アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

引越し

  会社の移転があって、ここ数ヶ月、特に11月は目が回る忙しさだったんだけど、実際は、引越してから通常の業務に無事戻れるかが大切で、輪をかけて目を回している今日この頃です。

  今の会社に転職してから、1年にも満たないので、寂寥感は別段ないのだけれども、それでも荷物を整理していて、自分が最初にやった仕事の足跡なんかが出てくると、ちょっとは感慨深いものがありました。

  寂しさといえば、私自身も4月の末に東京に来てから7回目の引越しをして、今年のそれは2年にも満たない、いわば一時の雨宿りみたいな場所からの引越しだったけれど、それでも悲しいもので、荷物を整理・処分する行為自体が、思い出を整理・処分しているようで、ひどく感傷的になったものだった。
駅や、町並み、馴染みの居酒屋なんかを含めて、目に入る景色全てがね。

  引越しといえばもうひとつ、物件選びもひどく辛い思いにさせるよね。
若い時は若い時で、エアコンがなかったり、日当たりが悪かったりしても気に障らずに、むしろいつかは高い家賃ののいい賃貸のマンションに住んでやるなんて意気込んでいたものだった。

  そんな学生時代とは異なって、お金を稼ぐようになると、だんだん欲が出てきて、日中は部屋に居ないくせに、日当たりのいい部屋を望んでみたり、料理なんかしないくせに、水周りの充実さなんかを気にしたりする。
若い時はハングリー精神に満ち、いつかはいい部屋に住んで見返してやると思っていたけど、歳を重ねたら重ねたで、お金を稼いでいい部屋に住んだところで、何か虚しさを感じたりもする。

  物件選びは、そう、女の子と付き合う行為と似ていて、若い時は容姿のきれいな大人の女性に憧れて、それに見合わない自分自信のみすぼらしさに腹を立てていた。けれども、歳をとれば要求ばかりが高くなって、例えば若くてきれいな女の子に目が行ったとしても、じゃあ果たしてそれに見合う人間か?と問われれば、恥ずかしくなるような容姿になっていて、加えて決して誇れるような生き様でもない。
  
  会社の引越しもそうで、果たして、このビルに見合う社会人なのか?とか、このビルに見合う会社なのか?と思うと、何とも切ない思いになる。

  と、ここまで前フリをしておいて(長げーよ)、本題に入りますが、12月に入ると引越しが現実味を帯びてくる。
すなわちこちらからサヨナラを言わなくてはいけないカノジョや、サヨナラを言って去っていくカノジョが出てくる事実に直面する。
「いつか良い女になって、アンタの前に現れてやる!」と意気込むカノジョに、「いい女になってまた会おうね」と言わなければならない。
その一方で、三行半を突きつけられた女に向かって「けっ!いつか見ていろ! ぜって~かっこよくなってやるからな!」と鼻息を荒くしなければならない。

  いずれにしても、ひとりになったらたぶん泣くね。
そう、泣いたとしても、この引越しの儀式を境に毎年毎年、サポーターはかっこいい男にならないとね。

  そうは思っていても・・・簡単に受け入れられないよね。
少なくても、私は引越しの荷物を、すぐに捨てられないな。
だから12月の別れも、感傷的になるんだよ。
[PR]
Commented by テツ監督 at 2006-11-30 06:26 x
会社の引越しの件では大変お世話になり、誠にありがとうございました。
グループ会社のマネージャーも喜んでおりました。
今後とも宜しくお願いいたします。

12月、いよいよ最終節を終えるとなが~い冬がやって来ます。
新潟の空のまんまの気分です。
すでに巷では噂話もチラホラ・・・。
お互いに良い出会いであったなら、綺麗な別れにして欲しいものですね。
サポーターも成長しませんとね。

追記:小学校・中学校各3つ、高校2つ、大学だけ1つの転校人生だったので、引越し回数も20回を超えていると感傷なんて・・・、やっぱりありますね。
Commented by スットコドッコイ at 2006-11-30 08:29 x
お久しぶりです。
出張してたり、PCをメンテしてたりとか色々忙しくてねぇ。

引っ越しの話から契約の話ですかぁ。
奥が深いですね、相変わらず。。。
敬服しますよ。

しかし、気になります。
そろそろですからねぇ。
俺の船越大丈夫か、とか
船越優蔵は大丈夫か、とか
フナコシユウゾウは大丈夫か、とかね。

ぐっちいさんところでも書いてあったけど、
>「2003年の前半戦終了時、船越に湘南への総額2億円移籍話が舞い込んだのだけれど、以前に大ケガをしたときにサポーターから大量の千羽鶴を贈られていた船越は(これがいわゆる“第1次船鶴プロジェクト”だ)、あっさりをそれを拒否して新潟に残ったというエピソードがある」

そんな漢なのよ。船越。。。
だからず~と応援してるのよ。
こんな義理・人情に熱い漢はあまりお目にかかれないよ。ホント。
確かに、貴章のようなあんな動きをしろと言われればできませんがね。

だから、誰が何を言おうと
「船越」なんです。。。

長文失礼。
Commented by joehenderzone at 2006-12-01 00:20
>テツ監督さん

こちらこそ、大変お世話になりました。

会社もまた、契約を結ぶものあれば、契約を解除するものありで、そういう意味でも辛かったです。

とかく新潟県人は情が深く、人と土地に愛着を持ちますからね。
Commented by joehenderzone at 2006-12-01 00:31
>スットコドッコイさん

あなたの船越も、私の梅山も・・・
せっかく長文書き込んでいただいたのですが、
言葉が見つかりません。

ありがとう

今はそれだけです。



by joehenderzone | 2006-11-30 01:08 | アルビレックス新潟 | Comments(4)