アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

線分図(12月1日●0-2大分)

 昔、家庭教師の真似事みたいなことをしていた時に、ちびっ子達に線分図を描かせていた。
ゆとり教育の弊害からか、押並べて子供達は分数が苦手だったから。
ポイントのひとつは、1/3でも、1/100でも長さを同じにして描くこと。
だから1/100なんかまるでムカデのようになったものだった。

 ゲームの1/3の時間までに2点を獲られてしまっていた。
ピンチは何度もあったから、それは必然であったかもしれなかったけれども、セットプレーからの2点であったこともまた事実であって、残り2/3の時間をもってすれば挽回の余地はあるかのように思えた。
だが新潟の2枚のFWに対して、大分の3バックは常に1枚余る数的優位な状況にあって、それを崩すためには2列目からの飛び出しが有効に思えたけれども、如何せんゲームメイクに翻弄されるマルシオと、配球に徹するテラではそれを打開するには至らず。
こんな時に慎吾がいたらなぁ、と思うもその当人は3-5-2に左サイドハーフで水を得た魚のように活き活きとプレーをしていたのであった。

 1/34としてみると、決して褒められるべき内容ではなかった、文句のひとつやふたつがスタンドにいた観衆から思わず漏れずにはいられないような消化不良の試合であったことは否めない。
ただし、34/34としてみると、ワクワクするようなゲームを目の前で見ることのできた満足感から、十分に賞賛の拍手を送るに値すべきシーズンだった。

 スタンドの1/4。
今年もメインスタンドしか埋まらなかったサンクスフェスタ。
一部の選手のコメントしか紹介されず、目標達成のコメントに終始する関係者からは「タイトルを含めて」という当初の目標がぼやかされて愚弄された気分になり、やっぱりスワンには試合のときにこそ来る価値があると痛切に感じたのであった。
だがその一方で2/3の選手とハイタッチを交わし、「最後の」ありがとうの言葉を投げてから後は、こんな天候にもかかわらずアルビサポここにありという姿を少しでも選手に見せられたのは良かったのかなと少し思い直したものだった。
付け加えれば、スワンの内部に潜入して(というかメインスタンドの中に入って)みて、スタジアムの1/4であるNの価値観しか持たない自分が、メインスタンドで観戦する人々、またはVIPルームに座るであろうスポンサーや関係者の方々もまたアルビを支援してくれている一部なのだと思い知ったことは、例えそれが断片的であろうとも4/4を理解する一助になり得たような気がした。

 分母は全体。
分子は部分。
小さな目標と大きなゴール。
大きな目標も小さなゴールの積み重ね。
今の自分はどこにいるのだろうか?
線分図を描きながら、小学生相手に生意気にもそんなことを説いていた。
自分でもわからないくせに。
世界の中の日本のフットボール。
Jリーグの中の新潟のサッカー。
アルビの歴史の中の何分の一かの今シーズン。
そんな今シーズンも、わからないくせして、わかったような気がして幕を閉じていった。
[PR]
Commented by テツ監督 at 2007-12-06 06:33 x
今シーズンを見事に総括した文章ですねぇ。
なかなか更新されずに「ヤキモキ」しておりましたが、この名文を推敲していたなら充分納得でっす。
これからず~っと続く「おとぎ話」、プロローグの片隅1/40000を飾った?サポとしては、タイトル獲得の瞬間に立ち会いたいですね。
そのためにも是非とも得点の匂いがするFW・大局を掴むボランチの獲得を待っております。
今シーズンも将軍さまには多大なるご厚情を頂き、深く感謝いたしております。
来シーズンも宜しくお願いいたします。人生の2/3を終えた人民より。。
Commented by スットコドッコイ at 2007-12-06 08:30 x
じゅん子はブランコを漕ぎながら今年のゲームを思い出していた。
。。。。。

思い出せん。
何があったんだ!
エジ?誰それ。
シンゴ?え~っと。。。

「ごめんなさいね。サポーターの皆さん。クラブとして、謝りますから」
「そんなのやだー」


今年も入れ替わりの時期になりました。
いつもこの時期になると、新潟の空模様のような気持ちになります。
ま、しょうがねーか。プロだもんね。でも、俺たちが必死に応援してたことも、忘れないで欲しいよね。

テツ監督に反するようですが、個人的に勲と千葉のボランチをもう一度見てみたいっすねぇ。

                          -粟とヒエしか食えぬ民より-


Commented by anne at 2007-12-06 14:29 x
今年も(早すぎた)アルビのシーズンが終わりましたね。
アウェイや試合終了後の飲み会で皆さんとお付き合いできて、私もやっと、アルサポの一員になれたという実感を持つ事が出来ました。(^^)/
今年もいろいろあったけれど、全てよき思い出となることでしょう。
楽しかったですw!
来季もよろしくお付き合いくださいませね。(*^-^)ニコ
Commented by joehenderzone at 2007-12-06 23:23
>テツ監督さん

推敲・・・というか、酒飲みながら書いてましたが・・・。
珍しくちょっと仕事がヘビーだったもので、お待たせ?してしまいました。

昇格した時、確か5年以内にタイトルを獲ると。
てことは4/5まで来たんですね。
う~ん、微妙。
でも、アルビの歴史は、線分図ではなく、数直線のように永遠に続くと思っています。

こちらこそ、今シーズンもお世話になりました。
来シーズンも共に闘いましょう!

体の1/4はアルコールに浸かっているJoeより
Commented by joehenderzone at 2007-12-06 23:32
>スットコドッコイさん

そうです。
じゅん子の漕いでたブランコは、大きく揺れていましたが、最後には見事着地に成功!・・・・・・したんですかね?あの最終節は。

サポの気持ちも大きく上下動しましたね。
でも、ホント忘れないでほしいですね。
俺達も闘っていたことを。
スタジアムの中でも、外でも。

私もドッコイさん同様、勲・千葉のボランチ希望です。


Commented by joehenderzone at 2007-12-06 23:38
>anneさん

新しい選手との出会いも嬉しかったですが、新しいサポ仲間との出会いもまた嬉しい思い出となりました。
老若男女?ホントに新潟スタイルを貫く我々。
また、新しい1ページを来シーズンも共に作っていきましょう(^^)/
by joehenderzone | 2007-12-06 00:19 | アルビレックス新潟 | Comments(6)