アルビレックス新潟と新潟のあれこれ


by joehenderzone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

いまさら2017年シーズンを振り返る(その2:責任は誰か知らん⁉︎ と忘れられないように書き留めておく備忘録)

「待ち人来ず」のおみくじを引いたままで正月休みが開けて、ついに始動日前日となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
いまさら2017年シーズンを振り返るシリーズ。
備忘録的に悔やまれることを書き留めておきます。


個人的には、昨シーズンの肝はココ!という試合は8月19日(土)23節ホーム仙台戦だったと思っています。
当時も書き綴りましたが、勝てた試合を監督の采配により負けたと感じました。
ちなみにこの試合からベンチに入っていた小川でしたが、使われたのは25節広島戦からで、小川が先発してからの成績は、10戦5勝2敗3分でした。
結果論にはなりますが、あの時バテバテだったチアゴガリャルドをゲームに出し続け、この日からベンチ入りした小川をなぜ使わなかったのでしょうか。
もしも、あの時の交代出場がジュフンではなく小川だったら、残留していたのではないかと、思わずにはいられません。

とここまで書いて、ロペス戦犯みたいな扱いになってしまって申し訳ないのですが、モチベーターとして良くぞこのチームを最後まで面倒を見てくれたとも思っています。
そういう意味でも、もうひとつココだったという試合をあげると、5月28日(日)13節アウェイ仙台戦でした。
前節で、初采配初勝利で、このゲームも気持ちがひとつになりかけた試合でした。
先制点も奪い、残り10分を切ったところまでリード。
このままいけば連勝で、波に乗れたのではないかと思ってしまします。
そんな夢を打ち砕いた、仙台クリンスランのスーパーゴール。
からの逆転弾でしたね。

前述のホーム仙台戦も、ロペス監督の頭にはこのクリンスランの悪夢が過ったのでしょう。
だからこそ、途中交代でクリンスランが出て来るや、ソンジュフンを入れてクリンスラン対策をさせようとしたことは、想像に難くありません。


だからもう、いっそのこと文丈さんでも、ロペスさんでも、ましてやガリャルドの責任ではなく、クリンスランのせいにしようと、そう自分を納得させて2017年を終えたのでした。

そして文丈さんも、ロペスさんも、ガリャルドも、誰もいなくなった2018年。
そしてクリンスランですらJリーグにいない2018年。

待ち人は、鈴木新監督とジェルソンだった。
と納得させて、スタートを迎える雪の日であります。
[PR]
by joehenderzone | 2018-01-10 23:23 | アルビレックス新潟 | Comments(0)