アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

分水嶺

 信濃川の土手まで10数分。
幼い時に目の前に横たわるこの川が、日本一長い川だと教わって驚きと誇りに思ったものだった。
ご存知のように信濃川は長野県では千曲川と呼ばれ、その源は山梨県の甲武信ヶ岳に端を発する。
甲武信ヶ岳の名が示す通り、甲州(山梨)武蔵(東京)信濃(長野)の県境にまたがるその山の頂に降った雨は、一方で多摩川や、富士川の源流となって太平洋に注ぎ、他方は信濃川となって長い旅路の末に日本海へと至る。
分水嶺に落ちた雨のひとしずくは、大きくその運命を左右する。

 それは2003年10月26日の甲府戦。舞台はJ2ビッグスワン。
初めて訪れた聖地に、愛する人と訪れた。
スタジアムを埋め尽くす大観衆と大歓声に、くじけかけてた魂が喚起され、生きる希望を取り戻したオレ。
片やオレに対する愛情を失い、離れる決心をした人。

 そう、だから甲府戦はオレにとっての分水嶺。
選んだ道が正しかったのか?間違っていたのか?
それを確かめる場が、日曜日のスワンに立ちはだかっている。

 甲府戦はアルビにとっても分水嶺。
少し前までは予想だにしなかった残留争いの渦中に陥るのか?
はたまた踏みとどまって息を吹き返すことができるのか?
監督の進退問題なんてことになれば、それこそ根底から覆るかもしれないこの一戦。
それを分かつ大きな山が、日曜日のスワンには聳え立っている。
[PR]
Commented by テツ監督 at 2006-09-23 18:18 x
お若い将軍さまが実に味のある文章を書きますね。
とうとうと流れる信濃川の如く、明日のアルビはきっと横綱相撲をしてくれる筈です。
否、ガムシャラにひたむきに戦ってくれると確信いたしております。
将軍様ご一行もクールに聖地に乗り込んで熱くサポいたしましょう!
気をつけて!(秋の交通安全ですから)
Commented by joehenderzone at 2006-09-24 00:10
>テツ監督
 
 >お若い将軍さま・・・
もう、「若い」とは恥ずかしくて口にできない年齢です。。。
明日も「お若い」監督を見習って、90分間声出し続けます。

気合を入れつつ、安全運転で向かいます!

Commented by らたまきゅー at 2006-09-24 10:50 x
…おはよう…ござい…まーす…(こっそり)。
2週間ぶりくらいにPCを立ち上げてやっとこちらにお邪魔しましたよ~ん。
将軍さまったら、お忙しい身の上にも関わらず内容充実しまくりのブログ、
頭が下がります。
もうスワン直前くらいでしょうか。野暮用につき、私も今から出動です。
書き込んでないで、はよいげてば!って感じですか?
すんまそん、すぐ出ます!ほなのちほど~!
Commented at 2006-09-27 02:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by joehenderzone at 2006-09-28 01:43
>らたまきゅーさん

 はじめまして?
遅レスすみません。
らたまきゅーさん の豊富で幅広い知識と、ボキャブラリーをもってすれば、ここのコメント欄も伸びて、私も更新をサボることがないかな・・・?と、思われます。

 ぜひご協力と、今後ものぞいて、コメントをお願いいたします。
Commented by joehenderzone at 2006-09-28 01:48
>くらげ1号さん

 非公開になっているかどうか、わたしもわかりませぬ。
人に歴史あり。スポーツにドラマありです。
 
 Like a Rolling Stone
流れゆく川の水は止められないしね。
by joehenderzone | 2006-09-23 17:43 | アルビレックス新潟 | Comments(6)