背中をおして、共に戦っていきましょう!
Commented by アン at 2008-07-01 20:23 x
メインでも(負けらんねて・わらい)手叩いて叫んでいました。。。
そして、「き・た・の!き・た・の!!」がやって来て、私には北野しか見えなくなりました。
皆が声を限りの声援と拍手で(スワンと言う大舞台で)アルビ劇場を作り上げていたのですね!
私も応援しました!って、ちょっとだけ、言わせてもらおっと。(*^_^*)
Commented by joehenderzone at 2008-07-02 00:08
>オレンジパレットさん

>背中に番号がない。。。(泣)

後ろにいましたけど、
パレットさんもちゃんと12番を背負ってましたよ!
Commented by joehenderzone at 2008-07-02 00:11
>yumeさん

>はい!胸を張って言います!12番目の選手として共に戦いました!

胸をはっていい試合でしたよね。
選手も、サポも。

スタジアム全体から応援の声を上げて、
これからも背中を押していきましょう!
Commented by joehenderzone at 2008-07-02 00:14
>アンさん

ビラ配りがあって、
コレオグラフィがあって、
ビッグフラッグを支えて、
「北野コール」に全てが結実したように思います。

まさに、みんなで作り上げたアルビ劇場でしたね。
次節も作り上げましょう!!!
by joehenderzone | 2008-06-30 21:38 | アルビレックス新潟 | Comments(10)