アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

点はあった方がいい!?(3月11日○2-0FC東京)

ホーム開幕戦のこの日、FC東京サポと呉越同舟でいざスワンへ。

なぜか開幕戦はFC東京と対戦する、わがアルビ。
ここまで2年連続で、しかも2連敗。

「今年はホーム開幕戦だから、負けねえよ」と強がってみても、
開幕戦の結果が、結果だけにやや沈みがちな、我らアルビサポ。

むかつくことに、
「東京の弱点は ますしま ですよ~ん」と余裕たっぷりの東京サポ。

「てか なんで ますじま じゃなくて ますしま なんだよ!呼びにくいったらありゃしない!」と切れ気味に、関越道の雪の壁の中を進む将軍号でありました。


小島 中島 宮島・・・過去の知り合いの名前を思い出しながら
きっと 《濁点なし》+じま
佐渡島・・・ 《濁点あり》+しま、だな、と考える。
ふむふむ。

野澤 矢澤・・・ も《濁点あり》+ざわ だし
柳沢・・・ も《濁点なし》+さわ だし。

だから、ますじまじゃないと呼びにくいんだよ・・・と結論づけてみた。


さて、試合を振り返ると、
確かにボールも人も動いていたものの、
呼びにくい『ますしま』君のミスで得点に至ったものばかり・・・
浮かれていると痛い目にあうぞと思いつつ、『ますしま』君に感謝感謝。

さてさて、気分を良くして帰宅後に選手年間を紐解くと
千島 ちしま (浦和)
大島 おおしま (横浜M 徳島)
川島 かわしま (名古屋 福岡)
手島 てしま (G大阪)
森島 もりしま×2 (C大阪)
と見事に推測を裏切る結果に・・・
『島』の前の母音を見ても、見事にa i u e oと規則性なし。
うーん、だれか教えてください。


しかし、点は無いよりは、あった方がいい!
どんな形であろうと、どんなに泥臭くても。
これを勝ちに繋げられるようにできるのか、否か、

が新生アルビの鍵の一つとなる、とみましたよ。オレは。


さて、クロアチア戦でも見に行きますか。



追記
そんなに呼びにくいにもかかわらず、
試合後『ますしま』コールをしていた東京サポのみなさん。
ブーイングよりも、厳しいですな。
そして愛ですな。
[PR]
by joehenderzone | 2006-06-18 21:07 | アルビレックス新潟 | Comments(0)