アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いまさらですが・・・

  お待ちかね磐田戦。
(待ってねーよ)
今となってはどうでもいい雑感を2つ、3つ。

 試合前。
いやぁ、この日は暑かったですね。確か・・・
そう、どのくらい暑かったかというと、ウォーミングアップの際にアルビの選手は、なかなかピッチ上に姿を見せませんでした。
そして、いよいよピッチに出てきたと思ったら、メインスタンドが作る日陰部分でのパス交換。
もちろん最終的には、全体を使っての練習になったわけですが、私この時点で思いました。
こりゃスタミナ勝負になるな、と。
そして、後半がヤマだな、と。
だから、前半早々に得点したときには逆にやばいなと感じました。
案の定・・・


 試合中。
もう何がなんでも、マルシオのFKでしょ。
得点を決めるその1~2プレイ前に、エリア外、やや右斜めからのFKを得た時に、ズラーッと壁ができて、結局ボールはその壁の上を越えてゴールラインを割ったんだけど、数分後にボールをセットしたときには壁は無し。
ゴール裏から見ていると、距離感がないから、なんともいえないのは事実なんだけど、
あれ?壁必要ないの?
って思いましたよ。
と言うのは、ちょうど私がいたのは、マルシオの一撃が突き刺さることになるゴールマウス右隅の延長線上。
私の視線の先には、ゴールネットを通してマルシオがボールをセットしているのが、よ~く見えました。
あれ?これ直接狙うんじゃない?
マルシオの前に一人しか立ってないし。
てか、狙ってるでしょ?
新潟の選手も、磐田の選手もファーにしか固まってないけど。
狙うでしょ?
行くでしょ?
狙った!
決まった!
おおーーーーーーーーー!
って感じでした。


 試合後。
帰りの車の中で、MOMは誰かと言う話になったけど、私は文句なしに(と言いつつ迷いましたが)勲!
磐田に向かう車中で千葉のボランチ先発を知って、沸きに沸いてた車内でしたが、終わってみれば納得の選択肢。
センターバックにもかかわらず、がんがん上がっていってた千葉ちゃんだし、貴章に泣く子も黙る「行って来いパス」を披露していた千葉ちゃんだからやってくれるかな、と。
千葉ちゃんが「がんがん」行ったときは勲が引いて、勲が「しなやかに」上がったときは、千葉ちゃんが漢ディフェンスで守る姿が目に浮かんだものだったが、まさにそのままの光景がピッチ上で展開されるとは。
ボランチバ、とキャプテンイ(サ)オ。
この二人の組み合わせは、疲労に包まれた身体を癒してくれましたよ。


 番外編。
想像以上に足が早く止まって、バテバテになっていたもの。
後半の磐田の選手と先週のオレ。

以上。
[PR]
by joehenderzone | 2007-06-04 20:16 | アルビレックス新潟 | Comments(0)