アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

数ぢゃないけど⑥(チャント再開に間に合った?)

 We will Rock Youをバックに入場するところからそのイメージは始まったという。
何が?
披露宴での余興です。
新郎新婦の入場?
いやいや、オレらアルビサポがです。
結局招待客である我々が、入場なんてするわけもなく、この案はポシャッタんだけど余興のイメージはここからスタートしたことは知る人ぞ知るである。

 練習開始のWe will Rock Youから始まって、入場の際のCan't help falling love with you、キックオフ直後のPride of Niigataとアルビの試合のシーンには音楽が事欠かない。
中断期間に、U-20 やアジアカップの代表戦でサポが歌うチャントを聞いていると、やたら同じものを長回しをしていたり、試合のシーンにそぐわなかったりで耳障りなことがある。
代表戦のゴール裏にも何度か言ったこともあるけど、コールをリードする者はサポを煽ってばかりで、試合観ていないしね。おまけに、日本で開催される代表戦はホームゴール裏も、アウェイゴール裏もあったもんじゃないから、両ゴール裏で異なるチャントを歌っていたりさえする。
Jでも、そんな代表定番ソングを流用しているところって多いよね。
さらにいただけないのが、他チームチャントをそのまま利用するゴール裏。
(そういう意味でも、どうにかならないのかな?○宮)

 で、オレら新潟だ。
確かに、同じものもある。
長回しでいいかげんにしろや、って思うこともある。
しかし、圧倒的にオリジナリティに溢れ、適材適所で使い分けができていて、特に今季に関してはGood Jobだ!
といいつつチャントに頼らず、ゲーム内容をしっかり見ての選手名コールは、「自己満足新潟合唱団」から脱却して、選手の背中を後押ししてると思うよ。
さらに、Let's Go! Get Goalも鳥肌が立つぞ。
今季はこれだけでもスタジアムに来る価値はあるぞ(いや、ちゃんと試合見るのがもちろんだけどね)

 と、偉そうに持ち上げておいてなんだけど、最初にSやWで観ていたときには歌詞がわかんなくて、イマイチ乗り切れなかったのも事実。
だからこそ、あっち側(こっち側?)に行きたいという衝動に駆られたんだけど、はっきり言って♪に・い・が・た レッツゴー♪でさえ、暫くの間は♪ウイッ・ウイッー レッツゴー♪だと思っていた衝撃の事実を恥を忍んでここで告白しておこう(ウイッ・ウイッーは、We We なのか、はたまたアヒルの鳴き声なのか真剣に悩んだことも付け加えておく)
It's soul! だって、「いいぞ!」とか「いさお!」と聞こえてもなんら不思議はない。

 さて、今年もサポーターズCDが発売される時期になったけれども、いつも楽しみ半分、不安が半分。
それは、毎年クオリティが高まってすごいものが出来上がってきてはいるんだけど、その反面マニアックな作りになっていて、これはゴール裏にしか受け容れられていないんじゃないかという不安。
だから、毎年思うのがビギナーヴァージョンも作成して、歌詞がはっきりわかるものや、カラオケヴァージョンなんかもあって、車の中でも練習できるようなものがあれば素敵だと思う。
きっとそれは最近スタジアムに足を踏み入れ始めた人や、新潟に住んでいて、ホントはスワンに行ってみたいんだけど今更ねぇ、なんて人達への誘い水になるかもしれない。
そして、最初は小さな声かもしれないけれど、やがてIt's soul!なんて叫んでくれれば、申し分ない。
なんて、昨年の"Birth"を聞きながら思ったわけだ。

 どこで?
もちろん披露宴会場で。
余興のBGMで。

 余談ですが、いい具合に盛り上がって、締めの部分で「闘え新潟」がフェードインしてきて、もう最高!と、我々は自画自賛。
まったく新婚家庭に相応しいよね。
だって夫婦喧嘩になったときには、口ずさんでほしいじゃん。
何で?
だって、旦那は浦和サポだからね。
[PR]
Commented by テツ監督 at 2007-08-09 05:53 x
確かにあの頃、G裏に行って「行くぞ!ニ・イ・ガ・タ」を叫んでみたいと思っておりました。。。
今、G裏にいる幸せを噛み締めるべきかと。
なんたって、これだけ災害の多い新潟ですからね。
将軍さま、あそこの家庭なら大丈夫ですよ。
親愛なる将軍さまがプロデュースした披露宴ですから、バトルはピッチだけですよ。
Commented by スットコドッコイ at 2007-08-09 08:01 x
なるほど。。。
やっぱ新潟のチャント、コールはいいやね。
しっかり選手の後押ししてるもんね。ktmr・hamaいいよ~。

なにお隠そう、別に隠すもんでもないけどさ、当時初めて聞くチャントにジ~っと耳を傾けてたなぁ。
It’s soulがLet’s goとか、なかでもそーとー勘違いしてたのが「蹴っ散らせ~」だね。
なんたって「元気出して~」って聞こえてたんだから。

その後は、将軍様が仰る通り、すーでー買って猛練習ww
んでS席で、人の迷惑顧みず大声出して応援してたわけさぁ~。
今となってはなつかすいなぁ~。

そんとき、
Commented by joehenderzone at 2007-08-09 22:52
>テツ監督さん

>「行くぞ!ニ・イ・ガ・タ」

これは、It's soul!の空耳ですか?
やはり、Nにいないと何言ってるかわからない、ってのはありますよね。

>あそこの家庭なら大丈夫ですよ

結婚式前は、冷や冷やでしたよ(^^;)
Commented by joehenderzone at 2007-08-09 22:54
>スットコドッコイさん

ドッコイさんも空耳でしたか。
「蹴っ散らせ~」=「元気出して~」って、今考えると、結構赤面します。。。
・・・・が、多いらしいですね。


>そんとき、

えっと、新しい煽りですか?
Commented by anne at 2007-08-09 23:56 x
はじめまして!
サポータ-ズCDの事、気付いてくださる方が・・・と嬉しくなったものですから。
アウェーG裏へ行く私のために、N、G裏住人の友がCDをくれました。
これは「アルサポのプロ応援団?」向けに作成されたのかと。
4年経ってもアルサポとしてはビギナーだと実感させられましたっけ^^:)
私もレベル低いけど・・・It's Soul!なんて、オトナリで耳を澄せていても判りませんでした。ハイ(苦笑)。
Commented by joehenderzone at 2007-08-10 23:06
>anneさん

はじめまして!
ここでは、はじめまして・・・ですよね?

チャント、確かに難しいですよね。
ただ、時に歌詞やフレーズが、あたかも自分を励ましてくれているようで、CDを聞きながら涙が出そうになることもしばしばです。

でも、歌詞の内容を気にしたり、ほかの人の間違いを笑ったりするよりも何よりも、試合中は選手の名前を叫んだり、コールすることが、一番気持ちがこもっているのかと思います・・・・・・・・

って、カリスマコールリーダーも言ってました(受け売り)(笑)
by joehenderzone | 2007-08-08 22:46 | アルビレックス新潟 | Comments(6)