アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

オレと、オカンと、時々オトン

 ナビスコがあるけれど、一応リーグの中断ということで今日発売のサカマガはJ1全クラブ定期健診。
まぁ、新潟の評価はあれですよ。あれ。
あれといえば、アレ。
なんと早くも5月(といってもリーグ戦のみなので4試合ですが)のサカマガ月間MVPに選出された。
6.0とか、5.5とかで評価されているあの採点の平均値が、最も高かったということ。
あと、巻末ののコラム、「セルフジャッジ」に関する一考には考えさせられる点多し。
ちょうど、日曜日に赤い人とサッカーバーで観戦していた時に、同じような話をしていたところ。
詳細は・・・機会があったらで。


 さて、前述のようにリーグは一時中断であるわけだが、ここまでの話題はやはりビッグスワンの観客減少の件は避けて通れない。
さすがに関東からビラ配りには参加できなかったけれども、我々チーム菊水としてもこの緊急事態に臨んで一席設けたほど。
いろいろと考えることは多いんだけれども、こちらの方のエントリーが呼び水となって、ある出来事が頭に浮かび、自分の落とし所はどこなんだろうと考えていた昨今。
それは、昨年の最終節の翌日。
サンクスフェスタの直後、舞台を市陸に移してのレディースホーム最終戦であった。
オレは応援すべきかどうか逡巡していた。
二日酔いで眠かったし(でも、サンクスフェスタには行った)、腹が減ってたし、何より寒すぎてあの吹きっさらしのスタンドに向かう気持ちにはどうしてもなれずに、新幹線の時間まで駅前で飲んでいた(もちろん酒を)。
「新潟」サポとしては最低かもしれない。
でも今シーズンのまばらになったスタンドを見て、オレのあの行動もまた真実であったと思わずにいられないのだ。


以下オレの場合。
■アルビレックス新潟(男子)参戦数。
2006年―25戦くらいかな?
2007年―29戦(ナビスコ含む)
2008年―11戦(ナビスコ含む)
今年に限っては、関西以西は参戦していないけれど、札幌ドーム行ったし、水曜日の鹿島戦は半休取ってまで半べそかきに来たし、全敗で迎えた柏戦や、白星無しで迎えた京都戦ももちろん参戦。

■アルビレックス新潟レディース参戦数
2006年―5戦
2007年―4戦
2008年に至っては0戦。
昇格のかかった2006年は、男子の試合が週末にあるわけじゃないのに、白根や五十公野に参戦。
もちろん、あの試合は滋賀県まで行ったものだった。
そして昨年は、男子とセットになる試合を参戦。

■新潟アルビレックス(バスケ)参戦数
通算1回

■アルビレックス新潟BC(野球)参戦数
なし


 例えば、ここで次のように定義しようとしよう(サッカー目線で)。
■サポ=勝敗に関係なく応援する〔観戦スタジアムや、観戦座席種は問わず〕
■ファン=イベント(昇格・降格の危機・連勝)が発生した時に応援
■それほどちゃん=気になるけれど、まぁチケあれば行くよ

 サッカーに関してはオレはサポで、開幕戦を観戦したり、毎週の結果が気になるオカンはファンだ。
昇格を決めた試合にスワンにいたオトンに至っては、生まれ育った新潟だから気になるけれど、巨人戦の中継を優先するほどだから、それほどちゃんに違いない。
ちなみにオカンは、負けが混んでた序盤は、怖くてテレビ中継さえ見れないといっていた。
スワンに足を運ぶなんて言わずもがなだ。
こうしたことを鑑みると、オレもバスケや野球に関してはそれほどだし、レディースに関しては単なるファンなんだと思い知らされる。


 もう一度、あの寒かった12月最初の日曜日を思う。
いくら熱く呼びかけても、どだい無理なものもある。
観客数の減少に歯止めをかけなきゃいけないのは当然だけど、闇雲に呼びかけても効果が出ないこともある。
ある側面からだけでは、理解できないこともある。
オレと、オカンと、時々オトン。
でもオレを繋ぎ止め、オカンの回数を増やし、オトンを時たま振り向かせる、そんな作戦もあるはずだ。
さあ、知恵を出せ。
[PR]
by joehenderzone | 2008-05-21 00:03 | アルビレックス新潟 | Comments(0)