アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日曜日に思ふこと

 広島戦の翌日は、予定通りレディースから、サテへはしごをしました。

 レディースは浦和相手に前半を0-0で折り返したものの、後半はチンチン。
スコアは0-2だったものの(この表現も変ですが・・・)、ビルドアップ、トラップ、サイドチェンジ、サイド攻撃、クロス、シュート・・・
つまりどれをとっても浦和の優勢は圧倒的。
なんか、懐かしいものを見た気がします。

 セカンドボールが拾えない。
ボールが足元に収まらず、簡単に奪われる。
自陣からのスローインはかえってピンチを招く。
う~ん、J1初年度のアルビそのもの。

 あの年は確か、ホーム初勝利がセカンドステージ。。。
あ、そういえば広島戦じゃ、なかったっけ?
てことは、土曜日の広島戦の勝利はそれ以来か!?

 あの年は確か、自動降格がなかったんだっけ?
恵まれていたなぁ。
それに比べ、レディースは厳しい!
ともかく、初勝利目指して頑張れ。


 サテも浦和が相手。
前半、ショウゴのアルアルゴールで先制するも、深井が怪我で×が出ると、単調に。
後半2点取られてこちらも1-2で敗戦。

 サテを観戦するのも、J1初年度の夢の島でのFC東京戦以来。
あの年は確か、船越だとか、宮だとか出てたような、出てなかったような?
ともかく、ベンチに入れないメンバーがたくさん出ていたことだけ覚えているけど、
今回のサテで、めぼしいメンバーは深井、松下、慎吾、マーカス。
でも、その代わりユースの選手なんかが出場機会を得て、それはそれでいいことだと思った。

 今年のアルビは、少数精鋭だから、累積や怪我で出れない選手のバックアップ選手が、常にスタンバイしていなきゃいけないし、ただし練習やサテの試合で良い所がなければ、試合では使わないのは鈴木監督のスタンス。
なおかつユースの選手もトップの選手とともに闘うことでレベルアップが図れる。
そういう意味では、このメンバーでの、このサテの試合は意味があるよね。
だからもっと、ガツガツ、キビキビいってほしかった。


 ともあれ、メインスタンドからの眺めは最高だ。
これで、ビールが飲めれば最高だ!
と、思いつつハンドルを握り、帰路に着いたのでありました。
[PR]
by joehenderzone | 2007-07-06 22:57 | アルビレックス新潟 | Comments(0)