アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

relation for the solution

 ゲートボールがその2人制・3人制の名称を変えるという。
そもそも2人制とか3人制とかすら知らなかった私ですら、ついクリックしてしまったのだからそれなりの効果はあるのかもしれない。
ただ名前を変えればイメージが払拭されるという安直な考えには反対だ。
痴呆が認知症に変わっても、中身や対応が変わらなければ意味はないのと同様だ。
だいたい、「命令されるようで嫌」「自分のプレーがほかのメンバーに迷惑をかける」と敬遠する人も少なくない、とある。
それなのに「リレーション」=関係という名前を強要するのはどうだろうか?

 さて、ゆる~い関係の我々。
新潟の人達からは「関東組」って呼ばれていたり、時に「チーム菊水」を名乗ったりして結束が強そうに見える我々だが、何のことはないアルビと酒が好きなだけだ。
酒を飲むことを決して強要しているわけではないのだが、強要せずとも誰ともなく勝手に飲み始めている、そんな関係だ。
グラスを何杯か重ねたあげく、震え始めた手にペンを持たせて書いてもらったメモが、今手元にある。
それを今日も辿ってみて、新年会の備忘録とする。

 まずは、昨シーズンのツボを羅列してみる。
■ 6位!
■ 史上最高順位(これは某赤サポ意見。きーっ、上から目線)
■ エジのカニダンス、千葉ちゃんの活躍(試合見てます)
■ サポーターズアワードの千葉ちゃん
■ ダイバスターのマルシオ
■ キャプテン勲
■ 選手交替(ホーム開幕での成功や、その後の相変わらずっぷりってことですよね)
■ 監督の頑固さ
意外なところでは、
■ ××さんの車が新潟までの間に2回すべったこと
ちなみに、私は
■ 東京駅地下連絡通路で、貴章にあって「きしょー!」って叫んだら、振り返って手を振ってくれたこと(なげーよ)
でした。


 次に今シーズン期待の選手
若者の全て・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・に1票
木暮君(はーと)、
鈴木大輔(はーと、だけど呼び捨て)・・・・に1票
貴章・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・に2票
アトム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・に私も含めて都合2票
そして、河原!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・に3票
でした。

 
 本日の最後は、今シーズンの目標・順位
「観戦試合勝ち越し」とか、「アウェー全部参戦」とか個人の目標もありましたが、
クラブの目標としては、「元旦国立!」「タイトル」という『夢を諦めない派』から、
「ナビスコ予選突破」「6位」「5位以上」という『リアリティ派』、
はたまた「残留」という『シビア派』まで、様々でした。
私はもちろん、『夢を諦めない派』でしたが、何か?


 まあ、こんな感じでシーズン中はスタジアムで飛び跳ねて、シーズンオフはアルビを肴に楽しく酒が飲めれば、老後もゲートボールは不要だね。
でも、酔いどれている我々の今シーズンの目標が如実に表しているように、決して楽観しているわけではない。
その不安を取り除くには、選手・クラブ・サポが「関係」を築いて「解決」に向わなきゃいけないわけだ。
[PR]
by joehenderzone | 2008-03-05 23:59 | アルビレックス新潟 | Comments(0)